世界遺産検定2級学習振り返り⑦

2級学習まとめ・振り返り

世界遺産検定2級受験対策用記事の7回目です。
この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日の振り返り学習のテーマは3つ
◆ヨーロッパの建築様式
◆近現代建築物
◆十字軍と騎士団

それぞれのテーマから、問題を数問ずつ出題していきます。
全部で20問の出題となります。
問題ごとに正解と学習記事のリンクを貼っていくので、わからなかったところを確認していただければいいかなと思います。
*問題文のすぐ下に正解がありますので、スクロール注意です。

今日は、難易度が高くなるように問題をつくってみました!
それでは、本日もよろしくお願いします。

ヨーロッパの建築様式

[1]次の3つの説明文から推測される、世界遺産として、正しいものはどれか。
ーローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの時代に政治家アグリッパによってつくられた
ーフランス南部のガール橋にかかる水道橋
ー水源地ユゼスからネマウスス(ニーム)まで水を引くための水路の一部である

①セーチェーニ鎖橋
②ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)
③アヴィニヨンの歴史地区
④アイアンブリッジ峡谷

ヒントヨーロッパの建築様式①

解答 ②ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)

[2]次の特徴を持つ建築様式と、世界遺産に登録される建造物の組み合わせとして、正しいものはどれか。
ローマ建築の様式と東方の文化が融合しており、バシリカなどの聖堂建築にドーム天井を組み合わせている点も特徴である。内部はモザイクや大理石で装飾されている。

①ビザンツ様式 ー サン・ヴィターレ聖堂
②ビザンツ様式 ー ケルンの大聖堂
③ゴシック様式 ー サン・ヴィターレ聖堂
④ゴシック様式 ー ケルンの大聖堂

ヒントヨーロッパの建築様式②

解答 ①ビザンツ様式 ー サン・ヴィターレ聖堂

[3]『アルルのローマ遺跡とロマネスク建築』に関する、次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
フランス南部のプロヴァンス地方にあるアルルには、古代から中世の遺跡が数多く残されている。古代ローマ時代の遺跡・遺構7件とロマネスク期の教会が1件が世界遺産に登録されている。主要な遺構には(    )やローマ劇場、コンスタンティヌスの大浴場、サン・トロフィーム聖堂がある。

①カンポ広場
②クセルクセス門
③円形闘技場
④パルテノン神殿

ヒントヨーロッパの建築様式③

解答 ③円形闘技場

[4]『ケルンの大聖堂』の特徴について説明した次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
聖堂内部は、内陣と周廊、祭室群で構成されている。入口周辺に見られる浮き彫りの装飾や、内陣に続く身廊の天井を支える (     )、周廊のステンドグラスなどはゴシック様式の典型です。

①ピロティ
②リブ・ヴォールト
③モデュロール
④ストゥッコ装飾

ヒントヨーロッパの建築様式④

解答 ②リブ・ヴォールト

[5]『フィレンツェの歴史地区』のサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に関する、次の文中の空欄に当てはまる人物名として、正しいものはどれか。
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、着工から完成まで140年かかったため、ゴシック様式とルネサンス様式が混在している。(   )が設計した二重構造の円蓋えんがい(クーポラ)は、ルネサンス様式の代表とされる。

①アグリッパ
②ブルネッレスキ
③レオナルド・ダ・ヴィンチ
④ミケランジェロ

ヒントヨーロッパの建築様式⑤フィレンツェの歴史地区

解答 ②ブルネッレスキ

[6] 『ヴェルツブルクの司教館と庭園群』に関して、その特徴でもある「バロック様式」について説明したものとして、正しいものはどれか。

①天井の高さと光を追求した様式である
②過激な装飾や凹凸の強調、絵画などによる内装を特徴とする
③ローマ建築の様式と東方の文化が融合しており、内部はモザイクで装飾されている
④石造りの厚い壁や半円アーチ構造の天井などを特徴とする

ヒントヨーロッパの建築様式⑥

解答 ②過激な装飾や凹凸の強調、絵画などによる内装を特徴とする

[7]次の3つの説明文から推測される、世界遺産として、正しいものはどれか。
ーブリュッセルの高級住宅地に建っている
ーウィーン分離派(ゼツッション)の中心メンバーであるヨーゼフ・ホフマンがゲザムトクンストヴェルクの方針に従い1911年に完成させた
ーアール・ヌーヴォーにおける革新的な変化をうちたて、その後のアール・デコとモダニズム建築が生まれるきっかけとなった

