世界で最初の世界遺産①イエローストーン

世界遺産検定2級

*この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

おはようございます。
本日学習する世界遺産は『イエローストーン国立公園』です。
3級までの学習では、世界で最初に世界遺産に登録された例として紹介されてきたものの、その世界遺産について学ぶのは初めてです。

自然遺産を評価するすべての登録基準を満たしている『イエローストーン国立公園』とは、一体どんな世界遺産なのでしょうか。

本日もよろしくお願いします。

①基本情報

『イエローストーン国立公園』

アメリカ合衆国
<自然遺産>
登録年:1978年
登録基準:(ⅶ)(ⅷ)(ⅸ)(ⅹ)
自然保護の先駆けとなった世界初の国立公園

『イエローストーン国立公園』は、1872年に世界で初めて国立公園として設立されました
約9,000㎢の広さを持つ自然公園であり、渓谷や草原に加え、間欠泉や温泉など地熱による観光スポットが散在しています。

また、グリズリーやオオカミ、アメリカバイソンやワピチの群れが生息していることでも知られています。
ここは地上に残された数少ない手付かずの巨大温帯生態系の一つであるイエローストーン圏生態系の中心になっています。

②噴火により形成されたカルデラ

イエローストーン地区は北アメリカ大陸最大の火山地帯でもあります。
この辺りでは約200万年前、120万年前、60万年前の大規模な噴火が発生し、最後の噴火時に地面がドーム状に隆起しました。
このときにできた地表の裂け目からマグマが噴出し、公園の中心部にある巨大な*カルデラが形成されました。

*カルデラ:火山の噴火などで中央のマグマ部分が空洞化し、陥落してできた窪地系

現在でも地下のマグマは活発な活動を続けています。
地方の裂け目から染み込んだ雨水を急速に熱し、再び地表へと送り出し、これが間欠泉となっています。
『イエローストーン国立公園』のシンボルともなっている「オールド・フェイスフル間欠泉」においては、日によっての違いはあるものの平均70分という間隔で、熱湯を噴出しています。


先住民族のスー族からは、この湧き出る蒸気の奇観から「霊気に満ちた場所」として恐れられていました。

イエローストーン国立公園のミッドウェイ間欠泉地域に存在し、同国最大の熱水泉が、観光の目玉でもある「グランド・プリズマティック・スプリング」です。

この泉の鮮明な色彩はバクテリアによる影響で、その色彩には青、緑、黄、オレンジ、金、赤及び茶が含まれています。
「グランド・プリズマティック・スプリング」の名前は1871年に行われたハイデン地質調査において地質学者が注目し、その印象的な色彩から命名されたそうです。

③手付かずの自然

イエローストーン国立公園では、「ウィルダネス(手つかずの自然)」という概念をもとに自然環境が維持されています。
仮に山火事などが起こった場合であっても、人間が消化するのではなく、自然の回復機能に任せるというような対応がとられます。
人間の手を極力加えることなく生態系を維持していくという方法は、世界的にも大きな注目を集めています。

④練習問題

◆世界遺産条約に関する次の文章を読んで、以下の問いに答えなさい。
「ユネスコ憲章」が採択されたのは( A )年である。ユネスコ憲章の前文には、「戦争は人の心の中に生まれるものだから、人の中にこそ、平和のとりでを築かなければならない」という一文が記されている。( B )年に採択された(a)世界遺産条約も、そうした「平和のとりで」のひとつであ理、人々が互いに尊重しあう平和な世界を目指すことにつながっている。世界遺産条約に基づき、(b)『イエローストーン国立公園』など12件が世界で最初の世界遺産として登録された。

[1]文中の空欄( A )、( B )に当てはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

①A.1931 ー B.1972
②A.1931 ー B.1978
③A.1945 ー B.1972
④A.1945 ー B.1978

[2]下線部(a)「世界遺産条約」の説明として、正しいものはどれか。

①教育や広報活動の重要性が説かれている
②国連加盟国は世界遺産条約の締結を義務付けられている
③10項目の登録基準の内容を定めている
④世界遺産の保護・保全の義務や責任は、ユネスコにあることが定められている

[3]下線部(b)「イエローストーン国立公園」にある、バクテリアの影響で青色などに発色する熱水線の名称として正しいものはどれか。

①ブリリアント・レインボー・スプリング
②グランド・プリズマティック・スプリング
③ウィルダネス・ホットスポット・レイク
④バイオレット・リフレクティッド・レイク

⑤解答とエンディング

解答 [1]③ [2]① [3]②

いかがでしたでしょうか。
アメリカの国立公園というだけあり、その迫力もひとしおですね!

そして久々に、「世界遺産条約」など出てくると、自分の記憶力に焦ります。
また、学習リンクも貼っておきますので、もし私と同じように記憶が怪しくなっている方は復習にどうぞ。
基礎知識①世界遺産と世界遺産条約
基礎知識②世界遺産誕生までの流れ
しばらく、「世界で最初の世界遺産」シリーズが続きます。

では、また明日もお待ちしています。

tomo

 

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式③アルルのローマ遺跡とロマネスク建築

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日もヨーロッパの建築からの世界遺産です。 フラ …

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式②ラヴェンナの初期キリスト教建造物

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのは、イタリアの世界遺産です。 大き …

世界遺産検定2級
東南アジアと南アジア④ラジャスタンの丘陵城塞群、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのは、インドと、ベトナムの世界遺産で …