森林・熱帯雨林②アツィナナナの熱帯雨林

世界遺産検定2級
1

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日学習する世界遺産は3種の森林です。
特徴的な動物、保護活動、部族との調和などそれぞれの世界遺産のポイントを押さえながら学習していきましょう。

では、よろしくお願い致します。

①アツィナナナの熱帯雨林

マダガスカル共和国/危機遺産
<自然遺産>
登録年:2007年/2010年危機遺産登録
登録基準:(ⅸ)(ⅹ)
キツネザルなど絶滅危惧種の生息地

マダガスカル島の東部に広がる『アツィナナナの熱帯雨林』は、6つの国立公園を含んだ森林地帯です。

1万種以上の固有の植物が確認され、キツネザルなど霊長類も多く生息しています。

マダガスカル島は、今からおよそ8,000万〜6,000年前の地殻変動によって、大陸から切り離されました。

孤立した島内では動植物が独自の進化を遂げ、生物多様性が育まれたが、密猟などの影響で、2010年に危機遺産リストに記載された。

<アンドハヘラ国立公園>
島の南東部にある国立公園で、面積は760.2 km2 である。鬱蒼と繁った熱帯雨林と、この島に典型的なトゲの多い森林からなっている。
<アンドリンギトラ国立公園>
この国立公園も島の南東部にある。面積は 311.6 km2 で、高山地帯(最高峰は 2658 m)と深い渓谷で構成されている。このあたりの森林は「低緯度の熱帯林」と呼ばれており、トゲの多い森林、ラン科の植物、300種以上の維管束植物などが見られる。動物相についていえば、100種以上の鳥類、55種の両生類、13種のキツネザルなどが棲息している。
<マロジェジ国立公園>
マダガスカルでも屈指の美しさを持つ国立公園で、熱帯林、山地の木立、ヒースの木立などから成っている。60種以上の両生類と116種の哺乳類の生息が確認されている。
<マソアラ国立公園>
面積は 2100 km2 である。砂浜沿いの国立公園で、中緯度帯の熱帯林を見ることができる。特筆すべきはその生物多様性で、島の生物種の半分が棲息している。その中には、キツネザル、オオハシモズ、サンゴ礁、クジラ、果食のコウモリなどが含まれ、稀少なマダガスカルヘビワシ(Madagascar Serpent-eagle)や アカチャアオバズク(フクロウ科)も棲息している。
<ラノマファナ国立公園>
面積は 410 km2 で、島で最も有名で最重要の国立公園である。1986年にキンイロタケキツネザル(キンイロジェントルキツネザル)が発見されたことを踏まえて、1991年に国立公園が設定された。ラノマファナは20世紀末以降の国立公園の手本となる存在で、114種の鳥類や12種のキツネザルが棲息している。
<ザハメン国立公園>
面積は 640 km2 で、13種のキツネザルが棲息している。

②レッドウッド国立・州立公園群

アメリカ合衆国
<自然遺産>
登録年:1980年
登録基準:(ⅶ)(ⅸ)

『レッドウッド国立・州立公園群』は、カリフォルニア州北西部の太平洋沿岸沿いに広がっています。
カリフォルニア州沿海にある幾つかの州立公園と国立公園が併さって成立しています。
総面積の3分の1をレッドウッド(セコイア)の森が占める森林地帯です。

1850年には、カリフォルニア州の海岸の8,100平方キロメートル以上の土地をレッドウッドの原生林が覆っていました。
また、この地域の北部にはもともとアメリカ原住民が住んでいたそうです。

しかし、19世紀のゴールドラッシュで沢山の人々訪れるようになりました。
そして彼らは、この時期に始まったサンフランシスコの都市建築に従事するようになります。
その結果、建材としてレッドウッドが乱伐されてしまいました。

1918年に「レッドウッド保護連盟」が結成され、森を購入して保護する活動が行われました。

③ピマチオウィン・アキ

カナダ
<複合遺産>
登録年:2018年
登録基準:(ⅲ)(ⅵ)(ⅸ)

カナダ先住民の言葉で「生命を与える大地」を意味するピマチオウィン・アキは、川や湖、湿地、亜寒帯の森林からなる景観です。
そしてピジョン、ブラッドヴェイン、ポプラー、バーナーズの4河川の水源地でもあります。

この地で4つアニシナベ族の共同体が伝統的な狩猟採集生活を送ってきました。
ここには先住民たちが、水路を活用しながら森林や湖畔地帯で生活していた様子が残されています。

彼らの文化と自然を別々に評価することに対する異議が出され、文化と自然の共生を評価する議論が進められました。
結果、自然環境と漁業や狩猟で暮らしていた先住民文化について、文化と自然の調和が評価されました。

練習問題

[1]『アツィナナナの熱帯雨林』に関する、次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
マダガスカル島の東部に広がる『アツィナナナの熱帯雨林』は、6つの国立公園を含んだ森林地帯です。1万種以上の固有の植物が確認され、(    )など霊長類も多く生息しています。

①オマキザル
②キツネザル
③キンシコウ
④カイナンテナガザル

[2]次の3つの説明文から推測される世界遺産として正しいものは、どれか。
ー遺産名は、カナダの先住民の言葉で「声明を与える大地」を意味する
ー4つのアニシナベ族の共同体が伝統的な狩猟採集生活を送ってきており、彼らの文化と自然との調和が評価された

ー登録に際しては、彼らから文化と自然を別々に評価することに対する異議が出され、文化と自然の共生を評価する議論が進められた

①メサ・ヴェルデ国立公園
②シングヴェトリル国立公園
③ピマチオウィン・アキ
④パパハナウモクアケア

解答とエンディング

解説 [1]② [2]③

いかがでしたか。
『レッドウッド国立・州立公園群』に関しては、ゴールドラッシュの時代にこの地にやってきて、金持ちになれなかった鉱夫たちがこの地にとどまったそうです。
そして原住民との間で大きな問題を抱えたなどという歴史もあるようです。
機会があれば、詳しく深掘りしてみたいと思いました。

本日もここまで読んでいただきましてありがとうございます。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
絶滅危惧種③ソコトラ諸島、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日は、2件の世界遺産を学習しますが、2級の試験 …

世界遺産検定2級
絶滅危惧種②コモド国立公園、ジャイアントパンダ保護区

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習する絶滅危惧種も、有名なあの動物たちです …

世界遺産検定2級
絶滅危惧種①ヴィルンガ国立公園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日から、世界遺産検定2級学習の最後のテーマに入 …