百舌鳥・古市古墳群

世界遺産検定3級4級

ご訪問ありがとうございます。

昨日までの、世界遺産検定過去問題は少しお休みしまして、本日は当ブログでまだ記事にしていなかった『百舌鳥・古市古墳群』について学習したいと思います。

2019年に登録された、日本で一番新しい?世界遺産なので、出題頻度も高い世界遺産ではないかと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、構成資産数が群を抜いて多いので、詳しく知りたいという方は「百舌鳥・古市古墳群世界遺産保存活用会議(大阪府・堺市・羽曳野市・藤井寺市)事務局:大阪府府民文化部都市魅力創造局魅力づくり推進課」の「百舌鳥・古市古墳群」に関するホームページをご覧ください。写真もたくさん掲載されています。

「世界遺産 百舌鳥・古市古墳群」

それではしばしお付き合いくださいませ。

百舌鳥・古市古墳群

基本情報

古墳時代の社会構造を伝える古墳群
登録年:2019年(世界文化遺産)
登録基準:③④

基礎知識

『百舌鳥・古市古墳群』は、古墳時代の最盛期(4世紀後半から5世紀後半)にかけて築造された、古代日本列島の王たちの墓群です。
大阪府堺市にある「仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)」や、藤井寺市・羽曳野市に ある「応神天皇陵古墳(誉田御廟山古墳)」など、*45件49基の大小さまざまな古墳で構成されています。
*資産数の45件と古墳数の49基で数が異なるのは、仁徳天皇陵古墳のような大きな古墳には、陪冢(ばいづか・ばいちょう)と呼ばれる小型の古墳が附属していることがあり、構成資産としてはそれらを合わせて1件と数えているためなのだそうです。

 

そもそも古墳って?

日本列島では、3世紀後半から約400年の間、土を高く盛り上げた墳丘をもつお墓(墳墓)が盛んに造られました。
この時代に造られた墳丘をもつお墓を「古墳」といい、古墳は当時の階層の高い人によって造られました。
墳丘の周りの掘られた部分に水をためて濠(ほり)になっていることもあります。また、墳丘の斜面には、石(葺石・ふきいし)が敷きつめられているものもあり、装飾や墳丘の崩れの防止などが目的だと考えられています。
さらに墳丘が2段・3段になっているものや、濠が2重・3重になっているものもあります。
形も、上から見たときに、鍵穴の形をした「前方後円墳」、円形の「円墳」や四角形の「方墳」などバラエティーに富み、大きさも10m程度から400mを超える巨大なものまでさまざまです。

文化庁資料より

「百舌鳥古墳群」「古市古墳群」

古墳というと日本各地にありますが「百舌鳥古墳群」「古市古墳群」の2ヵ所の古墳群には、 仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)という日本最大の古墳があることに加え、「前方後円墳」「帆立貝形墳」「円墳」「方墳」という大小さまざまな4種類の古墳が見られます
これらの古墳群からは、日本の古 墳時代の個人の権力の大きさや社会的な権力の構成などを証明できると考えられています。

日本の古墳時代には強大な権力構造があり、それを東アジアとの海上交易が行われる時代に東アジアの国々に対して示す意味がありました。
「百舌鳥・古市古墳群」は海上交易の窓口であった大阪湾を望む台地の上にあり、大阪湾を行き来する船からは、港に対して長辺を向ける巨大古墳がよく見えたと考えられています。
しかし、東アジアとの交易や文化交流の中で仏教が日本に伝わってくると、巨大な古墳は作られなくなり、天皇の陵墓を守る役割は寺院に移っていきました。

百舌鳥エリアには、4世紀後半から5世紀後半にかけて、100基を超える古墳が作られましたが、その後の都 市開発などで壊され、仁徳天皇陵古墳や孫太夫山古墳、いたすけ古墳など44基が残っています。
その内の23基が構成資産に含まれています。

古市エリアには4世紀後半から6世紀前半にかけて130基を超える古墳が作られたといわれています。現在は応神天皇陵古墳や津堂城山古墳、三ツ塚古墳など45基が残っています。
その内の26基が構成資産に含まれています。そして全長が200mを越す巨大な前方後円墳が7基残されています。

 