①トゥーゲントハート邸
②ストックレ邸
③ギエット邸
④クルチェット邸

ヒントヨーロッパの建築様式⑦

解答 ②ストックレ邸

近代建築

[8]次の3つの説明文から推測される、世界遺産として、正しいものはどれか。
ーリオ・デ・ジャネイロからの遷都を目的として1960年に完成した計画都市
ー都市建設計画の中核を担ったのは、ル・コルビュジエに師事した建築家オスカー・ニーマイヤーであった
ー上から見ると飛行機の形となるパイロットプランに沿って、斬新なデザインの主要建築物が設計された

①シドニーのオペラハウス
②ペルセポリス
③ル・アーヴル:オーギュスト
④ブラジリア

ヒント近現代建築①

解答 ④ブラジリア

[9]『メキシコ国立自治大学(UNAM)の中央大学都市キャンパス』に関する、次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
デザインはメキシコの(   )とも関係し、J.オゴルマンやD.リベラ、A.シケイロスなどの著名な芸術家により、大学施設などにアステカなどの先住民族や、メキシコの歴史をモチーフとしたメッセージ性の強い壁画が多く描かれた。

①ルネサンス
②ゴシック・リバイバル
③壁画運動
④ゼツェッション

ヒント近現代建築②

解答 ③壁画運動

[10]次の3つの説明文から推測される、世界遺産として、正しいものはどれか。
ーシドニー港に突き出した岬であるベネロング・ポイントに建てられた近代建築物
ー建築家ヨーン・ウッツォンによる斬新なデザインで知られ、世界的に有名な歌劇場・コンサートホール・劇場でもある
ー土台部分をシェルと呼ばれる屋根が覆った曲線的なシルエットが特徴

①ブルノのトゥーゲントハート邸
②ポン・デュ・ガール
③ケルンの大聖堂
④シドニーのオペラハウス

ヒント近現代建築②

解答 ④シドニーのオペラハウス

[11]『ブルノのトゥーゲントハート邸』を設計したドイツ人建築家として、正しいものはどれか。

①ミース・ファン・デル・ローエ
②マリオ・パニとエンリケ・デル・モラル
③ヨーン・ウッツォン
④バルタザール・ノイマン

ヒント近現代建築③

解答 ①ミース・ファン・デル・ローエ

[12]『バウハウス関連遺産群:ヴァイマールとデッサウ、ベルナウ』に関して、1919年に解説された総合造形学校バウハウスの初代校長として、正しいものはどれか。

①ジュセリーノ・クビチェック
②ヨーゼフ・ホフマン
③コジモ・デ・メディチ
④ヴァルター・グロピウス

ヒント近現代建築③

解答 ④ヴァルター・グロピウス

[13]ドイツ連邦共和国のベルリンにある世界遺産に関する、次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
20世紀前半のヴァイマール共和国時代に建設された近代的な建築は、ブルーノ・タウトやマルティン・ヴァグナー、ヴァルター・グロピウスといった一流の建築家たちが手がけた。都市計画や建築手法、公園設計などの点で斬新なアプローチがなされており、これらは世界中の(    )のモデルとなりました。

①壁画運動
②アール・デコ
③公共住宅
④工業都市

ヒント近現代建築④

解答 ③公共住宅

[14]次の3つの説明文から推測される、世界遺産として、正しいものはどれか。
ー1920年代にロッテルダム北西に建てられた20世紀を代表する工業建設
ー鋼鉄とガラス製の巨大なカーテンウォールは採光に優れており、暗くなりがちな工場の労働環境を明るく快適にした
ー両対戦間期におけるモダニズムと機能主義文化を象徴する工場とされる

①アイアンブリッジ峡谷
②ファン・ネレ工場
③ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群
④ニュー・ラナーク

