都市計画④エディンバラ、ルーネンバーグ

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日の世界遺産は英国とカナダの都市景観です。
西と東のそれぞれの都市計画について学びます。
◆エディンバラの旧市街と新市街
◆ルーネンバーグの旧市街

離れた場所にあること2つの都市ですが、ともにイギリスの影響を受けた場所でもあります。

景観とともにお楽しみください。
本日もよろしくお願いいたします。

①エディンバラの旧市街と新市街

英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
<文化遺産>
登録年:1995年
登録基準:(ⅱ)(ⅳ)
新旧の魅力を併せもつスコットランドの首都

イギリス北部に位置するスコットランドは、1707年にイングランドに併合されるまで独立した王国でした。
エディンバラはその首都であり、中世の街並みが残る旧市街と、18世紀後半から建設された新市街とで構成されています。
歴史的建造物が立ち並ぶ旧市街と、均整のとれた新市街が織り成す美しい街並みが、世界遺産に登録されました。

主な歴史的建造物には、聖マーガレット教会、セント・ジャイルズ大聖堂、ホリールード宮殿、スコットランド国立美術館、エディンバラ大学などがあります。
切り立った岩山の上には、エディンバラのランドマーク、エディンバラ城がそびえます。
このエディンバラ城には、王冠や剣、軍旗の断片などのほか、*ウェストミンスター・アビーから返還された歴代の王の戴冠式たいかんしきに使われた「スクーンの石」が展示されています。

*ウェストミンスター・アビー:イギリスのロンドン・ウェストミンスターにある、イングランド国教会の教会です。聖ペテロ修道教会で戴冠式などの王室行事が執り行われました。

城内には12世紀建立でエディンバラ城に残存する最古の建物である「聖マーガレット礼拝堂」が残ります。
デイヴィッド1世が、エディンバラ城で亡くなった母マーガレットに捧げたもので、大小さまざまな石を積んで造られたノルマン様式の小さな礼拝堂です。
王家の私用礼拝堂として利用されてきました。

18世紀から整備された新市街は、建築家ジェームズ・クレイグが手がけた気品ある街並みが特徴的です。
新古典主義の*ジョージアン様式が取り入れられ、建築家ローバート・アダムが設計したシャーロット広場は、都市における新古典主義の傑作と評されています。

*ジョージアン様式とは、イギリスで18世紀から19世紀中頃に即位した、ジョージ1世から4世までの時代に流行した建築と家具のデザイン様式のことです。
その特徴はバロック様式やロココ様式と近しく、洗練された優美で繊細なデザインとなっています。
シンプルなデザインで、特に英国式集合住宅の基礎として普及しました。

②ルーネンバーグの旧市街

カナダ
<文化遺産>
登録年:1995年
登録基準:(ⅳ)(ⅴ)
漁師達が自宅を見分けたカラフルな木造住宅

ルーネンバーグは、18世紀半ばにイギリスが建設した植民地都市です。
移り住んだのはドイツ、スイス、フランスなどのプロテスタント1453人でした。
現在、住民のほとんどがその子孫といわれ、建設当時の姿をそのまま残す旧市街が世界遺産に登録されました。

旧市街は典型的な18世紀のイギリス植民都市のスタイルで、格子状の道路と均一な道幅が特徴です。
中心を走る幅24.4mのキング通りを覗き、南北6本の通りは幅が12.5mに、東西9本の通りは12.2mに統一されています。

現地を知らない役人がロンドンの机上で都市計画をつくり上げたため、街を歩くととんでもない急坂に出くわすことがあります。
旧市街に残る約400の木造家屋のうち8棟は18世紀半ばに建てられました。
また、街の全体の3分の2を占めるカラフルな外壁の住宅は19世紀に建てられたもので、ヴィクトリア朝建築の要素が見られます。
家の多くは船大工が建て、船用のペンキの余りで家を塗ったもので、色鮮やかな住宅が並びます。

③練習問題

[1]1707年にイングランドに併合されたスコットランドの首都で、歴史的建造物が立ち並ぶ旧市街と、新市街が織り成す美しい街並みが世界遺産に登録された、その都市名として、正しいものはどれか。

①リガ
②ザモシチ
③エディンバラ
④ウィーン

[2]次の3つの説明文から推測される世界遺産として、正しいものはどれか。
ー18世紀半ばにイギリスが建設した植民都市
ー現地を知らない役人がロンドンの机上で計画をつくった
ー漁師達が自宅を見分けたといわれるカラフルな木造住宅が並ぶ

①ルーネンバーグの旧市街
②ドゥブロヴニクの旧市街
③鼓浪嶼(コロンス島):歴史的共同租界
④ポルトの歴史地区

④解答とエンディング

解答 [1]③ [2]①

いかがでしたでしょうか。
それぞれの街にそれぞれの歴史背景があり、つくり上げられた景観の理由を知ると、旅の楽しみ方も変わってきますね。

新市街、旧市街が色混じる景観て、日本でいうとどこでしょうかね?
ちょっと私は思いつかないのですが。。。

では、また明日もお待ちしています。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
古代ギリシャとヘレニズム④ネムルト・ダーの巨大墳墓

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習する世界遺産は、トルコの「ネムルト・ダー …

世界遺産検定2級
古代ギリシャとヘレニズム③キレーネの考古学遺跡

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日も3つの世界遺産をご紹介します。 ◆キレーネ …

世界遺産検定2級
古代ギリシャとヘレニズム②アスクレピオス、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習する世界遺産はギリシャ共和国の3件です。 …