世界三大墳墓

今回ご紹介した、百舌鳥古墳群にある「仁徳天皇陵古墳」は、エジプトの「クフ王のピラミッド」中国の「秦の始皇帝陵」とともに世界三大墳墓の1つといわれています。

こちらは、大阪府堺市のホームページよりお借りした画像です。世界最大墳墓の大きさ比較(堺市HP)

 

因みに「クフ王のピラミッド」も「秦の始皇帝陵」も世界遺産です。

関連リンクも貼っておきましょう。

メンフィスのピラミッド地帯

墓所(日光の社寺・始皇帝陵と兵馬俑坑)

 

本日の練習問題

ではでは、本日ご紹介した世界遺産からの問題に挑戦してください。世界遺産検定4級の過去問題からの出題です。

◆エジプトを旅行している姉のジュンコが弟のマサキにあてた手紙を読んで、以下の問いに答えなさい。

マサキへ
みんな変わりありませんか?私は昨晩カイロに到着して、今日は朝から早速観光に出かけました。念願だった『メンフィスのピラミッド地帯』をこの目で見てきたよ!
なかでも有名な「ギザの三大ピラミッド」が造られたのは日本では(1)にあたる時代なんだけど、当時こんな巨大な建造物を作る技術があったとは驚いたわ。
マサキは「世界の三代墳墓」って聞いたことあるかな>世界でも最大級の大きさを持つ3つの(a)お墓のことなんだけど、(b)「クフ王のピラミッド」以外の2つはどこだと思う? ひとつは大阪府にある「仁徳天皇陵古墳」で、もうひとつは中国にある(c)秦の始皇帝の陵墓よ。「仁徳天皇陵古墳」は今年(2019年)7月に(d)『百舌鳥・古市古墳群』のひとつとして世界遺産に登録されたばかりよね。せっかくだから今度一緒に見に行こうよ。
さて、このあとは(e)ナイル川クルーズに参加します。エジプト文明を育んできたナイル川の船旅を満喫してくるわ。父さん母さんにもよろしくお伝えください。じゃあまた!

2019年9月8日 ジュンコ

[1]◆文中の空欄( 1 )に当てはまる時代はなんでしょうか。

①縄文時代
②平安時代
③安土桃山時代
④江戸時代

[2]下線部(b)「クフ王のピラミッド」を含む次の3つの建物に関し、高さが低いものから順番に並べたものはどれでしょうか。

クフ王のピラミッド

エッフェル塔(パリのセーヌ河岸)

自由の女神像

 

①自由の女神像→クフ王のピラミッド→エッフェル塔
②クフ王のピラミッド→エッフェル塔→自由の女神像
③エッフェル塔→クフ王のピラミッド→自由の女神像
④エッフェル塔→自由の女神像→クフ王のピラミッド

ヒント「世界遺産の高さ(文化遺産)

[3]下線部(c)「秦の始皇帝」に関する次の文中の空欄に当てはまる語句はなんでしょうか。
秦の始皇帝は、紀元前8世紀から紀元前5世紀ごろに築かれたとりでをつなぎ合わせ、『万里の(  )』の原型を築きました。現在、中華人民共和国の世界遺産として登録されています。

①宮殿
②長城
③運河
④庭園

[4]下線部(d)『百舌鳥・古市古墳群』は、日本で何件めの世界遺産として登録されたでしょうか。

①15件目
②23件目
③35件目
④58件目

以下回答です

[1]① [2]① [3]② [4]② 

意外と難しかったでしょうか?4月にも同じ問題を出していますので、覚えていた方も多いと思います。

さて、『百舌鳥・古市古墳群』いかがでしたでしょうか?

世界遺産検定を受ける上では、世界遺産が増える度に、覚えなければならいことも増えるわけですが、他の世界遺産と紐ずけながら学習できるという面では楽しく学習できるのではないでしょうか。

では、また明日もお待ちしています。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定3級4級
世界遺産検定4級、出題のポイントまとめ(世界の遺産編)

ご訪問ありがとうございます。 昨日に引き続き、世界遺産検定4級試験を受験される方むけに、過去問題から …

世界遺産検定3級4級
世界遺産検定4級、出題のポイントまとめ(日本の遺産編)

ご訪問ありがとうございます。 世界遺産検定4級試験を受験される方むけに、過去問題から各世界遺産の出題 …

世界遺産検定3級4級
2
タプタプアテア・カッパドキア(4級)

この記事は世界遺産検定4級試験学習用に製作しています。 本日は、まだこれまで学習記事にしていなかった …