ヒント近現代建築④ベルリンのモダニズム公共住宅、他

解答 ②ファン・ネレ工場

[15]『アントニ・ガウディの作品群』に関する、次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
カタルーニャ地方の州都バルセロナには、「孤高の天才」と呼ばれた建築家、アントニ・ガウディ・イ・コルネが残した数多く建造物が点在しており、世界遺産には、7件が登録されている。
サグラダ・ファミリアは着工から130年を経た今も建設途中です。「聖家族」の意味をもつ教会は、世界遺産として現在のところ、完成済みの(    )と地下聖堂のみが登録されています。

①クーポラ
②インティワタナ
③聖誕教会
④誕生のファサード

ヒント近現代建築⑤アントニ・ガウディの作品群

解答 ④誕生のファサード

[16]『スクーグシスルコゴーデンの森林墓地』に関する、次の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
スウェーデンの首都、ストックホルムの南部にある森の墓地スクーグスシスルコゴーデンは、自然と建築の調和を追求した共同墓地である。1940年に(    )や3つの礼拝堂が竣工し、松林を基調とした自然と建築が調和する墓地が完成しました。

①海の火葬場
②森の火葬場
③風の火葬場
④大地の火葬場

ヒント 近現代建築⑥ヴィクトール・オルタ、スクーグシスルコゴーデン

解答 ②森の火葬場

十字軍と騎士団

[17]次の3つの説明文から推測される、世界遺産として、正しいものはどれか。
ー16世紀にオスマン帝国にロドス島を追われた*聖ヨハネ騎士団が新たに拠点とした地
ー街の名前は当時の聖ヨハネ騎士団団長ジャン・パリソー・ド・ラ・バレッテにちなんでいる
ーオスマン帝国の襲撃に備えイタリアの建築家フランチェスコ・ラパレッリ・ディ・コルトーナの基本設計により、堅牢な城塞都市となった

①ラジャスタンの丘陵城塞群
②バレッタの市街
③メリダの考古遺跡群
④フィレンツェの歴史地区

ヒント十字軍と騎士団①

解答 ②バレッタの市街

[18]次の3つの説明文から推測される、世界遺産として、正しいものはどれか。
ー11〜13世紀の十字軍遠征時代の代表的城塞建築
ー2006年に世界遺産に登録されましたが、現在危機遺産リストにも登録されている
ー英雄サラディンが陥落させたことから、「サラディンの城」を意味する現在の名前で呼ばれるようになった

①ヴェルツブルクの司教館と庭園群
②クラック・デ・シュヴァリエとカラット・サラーフ・アッディーン
③ラニ・キ・ヴァヴ
④アブー・メナー

ヒント十字軍と騎士団②ロドス島の中世都市、他

解答 ②クラック・デ・シュヴァリエとカラット・サラーフ・アッディーン

[19]『ロドス島中世都市』に関する、次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
聖ヨハネ騎士団はフランスやイングランド、プロヴァンスなど7つの国々の貴族の子息で構成されていたため、ロドス島には騎士が用いる言語別に建てられた(   )があります。

①7つの館
②7つの寝室
③7つの小塔
④7つの神殿

ヒント十字軍と騎士団②ロドス島の中世都市、他

解答 ①7つの館

[20]次の3つの説明文から推測される、世界遺産として、正しいものはどれか。
ーイスラエルの北部にある、十字軍の遺構の上に建てられた城塞都市である
ーオスマン帝国が18世紀半ばに復興した
ー街の地下には十字軍の主力であった聖ヨハネ騎士団の集会所や教会、宿泊施設などが残っている

①バレッタの市街
②アッコの旧市街
③ブラジリア
④サナアの旧市街

ヒント十字軍と騎士団③トマールのキリスト騎士団の修道院

解答 ②アッコの旧市街

エンディング

お疲れ様でした。いかがでしたでしょうか。
今日は問題数も多く難易度も高めではなかったでしょうか。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。
また時間のある時に、読み直していただけると嬉しいです。

では、また明日もお待ちしています。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2級学習まとめ・振り返り
世界遺産検定2級学習振り返り⑫

世界遺産検定2級受験対策用記事の12回目です。 この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 …

2級学習まとめ・振り返り
世界遺産検定2級学習振り返り⑪

世界遺産検定2級受験対策用記事の11回目です。 この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 …

2級学習まとめ・振り返り
世界遺産検定2級学習振り返り⑩

世界遺産検定2級受験対策用記事の10回目です。 この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 …