日本の遺産④国立西洋美術館

世界遺産検定2級
1

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

3級の学習はこちら
近代建築(国立西洋美術館・オペラハウス)
4級の学習はこちら
ル・コルビュジエの建築作品

本日学習する世界遺産は
『ル・コルビュジエの建築作品:近代建築運動への顕著な貢献』です。
2級学習のポイントは
・日本以外の構成資産を覚える
・ル・コルビュジエが人体の寸法と黄金比から作った建造物の基準寸法の数列である「モデュロール」を知る
といったところでしょうか。

少し難しいと思いますが、一緒に学びましょう。

①基本情報

『ル・コルビュジエの建築作品:近代建築運動への顕著な貢献』

日本・フランス共和国・ベルギー王国・スイス連邦・インド・アルゼンチン共和国・ドイツ連邦共和国
<文化遺産>
登録年:2016年
登録基準:(ⅰ)(ⅱ)(ⅵ)
近代建築運動の世界的な伝播と実践を示す建築群

『ル・コルビュジエの建築作品:近代建築運動への顕著な貢献』は、スイス出身の建築家ル・コルビュジエが手がけた、世界の7ヵ国に点在する17の建築作品で構成されています。
ル・コルビュジエの提唱する近代建築の概念が、全世界規模に広がり実践されたことを表す、トランスバウンダリー・サイトです。
そして、複数の大陸にまたがり登録された世界で初めてのトランス・コンチネンタル・サイトでもあります。

②ル・コルビュジエの建築

ル・コルビュジエは、近代建築の三大巨匠のひとりでもあります。
「近代建築の五原則」や「モデュロール」などの新たな概念を打ち出し、20世紀以降の建築に大きな影響をあたえました。
また、公共住宅や都市設計にも優れた手腕を発揮しました。

<近代建築の五原則(新しい建築の5つの要点)>
・ピロティ (les pilotis)
・屋上庭園 (le toit-terrasse)
・自由な設計図 (le plan libre)
・水平連続窓 (la fenêtre en bandeau)
・自由なファサード (la façade libre)

五原則のひとつ「ピロティ」はフランス語で杭を意味しており、建築の1階部分を柱にして建物を支えることで空中に浮いているような軽やかな造形を生み出す手法です。
ピロティはフランスにあるル・コルビュジエの代表作サヴォア邸にみられるほか、日本の国立西洋美術館にも採用されています。

③国立西洋美術館

構成資産のひとつ、東京にある「国立西洋美術館」は、実業家の松方幸次が1920年代までに収集し、戦後はフランスに押収されていた松方コレクション」と呼ばれる、西洋美術品を展示する目的で建設されました。
専用の美術館を建設することが、フランスからの寄贈返還の条件であったため、日本政府はル・コルビュジエに建築を依頼しました。

建設地は上野公園内、寛永寺の子院の凌雲院跡地と決まり、1955年11月にル・コルビュジエ本人が来日して、建設予定地を視察しました。
その後ル・コルビュジエから基本設計案、実施設計案が届き、これをもとに、彼の弟子にあたる前川國男、坂倉準三、吉阪隆正が実施設計を行い、国立西洋美術館は1959年に開館しました。

建築構想として「無限成長美術館」という概念が採用され、巻貝が中心から外側に向かうように、展示作品が増えても外側に展示室を追加できる構造になっています。
また、天井の高さや柱の間隔、外壁のタイルのサイズなどはル・コルビュジエ独自の寸法「モデュロール」に則っており、美術的な調和と快適性を併せ持つ展示空間が実現しました。

国立西洋美術館は、1998年に地下を含めすべてを地盤から絶縁する大規模な免震レトロフィット工事を行いました。
これは本格的な免震レトロフィット工事としては日本初のものでした。
これにより、ル・コルビュジエの建築だけでなく、人命と作品も地震から守り、美術館として安全に使い続けることが可能となりました。

④おもな構成資産

ここでは、世界遺産検定2級で取り上げられる代表的な構成資産をまとめます。

⑤練習問題

[1]『ル・コルビュジエの建築作品:近代建築運動への顕著な貢献』の説明として、正しいものはどれか。

①アメリカ合衆国にある建築物も含まれる
②複数の大陸にまたがる世界で初めての遺産である
③建築物はすべて19世紀に建造された
④アール・ヌーヴォー様式の代表作とされる建築作品群である

[2]『ル・コルビュジエの建築作品:近代建築運動への顕著な貢献』の説明として、正しいものはどれか。

①構成資産には「ストックレ邸」が含まれる
②ヨーロッパ以外の国では唯一日本に構成資産がある
③ル・コルビュジエは「自然の中にすべての教科書がある」という哲学のもと設計を行なった
④ル・コルビュジエが打ち出した「モデュロール」などの新たな概念が用いられている。

[3]「無形文化遺産」の説明として、正しいものはどれか。

①保護の対象には、書物や楽譜、手紙なども含まれる
②日本からは「人形浄瑠璃文楽」「歌舞伎」「能楽」の3件のみが登録されている
③ICOMOSが主催する事業である
④「無形文化遺産の保護に関する条約」に基づく事業である

⑤解答とエンディング

[1]② [2]④ [3]④

いかがでしたか?
本日はル・コルビュジエによる世界遺産の建築についての学習でした。
たくさんある構成資産なので、昨日の富岡製糸場に比べるとなかなかハードですね。しかも海外の名前って覚えにくいですね。
おそらく出題される建物は限られてくると思いますので、過去問題をやりながら覚えていきましょう。
このブログでも記事書いていきます。

いつか、ル・コルビュジエの世界遺産登録された建築を見て回りたいなと思っております。
皆様はいかがですか。

ではまた。

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
カトリック、プロテスタント①サンティアゴ・デ・コンポステーラ

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日もご訪問ありがとうございます。 学習は本日か …

世界遺産検定2級
都市計画⑤ブコビナとダルマチア、ル・アーヴル

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の世界遺産は、都市計画のラストです。 ウクラ …

世界遺産検定2級
都市計画④エディンバラ、ルーネンバーグ

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の世界遺産は英国とカナダの都市景観です。 西 …