日本の遺産㉒屋久島

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

3級の学習はこちら
植物の垂直分布(屋久島・グランドキャニオン)
4級の学習はこちら
屋久島(樹齢1000年以上の屋久杉)

本日の学習は「屋久島」です。
2級ので新しく加えられた知識や用語はほとんどありませんが、登録基準(ⅶ)については押さえておくと良さそうです。

本日も「環境省HP(屋久島)」から資料を引用させていただいております。
本日もよろしくお願い致します。

①基本情報

『屋久島』

鹿児島県
<自然遺産>
登録年:1993年
登録基準:(ⅶ)(ⅸ)
樹齢1,000年を超えるスギの群生地

屋久島は、花こう岩が隆起して誕生した島で、九州本島最南端から南に約60km、東シナ海と太平洋の間に位置しています。

総面積約500㎢ある島のうち、西部海岸線から標高1,936mの宮之浦岳を含む山岳部にかけての約107㎢(5分の1程度)が世界遺産に登録されています。

環境省HPより

②特徴的な気候と植生

屋久島は東京23区ほどの広さの島に標高1,000mを超える山々が連なり、「洋上のアルプス」ともいわれる特徴的な地形を持っています。
そして海からの湿った風が山に当たると屋久島に大量の雨を降らせ、屋久島は「月に35日雨が降る」と例えられるほどの多雨地域です。

屋久島は日本列島の南に位置しており、黒潮の影響を受け温暖湿潤な気候となっています。
標高約2,000 mの山岳を有することから、ひとつの島で日本の亜熱帯から亜寒帯までの自然植生を見ることができます。
この連続する植生の垂直分布が屋久島の大きな特徴です。

海岸沿いのアコウなど亜熱帯の植物から始まり、標高が上がるにつれスダジイなどの照葉樹林帯、スギ樹林帯、山頂付近に冷温帯性ササ草原や高層湿原、亜高山帯の低木林が分布しています。

環境省HPより

③屋久杉

この屋久島の自然環境における固有の植物の中にスギがあります。
樹齢1,000年を超える屋久島固有のスギは「屋久杉」と呼ばれています。

花こう岩からなる栄養分の少ない地方で、スギはゆっくりと成長し、目はつまり樹脂を多く蓄えました。
そして多雨地域における湿度の高さにより、スギの樹脂の分泌が促されています。
樹脂には防菌、抗菌、防虫作用があるため、湿度の高い環境でも屋久杉は腐ることなく長い樹齢を保つことができています。

屋久島では、屋久杉が作り出す森林景観も評価され、日本の自然遺産の中で、唯一自然美を評価する登録基準(ⅶ)が認められています。

④固有種

また屋久島は遥か昔、九州と陸続きであったため、ニホンザルやニホンジカなどの動物が生息していました。
世界的に海面が低下していた氷期が終わり、1万5,000年ほど前に海面が上昇したことにり、屋久島に動物たちが取り残されました。
その結果、島にはヤクシカ、ヤクザルなどの固有亜種を含む多くの動物が生息するようになりました。

⑤保護・保全

屋久島の多くの地域は、自然公園法に基づく「特別保護地区」、自然環境保全法に基づく「屋久島原生自然環境保全地域」、林野庁による「屋久島森林生態系保護地域」に指定され、複数の保護区で保護されています。
屋久島の天然林は1981年、ユネスコのMAB計画(人間と生物圏計画)の「生物圏保存地域」に、2005年には島の北西部はラムサール条約の登録湿地に指定されました。

屋久島 では、世界遺産登録前から、屋久島独自の 生活文化に根ざした地域のあり方を「屋久島環境文化村構想」と してまとめ、地元住民や専門家、行政機関が共有してきました。
遺産登録後も、観光客や登山者の増加による自然環境への影響、やヤクシカによる食害等の課題が存在する中、自然環境の保護と地域振興の両立を目指して課題への取り組みが進められています。

⑥練習問題

[1]『屋久島』の説明として、正しくないものはどれか。

①島の全域ではなく、総面積の5分の1ほどが登録範囲となっている
②特徴的な地形は「洋上のアルプス」とも例えられる
③亜熱帯から亜寒帯まで植生が変わる、幅広い植物分布が見られる
④屋久杉は絶滅危惧種に指定されている

[2]『屋久島』は日本の自然遺産の中で唯一、登録基準(ⅶ)が認められている。その登録基準を認める上で評価された自然環境として、正しいもはどれか。

①海洋性島弧の形成
②ヤクシカ、ヤクザルなどの固有亜種
③隆起と崩壊を繰り返して形成された独特の地形
④屋久杉がつくり出す森林景観

⑦解答とエンディング

解答 [1]④ [2]④

いかがでしたか。
登録基準については、過去の記事で振り返りをお願いします。
基礎知識③世界遺産の登録条件・登録基準
本日の学習はここまでです。

日本の世界遺産のうち22件の学習が終わりました。
2019年に世界遺産登録された『百舌鳥・古市古墳群』については、過去問題の収集も含め、2級学習の後半に記事を書く予定です。
ひとまず、学習されたい方については、3級の学習記事をご覧ください。
百舌鳥・古市古墳群

それでは、また明日もお待ちしています。

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式②ラヴェンナの初期キリスト教建造物

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのは、イタリアの世界遺産です。 大き …

世界遺産検定2級
東南アジアと南アジア④ラジャスタンの丘陵城塞群、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのは、インドと、ベトナムの世界遺産で …

世界遺産検定2級
東南アジアと南アジア③ラホール城とシャーラマール庭園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのはムガル帝国の世界遺産です。 ムガ …