近代国家①ドロットニングホルムの王領地

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日より、近代国家のパートに入ります。
初日の今日は『ドロットニングホルムの王領地』です。
現在はスウェーデン王家の居城となっている王宮です。
宮殿は3人の王妃と深い関わりを持っているということで、そこも興味深いです。

では、本日も楽しみながら学びましょう。
よろしくお願いします。

ドロットニングホルムの王領地

スウェーデン王国
<文化遺産>
登録年:1991年
登録基準:(ⅳ)
「北欧のヴェルサイユ」と呼ばれる壮麗な宮殿

「ドロットニングホルムの王宮」は、スウェーデンの首都ストックホルム郊外にあるメーラン湖上のローベン島にある離宮です。
『ドロットニングホルムの王領地』その優雅なたたずまいから「北欧のヴェルサイユ」とも呼ばれる宮殿と建造物群からなる世界遺産です。
「ドロットニングホルム」はスウェーデン語で「王妃の小島」を意味しています。
その名の通り、この地の建造物や庭園は、16〜18世紀に生きた3人の王妃と深い関わりを持っています。

王宮の前身は、国王ヨハン3世が王妃カナリーナ・ヤーゲロニカのために築いた夏の離宮でした。
この離宮は1661年の火災で焼失しました。
しかしその後国王カール10世の王妃であるヘドヴィーク・エレオノーラの命によって、翌年より大規模な再建が始まりました。
およそ20年の歳月をかけたこの再建工事により、離宮はヴェルサイユ宮殿に匹敵するフランス・バロック様式の宮殿へと生まれ変わりました。

さらに、18世紀後半の王妃ロヴィーサ・ウルリカによる改築では、ロココ様式に統一されました。
ロヴィーサ・ウルリカは啓蒙主義思想を持つ優れた才女で、彼女の手によってドロットニングホルム宮殿はさらなる発展を遂げました。
庭園に中国風の小宮殿や宮廷劇場も建造されるなど、スウェーデンの新しい文化の潮流を早朝する現在の姿が完成しました。

宮殿はその後、王妃ウルリカの息子であるグスタフ3世に引き継がれました。
グスタフ3世の死後は、次第に使用されることがなくなりましたが、そのために王領地の自然が保たれたそうです。

ドロットニングホルムの王宮

1982年には、現国王カール16世グスタフがストックホルム旧市街の王宮から環境のよいこの地に王家の住居を移しました。
スウェーデン王家の居城となっており、宮殿の一部が一般公開されています。

練習問題

[1]『ドロットニングホルムの王領地』に関する説明として、正しいものはどれか。
①プロセン王フリードリヒ2世によって創建された
②17世紀の火災の後に再建され、フランス・バロック様式の宮殿となった
③18世紀後半の改築により内装がゴシック様式に統一された
④ドイツ騎士修道会がバルト海沿岸征服の拠点として築いた

解答とエンディング

解答 [1]②

いかがでしたでしょうか。
時代の流れの中で、そして女性のセンスで様式が変化していくところが興味深いですね。

明日も、また煌びやかな建築が登場しますので、お楽しみに。

では、明日もお待ちしています。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
氷河地形①ヨセミテ国立公園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 ヨセミテ国立公園 アメリカ合衆国 <自然遺産> …

世界遺産検定2級
カルスト地形③ハ・ロン湾、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日もカルスト地形が作り出す景観の世界遺産です。 …

世界遺産検定2級
カルスト地形②プリトヴィツェ湖群国立公園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日はクロアチア共和国にある世界遺産です。 紛争 …