世界遺産検定過去問題(70/90)

世界遺産検定3級

ご訪問いただきありがとうございます。

3ヵ月で世界遺産検定取得を目指す企画、本日は70日目です。
残り少しになってきましたね。

現在は世界遺産検定3級の過去問題を中心に学習中です。
*4級試験の学習のみを行いたい方は4月1日の記事1/90〜37/90までを中心に学習してくださいね。
4月1日の記事はこちら世界遺産検定過去問題(1/90)
6月の前半は1回毎に振り返り定着させていくという期間として、問題数も少なめにすすめています。
6月の後半では毎日の出題数を増やして、過去問題は完璧に叩き込む期間にする予定です。

本日は問題数4問です。本日も難易度は高めの問題ですので頑張って下さい!
では、昨日の問い[52]の続きです。

◆古代文明の遺産に関する、以下の問いに答えなさい。
次の表の空欄に当てはまる語句を、それぞれ下の《語群》から選びなさい。

《語群》
①土の家
②石の家
③木の家
④パスクア島
⑤バリ島
⑥ボルネオ島

◆城塞をもつ世界遺産に関する、以下の問いに答えなさい。

[55]『姫路城』の説明として、正しく無いものはどれか。

①白漆喰の外壁に覆われた美しい姿から「白鷺城」の別名がある
②日本の木造城郭建築の代表例である
③石落としなどの仕掛けや複雑な形状の門などを備えている
④応仁の乱で焼失したが、後に再建されて現在の姿になった

[56]『琉球王国のグスク及び関連遺産群』に関し護佐丸ゆかりの城( A )と阿麻和利が居城した城( B )の組み合わせとして、正しいものはどれか。

①A.首里城 ー B.勝連城
②A.首里城 ー B.今帰仁城
③A.座喜味城 ー B.勝連城
④A.座喜味城 ー B.今帰仁城

 

以下回答です。

[53]② [54]④ [55]④ [56]③

本日の関連学習リンク
[53]アフリカの諸王国(トンブクトゥ・ジンバブエ)
[54]アメリカ大陸の文明(イースター島のモアイ・ナスカの地上絵)
[55]都市と城郭建築(姫路城・カルカッソンヌ)
[56]交易都市(琉球王国・メラカとジョージタウン)
 

いかがでしたか?
[56]の問題は少し難しかったでしょうか?
私は2年前にちょうど座喜味城と勝連城跡を訪れました。なので実際に関わりのある人物についてうっすら記憶が残っていました。
こういった深いところまでなかなか理解するのも難しいですが、今日のうちにグスク跡と関連人物については覚えれば、きっと試験の日までは記憶の片隅に残ってくれることでしょう。

では、明日で2019年9月の過去問題終了です。
それが終われば12月分を残すのみになります。

あともう少しですので頑張りましょう!
では明日もお待ちしています。

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定3級
文化の多様性①バリの文化的景観

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 3級の学習はこちら 4級の学習はこちら 今日の学 …

世界遺産検定3級
シリアル・ノミネーション/トランスバウンダリー④ワッデン海、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の学習は自然遺産と複合遺産です。 トランスバ …

世界遺産検定3級
2
日本の遺産㉑小笠原諸島

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 3級の学習はこちら 固有の生態系(小笠原諸島・ガ …