ローマ帝国①ローマの歴史地区と教皇領

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日より、「ローマ帝国」のパートに入ります。
世界遺産には、歴史的な背景にローマ帝国がよく出現していますよね。
今日は、そんなローマの歴史地区について学びます。
ローマを知れば世界史の知識も深まりそうですね。

楽しみながら、学びましょう。

ローマの歴史地区と教皇領、サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂

イタリア共和国及びヴァティカン市国
<文化遺産>
登録年:1980年/1990年範囲拡大/2015年範囲変更
登録基準:(ⅰ)(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)(ⅵ)
地中海全域を支配したローマ帝国の首都

ローマは、紀元前1〜後5世紀にかけて地中海全域を支配した古代ローマの歴史を物語る都市です。
ローマ建国の神話では、オオカミに育てられた双子の兄弟ロムルスとレムスのうち、兄のロムルスが紀元前754年にローマを築いたとされています。
「ローマ」の名は、そのロムルスに由来しています。

この地に人が住み始めたのは紀元前10世紀頃でした。
その後、都市国家を経てきょう共和制の国家となりました。

紀元前270年頃にイタリア半島全土を掌握したローマは、地中海の覇権をかけて大国カルタゴと争いました。
3度にわたって繰り広げられたポエニ戦争に勝利したことで、ローマの権勢は揺るぎないものとなりました。

共和制に陰りが見え始めたのは紀元前1世紀頃でした。
その頃三頭政治やガリア遠征を経て力を蓄えた*カエサルが独裁体制を確立して改革を断行しました。

そして紀元前27年、カエサルの後を継いだアウグストゥスが初代皇帝となり、帝政ローマの時代が幕を開けました。
歴代の皇帝は凱旋門や劇場、浴場、神殿、円形闘技場などの大規模建造物を次々と建築し、現在もその遺構が残っています。

*カエサル:前100〜前44 ローマの将軍・政治家。文筆家としても名高く、『ガリア戦記』などの著作がある。

サンタンジェロ城

4世紀には、コンスタンティヌス帝がキリスト教を公認し、教皇の住むカトリック教会の中心地としてキリスト教の聖堂群がつくられました。

5世紀後半に西ローマ帝国が滅亡すると、8世紀以降は教皇領の首都になりました。
ルネサンス期には強大な力を有する教皇の下、ミケランジェロやラファエロ、ベルニーニといった著名な芸術家の活躍により、芸術の都としての地位も確立しました。

ローマはルネサンス以降も芸術・文化の発信地の役割を担いました。
長い歴史のなかでそれぞれの時代に応じて地位や立場を変化させながら、共和制以降、現在までの約2,600年間、ヨーロッパの中で重要な役割を果たしてきました。

世界遺産に登録されたローマの歴史地区には、ローマ発祥の地とされる七つの丘をはじめ、コロッセウム、パンテオン、カラカラ浴場など、ローマの力と繁栄を象徴する遺跡が含まれています。
コロッセウムは後80年につくられたローマ最大の円形闘技場で、ティトゥス帝の時代に完成しました。
コロッセウムでは、剣闘士同士や剣闘士と猛獣の格闘などを公開する市民の娯楽の場になった。

パンテオンはローマ人が信仰する神々全てを祀った「万神殿」で、アグリッパが前27年に建て、ハドリアヌス帝が改築しました。
ローマ建築の傑作であり、ミケランジェロには「天使の設計」と絶賛されました。
カラカラ浴場はカラカラ帝がつくった大規模な公衆浴場跡です。

パンテオン

ローマ歴史地区は当初、3世紀のアウレリアヌスの城壁内が世界遺産に登録されていました。
その後1990年に登録範囲が拡大され、教皇ウルバヌス8世が17世紀に築いた城壁内までが世界遺産に含まれました。

アウレリアヌス帝によって設けられた城壁は、ローマ中心部を星形に囲んでいます。
ゲルマン人などの外敵の侵入を防ぐ目的でつくられたものでした。
そのため、ローマ帝国最盛期の遺構の大半がこの城壁内に建立されています。

現在の登録範囲には城壁街に位置する、サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂のほか、サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂やサン・ジョヴァンニイン・ラテラーノ聖堂など、ヴァティカン市国が直轄する3聖堂も含まれています。

サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂

練習問題

[1]「ローマの歴史地区」に関する次の文中の語句で、正しいものはどれか。
「ローマの歴史地区」にはローマ帝国最盛期の遺構が残る。遺構の大半は、(①オスマン帝国)などの外敵の侵入を防ぐ目的でつくられた城壁内にある。ローマ人が信仰する神々全てを祀った(②アポロン神殿)はローマ建築の傑作とされる。4世紀には、(③セプティミウス・セウェルス)がキリスト教を公認し、教会の中心地としてキリスト教の聖堂群がつくられた。登録範囲には城壁街に位置する(④サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂)なども含まれる。

①オスマン帝国
②アポロン神殿
③セプティミウス・セウェルス
④サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂

解答とエンディング

解答 [1] ④サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂

いかがでしたが。
本日はローマの歴史地区について、歴史を中心に学んでいきました。
ちょうど1年前に旅行をしたローマ。
パンテオンには入れなかったので、いつかリベンジしたいと思います。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式②ラヴェンナの初期キリスト教建造物

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのは、イタリアの世界遺産です。 大き …

世界遺産検定2級
東南アジアと南アジア④ラジャスタンの丘陵城塞群、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのは、インドと、ベトナムの世界遺産で …

世界遺産検定2級
東南アジアと南アジア③ラホール城とシャーラマール庭園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのはムガル帝国の世界遺産です。 ムガ …