富岡製糸場(海外と日本の養蚕技術の融合)

世界遺産検定3級4級
5

本日は、2014年に世界遺産に登録された『富岡製糸場と絹産業遺産群』です。 登録された当時、富岡製糸場は観光客で大変な盛り上がりでしたね。

平泉や日光に比べると歴史としては新しくなりますが、日本の産業が急速に発展した明治時代の、「世界と日本との間の「技術交流」を主題とした近代の絹産業に関する遺産」ということで、これもまた興味深いです。

今回の画像の多くは、『富岡市観光ホームページ』から、フリーダウンロードの画像を使わせていただいております。富岡製糸場についてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらから。
http://www.tomioka-silk.jp/tomioka-silk-mill/
では早速、基本情報から見ていきましょう。

①基本情報

群馬県の南部
登録年は2014年
登録基準は②④の文化遺産
世界遺産には、富岡製糸場(とみおかせいしじょう)のほか、高山社跡(たかやましゃあと)、田島弥平(たじまやへい)旧宅、荒船風穴(あらふねふうけつ)の合計4資産が登録された。

関連資産の写真が入手できなかったので、イメージしにくい部分があると思います。入手出来次第更新していきます。

②基礎知識

*明治維新を進める日本政府は、「*殖産興業(しょくさんこうぎょう」を目指し、海外の技術を用いて日本の産業を強化しようと考えていた。特に、伝統的に行われていた生糸(きいと)の品質改善と生産向上を急ぎ、フランス人技術者ポール・ブリュナを招いて、官営の富岡製糸場を築いた。

富岡が官営工場の建設地に選ばれたのは、伝統的に養蚕が盛んで土地が広く、絹産業に欠かせない水や石炭も豊富であったためである。製糸場は、日本古来の木造の柱に西欧伝来のレンガを組み合わせた「木骨レンガ造」と呼ばれる作りになっている。
工場で働く工女たちは日本全国から集められた。工女(こうじょ)たちの労働環境にも配慮されており、医師がいつもいる病院や寄宿舎があり、食事や薬などが無料で用意されていた。後に彼女たちが地元へ戻り機械製紙技術の指導者となることで、近代的な技術が全国に広まった。

こうして品質が向上した日本の絹は世界に輸出され、欧米の幅広い層に絹が普及するきっかけとなった。

*明治維新:日本の近代化を目指した改革で、江戸幕府が倒れ明治政府が樹立された
*殖産興業:西欧諸国に対抗するため、国家の近代化を目指して産業や交通網、資本主義などを整えようとする明治政府の政策  

<富岡製糸場の施設など>

繰糸所


長さ140mで中央に柱のない巨大な空間になっていた。  

置繭所


置繭所は、繰糸所と直角に繋がる形でその東西に2棟建つ。長さ約104mの細い2階建ての建物は、木骨レンガ造で作られている。2階は繭の貯蔵庫で、繭を乾燥させるための多くの窓が設けられている。  

女工館


日本人の女工たちに技術を教えたフランス人女性教師の住居として*コロニアル様式で建てられた。のちに食堂や会議室に改修された。

*コロニアル様式:17〜18世紀に、イギリスやスペインなどの植民地で発展した建築様式。  

キーストーンとフランス積み

東置繭所にある「明治5年」と記されたキーストーン
壁のレンガ積みは「フランス積み」と呼ばれるスタイル

 

鉄水溜(てっすいりゅう)

製紙に必要な水を貯めておく水槽。戦艦の造船技術が用いられており、約400tの水を貯蔵できる。

(画像準備中)

