東南アジアと南アジア②シーギリヤの古代都市

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日の学習は、スリランカの古代都市です。
シーギリヤといえば、観光でも人気の場所ですね。
私は行ったことありませんが、訪れる前に歴史を学習することで楽しみが増えるというものです。

では、本日もよろしくお願いします。

シーギリヤの古代都市

スリランカ民主社会主義共和国
<文化遺産>
登録年:1982年
登録基準:(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)
岩山の頂に建設されたスリランカ芸術の都

シーギリヤ・ロックは、スリランカ中部にある「獅子の山」を意味する岩山です。
この岩山の頂上には、5世紀に築かれた城塞跡が残されています。
宮殿の入口にはライオンの巨大な彫刻があったといわれ、唯一残る前足がその大きさを物語っています。

この城砦を築いたのはシンハラ王国カッサパ1世(在位477〜495年)です。
彼は、弟のモッガーラーナを追放し、王である父ダートゥセナを殺害して王位につきました。
カッサパ1世は、父が計画していた未完成のシーギリヤの城砦を完成させ、自らの居城としました。
しかしその後、弟モッガッラーナとの戦いに敗れ、自害しました。

城塞は一時寺院として使用されていたものの、13世紀に放棄され廃墟となりました。
高さ約200mの岩山の頂上部には、宮殿や庭園、貯水池を備えた空中都市が築かれたが、今は城門の獅子の足先だけが残っています。

岩山の西壁のくぼみには、天女たちの姿を色彩豊かに描いた有名なフレスコ画「シーギリヤ・レディー」もみられる。
さらに、岩肌にはかつての参拝客たちの「落書き」が残されています。
これはカッサパ1世の衰退を表現した詩のようなもので、スリランカ最古の文学作品といわれています。

また、このふもとの市街地跡には、人工池を左右対象に配した「水の庭園」などの古代庭園跡も残り、当時の優れた造園技術をしのばせています。

英語で話す Ancient City of Sigiriya
The ruins of the capital built by the parricidal King Kassapa Ⅰ [477-95] of Sinhalese monarchy lie on the steep slopes and st summit of a granite peak standing some 180m high [the “Lion’s Rock”, which dominates the jungle from all sides].The main entrance is located in the northern side of the rock.
It was designed in the from of a huge stone lion, whose feet have survived up to today but the upper parts of the body have been destroyed.The western wall of the rock was almost entirely covered by frescoes called “Sigiriya lady”.
18 female frescoes have survived to this day tell the level which the city’s art reached.<和訳>
父王を殺したシンハラ王国の王カッサパ1世によって築かれた都の廃墟が、180mもの高さのある花崗岩(ジャングルを全方位見下ろす「獅子の岩」)の頂上と、急な斜面の上に広がっている。

メインの入り口は岩の北側にある。
それは巨大な岩のライオンの形に設計されており、今日ではその脚は残っているが体にあたる上部の箇所は壊れてしまっている。

岩の西側の壁は「シーギリヤ・レディ」と呼ばれるフレスコ画でほとんど 全て覆われていた。
18の女性を描いたフレスコ画が今日まで残っており、この都市の芸術が到達した水準を伝える。

練習問題

[1]『シーギリヤの古代都市』に関する文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
「獅子の山」を意味するシーギリヤ・ロックの頂上には、(   )のカッサパ1世によって5世紀に築かれた城砦跡が残されており、『シーギリヤの古代都市』として世界遺産に登録されている。

①アクスム王国
②ヒッタイト王国
③グラナダ王国
④シンハラ王国

解答とエンディング

解答 [1] ④

いかがでしたか。
昨日に引き続き1問だけの出題でした。

カッサパ1世はクーデターをおこし、父親から王位を奪い、弟を追放しました。
カッサパ王自体は母親が平民出身であり、弟モッガラーナは王族出身の母を持っていたということで、弟が脅威になると考えていたようです。
結局のところカッサパが在位にあった477年から495年の間でした。
クーデターを支援したものもいたようで、このストーリーの中で誰が正義として描かれるのかはわかりませんが、ドラマのような背景ですね。
これだけわかりやすいストーリーだと学習も楽でいいな、、、なんて思ったり。

本日もここまで読んでいただきありがとうございました。

また明日も、お待ちしております。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式②ラヴェンナの初期キリスト教建造物

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのは、イタリアの世界遺産です。 大き …

世界遺産検定2級
東南アジアと南アジア④ラジャスタンの丘陵城塞群、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのは、インドと、ベトナムの世界遺産で …

世界遺産検定2級
東南アジアと南アジア③ラホール城とシャーラマール庭園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのはムガル帝国の世界遺産です。 ムガ …