産業革命(産業革命遺産・アイアンブリッジ峡谷)

世界遺産検定3級
2

本日の世界遺産は、産業革命にまつわる遺産です。

早速みていきましょう

世界遺産検4級の学習はこちら

①明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、鹿児島県、山口県、静岡県、岩手県)

登録年:2015年
登録基準:(ⅱ)(ⅳ)
日本の急速な近代化を支えた産業遺産群

明治以降の日本の近代化において重要な役割を果たした産業遺産であり、のちに日本の基幹産業となった「製鉄・製鋼」「造船」「石炭産業」にかかわる施設や遺構などが含まれる。
後世資産は九州を中心に全国8件11市に点在する23遺産である。
これらの資産は、共通する特徴や関連性をもっており、複数の構成資産でひとつの顕著な普遍的価値を示す「*シリアル・ノミネーション・サイト」として登録されている。

日本の近代化は、江戸末期から明治にかけて、西洋の先進諸国の技術や知識を導入することによって急速に進められた。
非西洋地域で初めて、約50年間という短期間で近代化を成し遂げ、飛躍的な経済発展を遂げたことは歴史上重要な価値をもつ。
その近代化に欠くことのできない製鉄や、蒸気機関を動かすエネルギー源となったのが、「黒いダイヤ」とも呼ばれた石炭であった。

また近代化の背景には多くの人々の活躍があった。長州藩(山口県)の吉田松陰は「松下村塾」で指導し、のちに日本の近代産業化を担う人材を育成した。
また、幕末期に来日した英国商人トーマス・グラバーは、西洋の石炭採掘技術を導入し、長崎県の高島炭坑で日本最初の蒸気機関を用いた採掘を開始した。
三井財閥の團琢磨(だんたくま)は、「三池炭鉱」にて採炭技術の近代化を進めた。

構成資産には「八幡製鉄所」や「三菱長崎造船所」、「三池港」のような現在稼働中の施設が含まれるほか、「端島炭坑」のように老朽化が進む施設も多く、観光対策や保全計画が課題となっている。

外環が軍艦に似ていることから「軍艦島」と呼ばれる端島。海底炭鉱で採掘が行われた。

*シリアル・ノミネーション・サイト:地理的な関連がなくても、文化や歴史的背景、自然環境などが共通する複数の資産をひとつの遺産として登録すること

日本の産業革命

日本の産業革命は、イギリスより1世紀ほど遅れた19世紀から20世紀初頭とされる。
初期は製糸業や紡績業などの軽工業が中心であったが、1900年代以降は重工業が中心となった。
主要動力も蒸気機関から電力へと移行していった。

英語で読む世界遺産

The property proves that Japan achieved modernization in about 50 year from the Edo period to the Meiji period.
There are 23 sites in eight areas around Kyushu registered in a serial nomination.

 

②アイアンブリッジ峡谷(英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国))

登録年:1986年
登録基準:(1)(ⅱ)(ⅳ)(ⅵ)
初期産業革命のふるさと

アイアンブリッジ峡谷は、バーミンガムの西を流れるセヴァーン川上流にある。
もともとは「セヴァーン峡谷」と呼ばれていた。
この地のコールブルックデールで、1709年にエイブラハム・ダービー1世が石炭コークスで鉄鉱石を溶解する画期的な製鉄法を開発した。
これによって良質の銑鉄を大量に生産できるようになり、18世紀後半〜19世紀のイギリス産業革命期に製鉄業の中心地として繁栄した。

1779年にはエイブラハム・ダービー1世の孫にあたるダービー3世が、祖父の開発した製鉄技術を用いてセヴァーン川にアイアンブリッジ(コールブルックデール橋)を建設した。
全長約60m、幅約7m、総重量400tの橋は世界初の鉄橋(シングル・アーチ)として有名である。

③本日の練習問題

世界遺産検定3級からの問題です

[1]『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』に関する次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』は全国8県11市に点在する23資産からなり、文化や歴史的背景が共有する複数の遺産をひとつの遺産として登録する(  )として登録されている。

①アウトスタンディング・ユニバーサル・サイト
②ボーダーレス・サイト
③シリーズ・ヘリテージ・サイト
④シリアル・ノミネーション・サイト

[2]『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』の構成資産である「八幡製鉄所」と「三菱長崎造船所」に共通することとして、正しいものはどれか

①いずれも長崎に位置する構成資産である
②現在稼働中の施設が含まれる
③明治時代以降の石油産業を支えた施設である
④吉田松陰によって建設された施設である

[3]「製鉄業の中心地として繁栄した場所」に当てはまる世界遺産として、正しいものはどれか

①アイアンブリッジ峡谷
②アワッシュ川下流域
③ポトシの市街
④ニュー・ラナーク

以下回答です

[1] ④ [2] ② [3] ①

 

いかがでしたか?

23の構成資産の一覧についてはこちらです。

合わせて4級の学習もご確認ください。

 

ではまた明日もお待ちしています。

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定3級
文化の多様性①バリの文化的景観

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 3級の学習はこちら 4級の学習はこちら 今日の学 …

世界遺産検定3級
シリアル・ノミネーション/トランスバウンダリー④ワッデン海、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の学習は自然遺産と複合遺産です。 トランスバ …

世界遺産検定3級
2
日本の遺産㉑小笠原諸島

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 3級の学習はこちら 固有の生態系(小笠原諸島・ガ …