<富岡製糸場以外の構成資産>

高山社跡

「*清温育」という養蚕法の研究を行なった高山長五郎の生家でもある研究・教育機関。
*清温育:蚕を育てる温度と湿度を人工的に管理する蚕の養育方法

荒船風穴

自然地形をもとにした*蚕種(さんしゅ)貯蔵施設。天然の冷風を利用して蚕種を保存し、年2〜3回の養蚕が可能となった。

*蚕種:蚕の卵のこと

田島弥平旧宅

「*清涼育」を開発した田島弥平の住宅。換気のための櫓を備えた、近代養蚕農家建築の原点となった建物。
*清涼育:自然の通風を利用した蚕の飼育方法  

③似ている世界遺産

英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)、ダーウェント峡谷の工場群

登録年:1983年 登録基準:① 文化遺産
イギリス中部にある『ダーウェント峡谷の工場群』は、ダーウェン川沿いに造られた工場群。これらの工場は、*リチャード・アークライトが発展させた紡績技術を最大限に活用するために作られた。世界に先駆けてイギリスで起こった産業革命の最初期の工場群として、後の工場建設の見本となった。

アークライトが開発した水力紡績機には水の力が必要なため、川近くのクロムフォードに、世界初の水力を用いた紡績工場が築かれた。また工場周辺には労働者が住むための住宅もつくられ、独自の産業景観が生まれた。

ダーウェント川沿いには、18世紀後半〜19世紀にかけて築かれた紡績工場が点在しており、そのうちの、クロムフォードとミルフォード、ベルパー、ダーリー・アベイ、ジョン・ランブの工場群が世界遺産登録された。 (画像準備中)

④本日の練習問題

世界遺産検定4級からの問題です。

[1]『富岡製糸場と絹産業遺産群』に含まれる「富岡製糸場」に関する説明として、正しいものはどれか

①富岡は伝統的に養蚕が盛んで水や石炭が豊富だったことから、建設地に選ばれた
②技術が他の場所に伝わらないよう、工場周辺に関所が築かれた
③アメリカに留学して学んだ技術者によって築かれた
④明治政府は建設に反対したが、地元の農民がお金を出し合ってつくった。

[2]『富岡製糸場と絹産業の遺産群』に関する次の文中の中で、正しいものはどれでしょう
(①栃木県)にある富岡製糸場は、(②殖産興業)をすすめた明治政府が、(③ドイツ)の近代的技術を導入して設立した官営工場で、(④毛糸)が生産されました。

①栃木県 ②殖産興業 
③ドイツ ④毛糸

[3]産業に関わりのある遺産で、『ダーウェント峡谷の工場群』は、産業革命の最初期の工場群です。どこの国にある遺産でしょうか

①英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
②フランス共和国 
③スペイン 
④ロシア連邦  

さて如何でしたか?以下回答です。

[1] ① [2] ② [3] ①    

 

「工場遺産群」であり、4つの構成遺産からなる、文化遺産ですが、「富岡製糸場」を中心に問われています。 確かに、私自身も他の3つの構成遺産については初めて聞いたものばかりでした。 世界遺産検定の3級、4級については富岡製糸場について答えられれば、問題はなさそうです。
けれどせっかくなので、他の3つの構成遺産についてもこの際知っておきたいですね。<br?>ということで、残りの3つはなんだったか答えられますか?私は覚えられていません。
記憶力が低いもので。。。
なにせ、富岡市が群馬県ということでさえなかなか記憶に残りません。
関西中心に生まれ育った者にとって、関東の北の方はどうも地理が苦手になる場所だったりします。(と、言い訳をしてみる)
やはり一度、その場所に行くしかないな、と思っています。  

では、また明日。明日の世界遺産は東京です。  

tomo

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ にほんブログ村
世界遺産ランキング

5件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定3級4級
世界遺産検定4級、出題のポイントまとめ(世界の遺産編)

ご訪問ありがとうございます。 昨日に引き続き、世界遺産検定4級試験を受験される方むけに、過去問題から …

世界遺産検定3級4級
世界遺産検定4級、出題のポイントまとめ(日本の遺産編)

ご訪問ありがとうございます。 世界遺産検定4級試験を受験される方むけに、過去問題から各世界遺産の出題 …

世界遺産検定3級4級
1
タプタプアテア・カッパドキア(4級)

この記事は世界遺産検定4級試験学習用に製作しています。 本日は、まだこれまで学習記事にしていなかった …