自由の女神像

世界遺産検定3級4級
1

本日はUSAにありますニューヨークの『自由の女神像』です。アメリカは国土は世界遺産数第2位の中国よりも大きく、世界で一番初めに世界遺産登録された『イエローストーン国立公園』があります。ですが、世界遺産の数は日本の数と変わりません。アメリカは、世界遺産登録にあまり積極的ではないのかな、とも想像しますが、国立公園が多く、一つ一つの遺産の範囲が広いので、面積でいうと相当広いのではないでしょうか。

『自由の女神像』は国立公園に比べると非常に小規模ではありますが、建造物としての価値もさることながら、フランスからアメリカに送られたものであることや、シンボル性からすると、ユネスコの目指す世界平和を象徴する遺産でもあるのかなと思っています。

①基本情報

アメリカ合衆国(ニューヨーク湾)
登録年は1984年
登録基準①⑥の文化遺産
19世紀の鋼鉄技術の粋を集めた最高傑作としての価値

②基礎知識

『自由の女神像』の正式名称は「Liberty Enlightening the World(世界を照らす自由の女神)」。高さは46.05m、(台座を合わせると93m)その重さ225トンの銅像。

1865年フランスの法学者で政治家のラブライエが、アメリカ合衆国独立100周年を記念して女神像を送ることを提案した。制作は、彫刻家のバルトルディが担当した。
風の強い海辺につくるため、フランスの技術者で建築家の*エッフェルが、女神像の内部に鋼鉄製の骨組みを組み込み、それを銅板で覆うという、当時としては画期的な技術を考案し、それが用いられた。

*エッフェル:鋼鉄の構造を得意とする建築家で、パリのエッフェル塔を設計した

女神像は1884年にパリで完成したあと分解して船で運ばれ、1886年にニューヨーク湾のリバティ島に建てられた。

女神は、右手に希望を象徴するたいまつ、左手に*独立宣言書を持つ。踏み出した左足では奴隷制や専制政治を象徴する鎖を踏みつけており、弾圧や抑圧からの解放と、人類が自由で平等であることを象徴する。

19世紀、新天地アメリカに移住してくるヨーロッパの人々がまず目にしたのは、ニューヨーク港に立つ自由の女神像であった。
「世界を照らす自由」という正式名称を持つ女神像はまさに自由と希望のシンボルであった。

*独立宣言書:1776年7月4日に、アメリカ東部の13州が英国からの独立を宣言した文書。女神像がもつ独立宣言書には、英語とローマ数字で「1776年7月4日」と書かれている。

 

③本日の練習問題

世界遺産検定4級の過去問題から、自由の女神像に関する3問です

[1]アメリカにある『自由の女神像』に認められている、世界遺産登録基準は何でしょうか

①「人間が作った傑作」の登録基準(1)
②「伝統的集落」の登録基準(5)
③「自然の景観美」の登録基準(7)
④「固有の生態系」の登録基準(9)

[2]『自由の女神像』の正式名称は何でしょうか

①秩序を築く女神
②自由の鐘を鳴らす女神
③世界をひとつにする秩序
④世界を照らす自由

[3]『自由の女神像』に関する説明として正しくないものはどれでしょうか

①像と台座を合わせた高さは「クフ王のピラミッド」より高い
②ニューヨーク湾のリバティ島に立てられた
③左手に独立宣言書を持っている
④像の内部は鋼鉄製の骨組みとなっている

以下回答です

[1] ① [2] ④ [3]

本日はアメリカの「自由の女神像」でした。いかがでしたか?
日本のお台場にレプリカがありますが、それをみたことがある方は、アメリカの実物を見るとその大きさに驚かれるかもしれませんね。
写真でも人との比較でその大きさがわかると思いますが、想像以上の大きさですね。

平和と自由の象徴。本当に世界中に広がる日は来るのでしょうか。。

では、また明日。お待ちしています。

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定3級4級
世界遺産検定4級、出題のポイントまとめ(世界の遺産編)

ご訪問ありがとうございます。 昨日に引き続き、世界遺産検定4級試験を受験される方むけに、過去問題から …

世界遺産検定3級4級
世界遺産検定4級、出題のポイントまとめ(日本の遺産編)

ご訪問ありがとうございます。 世界遺産検定4級試験を受験される方むけに、過去問題から各世界遺産の出題 …

世界遺産検定3級4級
1
タプタプアテア・カッパドキア(4級)

この記事は世界遺産検定4級試験学習用に製作しています。 本日は、まだこれまで学習記事にしていなかった …