都市計画②アスマラ、ザモシチ、他

世界遺産検定2級
1

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日は3つの世界遺産を学習します。
初めて目にする世界遺産もあると思います。
新しい建築や都市構想などが登場しますので、ゆっくり読みながら理解して行きましょう。
◆アスマラ:アフリカのモダニズム都市
◆ザモシチの旧市街
◆ウベダとバエーサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

今日はポイント重視でボリュームを抑えめに書いていきます。
本日もよろしくお願いいたします。

①アスマラ:アフリカのモダニズム都市

エリトリア国
<文化遺産>
登録年:2017年
登録基準:(ⅱ)(ⅳ)
アフリカにおける初期モダニズム都市

アスマラは、エリトリア国の首都で、標高2000mを超える高地にあります。
1890年代にイタリア植民地の前線基地として発展しました。
モダニズム建築のならぶ街並みが世界遺産リストに登録されました。

アスマラは1870年代までは小さな村であったそうです。
1880年代にエチオピアに併合され重要都市となり行政機関が置かれました。
その後1900年にイタリア領エリトリアの首都となり、第2のローマ(ピッコラ・ローマ)を目指し、1920年〜1930年代にイタリアの建築家達により未来派建築が多く建設されています。

1935年以降、アスマラではイタリア合理主義の手法に基づく大規模な建設計画が実行されました。
政府機関や住居に加え、商業施設、教会、*モスク、*シナゴーグ、映画館やホテルなどが建設されました。
アスマラは、20世紀初頭に初期モダニズムがアフリカで用いられた事例として重要視されています。

*モスクは、イスラム教の礼拝堂
*シナゴーグは、ユダヤ教の会堂

②ザモシチの旧市街

ポーランド共和国
<文化遺産>
登録年:1992年
登録基準:(ⅳ)

ポーランドの南東部のザモシチは、国内初の後期ルネサンス様式の少都市です。
1580年に、ポーランド・リトアニア共和国を構成するポーランド王国の宰相ヤン・ザモイスキが建設しました。
西ヨーロッパ・北ヨーロッパと黒海を結ぶ結節点にあり、後期ルネサンス建築が完璧な姿で残っています。

16世紀後半、貴族で政治家でもあったヤン・ザモイスキは、自らが理想とするルネサンス都市の建設を、建築家のベルナルド・モランドに依頼しました。
ザモシチという街の名前は、ザモイスキに由来しています。

ザモシチ俯瞰図(Wikipediaより引用)

街は碁盤の目状に区画され、五角形の城壁で囲まれています。
城壁の内側にはバロック様式の市庁舎の時計塔や、*マニエリスムの聖トマス聖堂などが建設されました。

*マニエリスム:ルネサンス後期の美術で、イタリアを中心にして見られる傾向を指す言葉

③ウベダとバエーサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

スペイン
<文化遺産>
登録年:2003年
登録基準:(ⅱ)(ⅳ)

アンダルシア地方の都市ウベダとバエーサは、スペイン初のルネサンス様式の都市です。
ともに8世紀にイスラーム勢力の支配下に置かれていましたが、バエーサが1227年、ウベダが1234年に、それぞれキリスト教徒によって奪還されました。

キリスト教圏に復帰した街は、16世紀にルネサンスの理念に沿って修復され繁栄を遂げました。
都市の改修に貢献した建築家アンドレス・デ・ヴァンデルヴィラの手法は、ラテンアメリカの都市計画にも影響を与えました。

世界遺産は歴史地区群のうちルネサンス期に整えられた地区を対象としており、ウベダの市庁舎やパラドール、バエーサの大聖堂などが登録されています。

ウベダのエル・サルバドル聖堂

④練習問題

[1]『アスマラ:アフリカのモダニズム都市』に関する次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
1935年以降、アスマラでは(    )の手法に基づく大規模な建設計画が実行され、政府機関や住居に加え、商業施設、教会、モスク、シナゴーグ、映画館、ホテルなどが建設された。

①ドイツ表現主義
②イタリア合理主義
③抽象表現主義
④アカデミズム

[2]『ザモシチの旧市街』に関して、16世紀後半に自らが理想とするルネサンス都市の建設をベルナルド・モランドに依頼した人物として、正しいものはどれか。

①ヤン・ザモイスキ
②ジョルジュ・オスマン
③フランツ・ヨーゼフ
④シャルルマーニュ

[3]『ウベダとバエーサのルネサンス様式の記念碑的建造物群』に関して、16世紀以降の街の改修に貢献し、のちにその手法がラテンアメリカの都市計画にも影響を与えるなどした建築家として、正しいものはどれか。

①ヨーン・ウォッツォン
②ル・コルビュジエ
③アンドレス・デ・ヴァンデルヴィラ
④ヨセフ・フラヴカ

⑤解答とエンディング

解答 [1]② [2]① [3]③

いかがでしたでしょうか。
かなり記憶するのが難しい名前も出てきましたね。
世界遺産検定2級の試験は、選択式ですので暗記する必要はありませんが、世界遺産と赤字の部分が結びつくように、覚えていくといいと思います。

では、本日もありがとうございました。
また明日もお待ちしています。

tomo

2級試験の受験は2011年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
古代ギリシャとヘレニズム④ネムルト・ダーの巨大墳墓

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習する世界遺産は、トルコの「ネムルト・ダー …

世界遺産検定2級
古代ギリシャとヘレニズム③キレーネの考古学遺跡

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日も3つの世界遺産をご紹介します。 ◆キレーネ …

世界遺産検定2級
古代ギリシャとヘレニズム②アスクレピオス、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習する世界遺産はギリシャ共和国の3件です。 …