歴史地区と旧市街①シエナの歴史地区

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

今日から新しいテーマ「歴史地区と旧市街」です。
1回目の今日は「シエナの歴史地区」です。
私自身、訪れたことのある世界遺産です。とはいえツアーに含まれていた場所でゆっくりと散策はできなかったのが残念でありました。
あの日を思い出しながら、記事を書き綴ります。

本日もよろしくお願いしますします。

①シエナの歴史地区

イタリア共和国
<文化遺産>
登録年:1995年
登録基準:(ⅰ)(ⅱ)(ⅳ)
フィレンツェと競い合った自治地区

イタリア中部トスカーナの丘に中世の姿を留め息づくシエナは、かつて隣国フィレンツェを凌ぐほど繁栄を極めた都市国家でした。
世界一美しいといわれるカンポ広場を中心に広がるイタリア・ゴシックの町並みはなだらかな緑の丘に調和し、当時の趣を現代に残しています。

シエナでは12世紀に市民による政治組織「*コムーネ」が成立し、商業、金融業の中心となる自治都市として発展しました。
以降、銀行家などの大商人からなるコムーネは、数百年にわたり市政をつかさどりました。

コムーネ:イタリア語で「共同体」の意味を指す用語で、現代ではイタリアの自治体の最小単位の組織(基礎自治体)を指す。

シエナと同様に、金融業を中心に栄えたのが、シエナの北約60kmに位置する都市国家フィレンツェです。
フィレンツェ公国とシエナ共和国は商業利権や領地などを巡りたびたび衝突していました。

しかし14世紀半ばに起こったペストの流行により様相が一変しました。
シエナはペストによる打撃で、最盛期には約10万人であった人口が3万5,000人にまで激減しました。
街は急速に衰退し、16世紀中頃にはフィレンツェ公国に併合されました。

歴史地区には、中世の歴史的建築物がほぼ当時のまま残っています。
シエナの代表的な建造物であるドゥオーモ(大聖堂)は、9世紀に創建された古い聖堂の遺構の上に立っています。
その着工はシエナが栄えた12世紀半ばで、改築を重ねて大聖堂が完成したのは、200年以上もたった1382年であったそうです。

「世界で最も美しい広場」と称賛された扇型のカンポ広場には、14世紀に完成した高さ102mにおよぶ「マンジャの塔」をもつゴシック様式の美しい市庁舎などが立ち並びます。

 

②練習問題

[1]『シエナの歴史地区』に関して、12世紀から金融業を中心に繁栄したシエナ共和国が14世紀に衰退した原因として、正しいものはどれか。

①ローマ帝国に占拠された
②ペストが流行した
③大地震で中心部が崩壊した
④大火事により都市の3分の2が焼失した

[2]『シエナの歴史地区』にある、「世界で最も美しい広場」と称賛される扇型の広場として、正しいものはどれか。

①イマーム広場
②サンマルコ広場
③ザハリアーシュ広場
④カンポ広場

 

③解答とエンディング

解答 [1]② [2]④

いかがでしたか?
本日は「シエナの歴史地区」でした。
カンポ広場を含めた歴史地区の景観は様々なメディアで取り上げられているのを見たことがあります。
ヨーロッパの歴史地区はその時代を感じられる街並みが残っている場所が多いですね。

皆様の中もお気に入りの歴史地区はありますか。
今日から6日間にわたって歴史地区の学習が続きますので、どうぞお楽しみに。

2級試験の受験は2011年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

本日もご訪問ありがとうございました。
また明日もお待ちしています。

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
歴史地区と旧市街⑤ドゥブロヴニクの旧市街、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の世界遺産は、みなさん一度は耳にしたことがあ …

世界遺産検定2級
歴史地区と旧市街④ポルト、リガ

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の世界遺産はポルトガルとラトビアです。 私も …

世界遺産検定2級
歴史地区と旧市街③ブダペスト・シギショアラ

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の世界遺産は、ハンガリーとルーマニアからです …