信仰の山(富士山・トンガリロ国立公園)

本日はみんな大好き「富士山」です。
現在は自然遺産でなく、「信仰の対象・芸術の源泉」として文化遺産登録されています。
そして、もう一つ学習する「トンガリロ国立公園」は自然遺産登録の数年後に世界で初めて「文化的景観」が認められ現在は複合遺産になりました。
富士山もいつか、日本で初めての複合遺産として登録されないかと期待しています。

①富士山-信仰の対象と芸術の源泉(静岡県・山梨県)

登録年:2013年
登録基準:(ⅲ)(ⅵ)
信仰としての富士山

日本を代表する「富士山」は、日本で一番標高の高い山であるとともに、古くから日本人の精神・文化面を支える山でもあった。
度重なる火山噴火によって現在のような円錐形の美しい成層火山となった。
その荘厳な姿や火山との共存を基盤として、さまざまな富士山信仰が形づくられた。

富士山は山そのものが神聖視され、遠くから拝む「遥拝」だけでなく、信仰を目的として山自体に登る「登拝」が行われてきた点も特徴で、巡礼として富士山を集団で登拝する「富士講」は、江戸時代に庶民の間でも盛行した。
富士山や山麓に神社や寺院、巡礼路などが作られたほか、富士五湖や湧水、溶岩樹型などを霊地や巡礼地とする信仰も広がった。
富士講の広がりとともに、御師(おし)と呼ばれる人々が巡礼者の宿坊の手配や富士山巡礼の手配や案内を行うようになった。

富士山は、その端正な美しさからくる神々しさにより、日本最古の歌集『万葉集』や日本最古の物語とされる『竹取物語』など、さまざまな和歌や物語、絵画の題材に取り上げられてきた。
12世紀後半になると、政治の中心が鎌倉に移り、京都と鎌倉を結ぶ街道の往来が増えたため、富士山の情報が多くの人に共有されるようになった。
江戸時代には、歌川広重(うたがわひろしげ)の『東海道五十三次』や葛飾北斎の『富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)』などの題材として多く描かれ、19世紀後半にはこうした浮世絵を通じてフランス印象派などにも大きな影響を与えた。

現在では、レジャーとしての富士登山が急激に増加したために、富士山周辺の環境悪化が問題となっており、入山規制や景観保護などの施策がとられている。

成層火山はどのようにできるのか

成層火山は、粘度の低い溶岩や火山から噴き出た堆積物が積み重なってできる。
富士山のように噴火ごとに堆積して円錐形になる山もあれば、御嶽山(長野県)のように、側火山の噴火によって横に大きくなった火山もある。

英語で世界遺産

Fujii-san, the highest mountain in Japan, has come to symbolize Japan.
It has exerted great influence on the Japanese culture as a symbol of religious from ancient times.

 

②トンガリロ国立公園(ニュージーランド)

登録年:1990年/1993年範囲拡大
登録基準:(ⅵ)(ⅶ)(ⅷ)
先住民マオリの守る聖なる火山
<複合遺産>

トンガリロ国立公園にはトンガリロ山、ナウルホエ山、ルアペフ山の3つの活火山が点在し、火山地帯特有の壮大な景観が広がっている。
国鳥のキウイなどさまざまな動植物が生息しており、当初は自然遺産として世界遺産に登録された。

この一帯は先住民*マオリの聖地であり、古くから信仰の対象として崇められてきた。
英国の植民地になると、入植者の乱開発を防ぐ目的で政府に土地が寄贈され、1894年にニュージーランド初の国立公園に指定された。
1993年、マオリの文化との深い結びつきが評価されて世界で初めて「文化的景観」の価値が認められ、複合遺産となった。

*マオリ:おもにニュージーランド北島に移住する先住民

③本日の練習問題

世界遺産検定3級の過去問題からの出題です

[1]『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』に関し、江戸時代に富士山で盛行した「富士講」の説明として正しいものはどれか

①富士山を題材とした文学や絵画などの芸術作品を捜索することである
②巡礼として富士山を集団で登拝することである
③富士山に開かれた学び場で学問を学ぶことである
④修行として富士山の霊場で座禅を組むことである

[2]『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』に関し、富士山などの巡礼地で巡礼の手配や案内をした人々の呼び名として正しいものはどれか

①陰陽師
②按司
③御師
④飛脚

[3]『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』に関する以下の文中の語句で、正しくないものはどれか
富士山は度重なる火山噴火によって現在のような美しい(①成層火山)となった。富士山は山そのものが神聖視され、信仰を目的として山自体に登る(②登拝)が行われてきた点が特徴である。江戸時代には(③富士講)と呼ばれる集団による巡礼が庶民の間で流行した。さまざまな文学や絵画の題材にも取り上げられており、(④松尾芭蕉の『おくのほそ道』)にも登場する。それらが評価されて『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』として世界遺産に登録された。

①成層火山
②登拝
③富士講
④松尾芭蕉の『おくのほそ道」

[4]『トンガリロ国立公園』に関し、古くからこの一帯を信仰の対象として崇めてきた先住民として、正しいものはどれか

①アボリジニ
②マオリ
③マサイ族
④シェルパ族

以下回答です

[1] ② [2] ③ [3] ④ [4] ②

 

いかがでしたか?

富士山が日本人により信仰されてきたように、ニュージーランドでも先住民族が信仰してきた山があるというのは興味深いですね。
自然が作り出した美しいものに神聖性を感じるというのは、世界共通なのでしょうね。

 

ではまた明日お待ちしています

tomo

 

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

One comment

  1. 世界遺産好き

    初めまして。
    ブログ村のリンクから来ました。

    世界遺産の詳しい解説がまとまっていてとても勉強になります!!
    写真を見てると行ってみたくなりますね。

    今年の夏、世界遺産検定1級に挑戦しようと思っているので
    参考にさせていただきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください