世界で最初の世界遺産⑥ランス・オ・メドー国立歴史公園

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日学習する世界遺産は、アメリカとカナダの文化遺産です
◆メサ・ヴェルデ国立公園
◆ランス・オー・メドー国立歴史公園
国立公園と聞くと自然遺産のイメージが強いですが、どんな文化を持っている場所なのか気になりますね。

特に『ランス・オー・メドー国立歴史公園』は世界遺産検定での出題回数も多いですのでしっかり覚えていきましょう。
本日もよろしくお願いします。

①メサ・ヴェルデ国立公園

アメリカ合衆国
<文化遺産>
登録年:1978年
登録基準:(ⅲ)
アナサジ族が築いた鳥の巣の様な住居群

『メサ・ヴェルデ国立公園』は、コロラド州南西部に位置する、断崖をくりぬいた一連の住居群の遺跡で、現在国立公園になっています。
メサ・ヴェルデとはスペイン語で「緑の台地」を意味しています。

断崖の壁に築かれた鳥の巣の様な複雑な構造を持つ住居群は、先住民の*アナサジ族のものとされています。
アナサジ族は1世紀ごろからこの地に住み始め、主に農耕を営んでいました。
最初は崖の上の農耕地のそばに住居を構えましたが、9世紀ころからキヴァという儀式を行う施設を伴う日干し煉瓦の壁によって区画された集落を築くようになりました。
12世紀頃になると、外敵の襲来に備えた、本格的な「岩窟住居」を作り、そこに住み始めたと考えられている。

*アナサジ族:現在のアメリカ合衆国南西部のフォー・コーナーズの地域周辺に集まった有史以前のアメリカ先住民。

居住群は全部で3つあり、そのうち最大のクリフ・パレスは崖下にあり、200〜250人が居住していました。
全体は4層構造で、220の部屋とキヴァと呼ばれる23の円形地下礼拝所があります。
さらに、貯水、灌漑システムも備えており、アナサジ族の生活水準の高さがうかがえます。

14世紀前半には、メサ・ヴェルデの周辺に30万人ほどの先住民族が暮らしていたと言われています。
しかし、14世紀後半に忽然と姿を消しました。
その理由はいまだ明らかになっていませんが、異常気象による干ばつか、敵から身を守るためなどと考えられています。

②ランス・オー・メドー国立歴史公園

カナダ
<文化遺産>
登録年:1978年/2017年範囲変更
登録基準:(ⅵ)
ヨーロッパ人が北米にはじめて築いた入植地

『ランス・オ・メドー(L’Anse aux Meadows)国立歴史公園』は、カナダ東部のニューファンドランド島最北端にある考古遺跡です。
1000年頃に北欧から渡来してきた*ヴァイキングの集落あとが残されています。
グリーンランド以外の北アメリカで、唯一ヴァイキングの入植地として確認されている遺跡で、現在3つの建物が復元されています。

*ヴァイキング:スカンディナヴィア半島およびバルト海沿岸を現住地としたノルマン人の別称。船でヨーロッパや北米にまで進出した。

12〜13世紀頃に編纂(へんさん)された北欧の伝承文学「サガ」のヴァイキングに関する記述に基づき、ノルウェーの歴史学者が1960年代に調査を行ったところ、8ヵ所の住居跡や製材所、鍛冶場のほか、青銅器や鉄器などが発見されました。
これらがいずれもノルウェー様式と一致していることから、この地に北アメリカにおける最初のヨーロッパ人の入植地が築かれたことが裏付けられました。

一般には、西暦1000年頃のヴァイキングの航海者レイフ・エイリクソンが到達したヴィンランドだと考えられているそうです。

③練習問題

◆世界遺産条約に関する次の文章を読んで、以下の問いに答えなさい。
「ユネスコ憲章」が採択されたのは( A    )年である。ユネスコ憲章の前文には、「戦争は人の心の中に生まれるものだから、人の心の中にこそ、平和のとりでを築かなければならない」という一文が記されている。( B    )年に採択された(a)世界遺産条約も、そうした「平和のとりで」のひとつであり、人々が互いに尊重し合う平和な世界を目指すこととつながっている。世界遺産条約に基づき、(b)『イエローストーン国立公園』など12件が(c)世界で最初の世界遺産として登録された。

[1]文中の空欄( A   )、( B   )に当てはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

①A.1931 ー B.1972
②A.1931 ー B.1978
③A.1945 ー B.1972
④A.1945 ー B.1978

[2]下線部(a)「世界遺産条約」の説明として、正しいものはどれか。

①教育や広報活動の重要性が説かれている
②国連加盟国は世界遺産条約の締結を義務づけられている
③10項目の登録基準の内容を定めている
④世界遺産の保護・保全の義務や責任は、ユネスコにあることが定められている

[3]下線部(b)「イエローストーン国立公園」にある、バクテリアの影響で青色などに発色する熱水泉の名称として、正しいものはどれか。

①ブリリアント・レインボー・スプリング
②グランド・プリズマティック・スプリング
③ウィルダネス・ホットスポット・レイク
④バイオレット・リフレクティッド・レイク

[4]下線部(c)「世界で最初の世界遺産」に含まれる『メサ・ヴェルデ国立公園』の世界遺産の分類( C   )と、『シミエン国立公園』の世界遺産の分類( D )の組み合わせとして、正しいものはどれか。

①C.文化遺産 ー B.文化遺産
②C.文化遺産 ー B.自然遺産
③C.複合遺産 ー B.文化遺産
④C.複合遺産 ー B.自然遺産

[5]『ランス・オー・メドー国立歴史公園』がある地域( A )と、その地に入植して集落を作った民族( B )の組み合わせとして、正しいものはどれか。

①A.アフリカ地域 ー B.フェニキア人
②A.アフリカ地域 ー B.ヴァイキング
③A.北アメリカ地域 ー B.フェニキア人
④A.北アメリカ地域 ー B.ヴァイキング

④解答とエンディング

解答 [1]③ [2]① [3]② [4]② [5]④

いかがでしたでしょうか。
過去の学習記事のリンクも貼っておきますので、復讐にご活用ください。
基礎知識①世界遺産と世界遺産条約
基礎知識②世界遺産誕生までの流れ
世界で最初の世界遺産①イエローストーン

アメリカに『メサ・ヴェルデ国立公園』の様な居住跡があるのは、意外でした。
まだまだ世界には道の場所が多いです。
世界遺産の学習を通して、新しい発見のある毎日です。

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

また明日もよろしくお願いします。

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式⑦ウェストミンスター宮殿、ストックレ邸

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日は、イギリス、そしてベルギーの世界遺産です。 …

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式⑥ヴュルツブルク、ヴィース

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日もヨーロッパの建築様式について、バロック様式 …

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式⑤フィレンツェの歴史地区

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日は、これまでにも何度も取り上げている『フィレ …