東南アジアと南アジア④ラジャスタンの丘陵城塞群、他

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日学習するのは、インドと、ベトナムの世界遺産です。
◆ラジャスタンの丘陵城塞群
◆フエの歴史的建造物群
ベトナムの世界遺産『フエの歴史的建造物群』については、3級の学習でも取り上げています。
学習リンクを下記に貼っておきます
東アジアの変動(故宮・フエ)
では、本日もよろしくお願いいたします。

①ラジャスタンの丘陵城塞群

インド
<文化遺産>
登録年:2013年
登録基準:(ⅱ)(ⅲ)
ラージプート諸国の栄華を伝える6つの城砦

インドの北西部にある国内最大規模のラジャスタン州は、砂漠の国と呼ばれる厳しい環境にありながらも、独自の文化を創ってきた力強い州です。
『ラジャスタンの丘陵城塞群』はそんなラージャスタン州にある6つの城砦が登録されています。

チットルガル城砦
かつてメーワール王国の首都であり、15世紀の王クンバーが改築した宮殿跡、クンバーが建てたストリンガー・チョーリ寺院(ジャイナ教の寺院)や勝利の塔(ヴィジャイ・スタンバ)、13世紀の名誉の塔(キルティ・スタンバ)などのほか、ミーラー・バイ寺院(ヒンドゥー教)、ラーニー・パドミニ宮殿なども残ります。

チットルガル城砦

<アンベール城砦>
ラジャスタン州の州都ジャイプルの北東11 km に位置する城塞で、アンベールがアンベール王国の首都だった16世紀に建設が始まりました。
鏡の装飾が美しい「鏡の間」や庭園の設計には幾何学模様が見られ、ムガル帝国傘下の時代におけるイスラーム建築の影響も指摘されています。
ガネーシャ門(ガネーシャ・ポール)は「世界で最も美しい門」という評価もあります。
<クンバルガル城砦>
ウダイプルの北西約80kmに位置する城塞で、総延長約20kmの城壁はインド最長であり世界第3位を誇ります。
クンバーが1443年から1458年に建設した城塞であり、宮殿地区の中心部バダル・マハル、ヒンドゥー教のニールカント・マハーデーヴ寺院、城門の一つであるラーム・ポール門と近傍のヴェディ寺院群などが残っています。
<ランタンボール城砦>
ランタンボール城は、ベンガルトラの保護区であるランタンボール国立公園内に残る10世紀の山城です。
最寄の町はサワーイー・マードープルである王宮跡やガネーシュ寺院などが残るっています。
<ガーグロン城砦>
ジャーラーワールの北東およそ10 kmに位置する城塞で、今なお300人ほどが暮らしています。
2つの川の合流点に築かれ、12世紀の建築様式を反映して、現存する王宮や一部のヒンドゥー教寺院などは18世紀以降に建造されたものである。
<ジャイサルメール城砦>
ジャイサルメールに残る黄色い砂岩の城塞で、ジャイサルメールの約8万人の人口のうち、3,000人ほどが今も生活しています。
ラージャスターンの城塞群の中でも最古の部類に属し、タール砂漠の東西交易路の要衝としての地位を失って没落した結果、かえって古い景観が残されました。

ラジャスタンでは、8〜18世紀にかけて*ラージプート諸国が栄えました。
群雄割拠ぐんゆうかっきょの時代を象徴するように丘陵地帯に城跡が築かれました。
城壁の中には市街地や宮殿、交易所や寺院などが竦まれ、学問や音楽、芸術といった高度な宮廷文化が花開きました。

市街地が寺院や宗教建造物と共に城壁内に残されているものもあるそうです
また、広大な水利システムは今日においても使用されています。

*ラージプート:現在のラージャスターン州に居住する民族であり、クシャトリヤを自称するカースト集団

②フエの歴史的建造物群

ベトナム社系主義共和国
<文化遺産>
登録年:1993年
登録基準:(ⅳ)
近代ベトナムの歴史を物語るグエン朝の都

ベトナム中部のフエは、19〜20世紀に栄えたベトナム最後の王朝グエン朝の宮殿や政府官庁などが残る旧都です。
*ヴォーバン式の築城方法を取り入れ、北京の故宮(紫禁城)を模したといわれる王宮や、バロック様式の陵墓など点在しています。

王宮の正門である午門

その景観からは、フランスや中国といった大国の影響を受けたベトナムの歴史を垣間見ることができます。

王宮の建物の多くはベトナム戦争で失われました。
しかし、正門はいまだに残されており、また太和殿は再建されました。
城壁外には2代皇帝のミンマン帝陵など、皇帝の陵墓がある。

③練習問題

[1]『ラジャスタンの丘陵城塞群』に関する、次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
ラジャスタンでは、8〜18世紀にかけて(   )が栄え、時代を象徴するように丘陵地帯に城跡が築かれました。

①加耶諸国
②地中海諸国
③ラージプート諸国
④カソリック諸国

[2]「ベトナム」にある『フエの歴史的建造物群』を築いた、19〜20世紀に栄えたベトナム最後の王朝として、正しいものはどれか。

①ナスル朝
②グエン朝
③ザグウェ朝
④ムラービト朝

④解答とエンディング

解答 [1]③ [2]②

いかがでしたでしょうか。
『フエの歴史的建造物群』に関しては、2級の学習ではボリューム少なめですので、3級の記事で確認しておいてください。
本日で、古代の歴史のパートは終了です。
明日は、ここまでの振り返りの問題を出題します。
少し問題数が多くなるかもしれませんが、明日をお楽しみに。

では、また。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式②ラヴェンナの初期キリスト教建造物

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのは、イタリアの世界遺産です。 大き …

世界遺産検定2級
東南アジアと南アジア③ラホール城とシャーラマール庭園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのはムガル帝国の世界遺産です。 ムガ …

世界遺産検定2級
東南アジアと南アジア②シーギリヤの古代都市

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の学習は、スリランカの古代都市です。 シーギ …