戦争・紛争

本日の世界遺産は、戦争や紛争にまつわるものです。
とはいえ、世界の歴史は争いを経てできあがったところは多く、これまで学習してきた世界遺産も殆どが何かしらの争いが背景にあったりしました。

本日学習するワルシャワはポーランドの首都でありながら消滅しその後再建したという稀な場所です。
もう一つ紹介するドゥブロヴニクはヨーロッパが大好きな旅行者にとても人気の場所です。私自身は訪れたことがありませんが、何度も訪れているという旅行者にお会いしたことがあります。
ぜひぜひ訪れてみたい世界遺産のひとつです。

①ワルシャワの歴史地区(ポーランド共和国)

登録年:1980年/2014年範囲変更
登録基準:(ⅱ)(ⅵ)
廃墟から再建された歴史都市

10世紀後半に国家統一を果たしたしたポーランドは、1611年に首都をワルシャワに定めた。
しかし、外敵の侵入を遮るものがない平地に位置するポーランドは、他国の侵略を受けやすく、プロイセン・オーストリア・ロシアの3国が行ったポーランド分割により、18世紀後半に国家は消滅した。

第一次世界大戦後に独立を果たしたが、第二次世界大戦では、ナチス・ドイツの占領下に入った。
ワルシャワ市民は1944年に蜂起(ほうき)したが、ナチス・ドイツのい反撃によって鎮圧され、街は徹底的に破壊され、街の約85%が廃墟となった。

第二次世界大戦後に再び独立を回復した後、人々は「すべては未来のために」を合言葉に復興を進めた。
古い図面や写真の他、18世紀後半の国王に仕えていたベルナルド・ベロットが描いた風景画を参考に、「壁の日々一本まで忠実に」復元していったため、戦争で破壊される前の昔のワルシャワの街並みが再現された。

街の顔であるワルシャワ旧王宮の再建が完全に終了したのは1984年のことである。
世界遺産にはワルシャワの旧市街と新市街が登録されており、旧王宮や聖ヨハネ大聖堂など、中世のゴシック様式から19世紀の新古典主義に至る多彩な様式の建造物をみることができる。

英語で読む世界遺産

During World War Ⅱ, more than 85% of the historic center of Warsaw was destroyed by Nazi troops.
After the war, the citizens of Warsaw were eager to rebuild the city, and many monuments from the Middle Ages to the 19th century were restored.

ポーランド分割

1772年にプロセイン・オーストリア・ロシアが第1回分割、1793年にはフランス革命の混乱の中、プロイセンとロシアが第2回分割を実行。
コシューシコの抵抗運動もおよばず、1795年には3国による第3回分割が行われポーランド王国は消滅した

②ドゥブロヴニクの旧市街(クロアチア共和国)

登録年:1979年/1994年範囲拡大
登録基準:(ⅰ)(ⅲ)(ⅳ)
内戦による破壊からの復興

ドゥブロヴニクはクロアチアのお最南端に位置し、7世紀初頭から海上交易の重要拠点として発展した。
13世紀に共和制の自治都市となってから、ビザンツ帝国、ヴェネツィア、ハンガリー、オスマン帝国と宗主国を変えながらも、自治を守ってきた。

この都市では伝染病を防ぐために公衆衛生施設が早くから整えられジェンナーの種痘法開発に先立つこと12年、1784年に全住民への天然痘の予防接種が行われていたとされる。
城壁に囲まれた旧市街と城壁外の歴史地区の一部が世界遺産に登録されており、高さ約25mの城壁が街の4つの要塞を結んでいる。

*ユーゴスラヴィア内戦では建造物の7割近くが破壊され、1991年に危機遺産登録されたが、内戦終結後に市民の手で中世の街並みを再現することに成功し、1998年に危機遺産リストから脱した。

*ユーゴスラヴィア内戦:1991〜1995年。ティトー大統領の死去と冷戦の終結を背景に、国内の民族対立が表面化して勃発。内戦の過程でユーゴスラヴィアは解体した。

③本日の練習問題

世界遺産検定3級の過去問題からの出題です。

[1]「戦争」により都市の大部分が廃墟となった歴史をもつ『ワルシャワの歴史地区』に関する以下の英文の空欄( A )、( B )に当てはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。
During ( A ), more than 85% of the historic center of Warsaw was destroyed by ( B ).

①A. World War Ⅰ ー B. Nazi troops
②A. World War Ⅰ ー B. The Soviet Army
③A. World War Ⅱ ー B. Nazi troops
④A. World War Ⅱ ー B. The Soviet Army

[2]「内戦」に関し、『ドゥブロヴニクの旧市街』の大部分が破壊される原因となった内戦として、正しいものはどれか

①ユーゴスラヴィア内戦
②スペイン内戦
③ルワンダ内戦
④シリア内戦

以下回答です

[1] ③ [2] ①

いかがでしたか?
本日は戦争や紛争が背景にありながらも再建され、現在はとても素敵な景観が人気の世界遺産でした。

では、また明日もお待ちしています。

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください