道の遺産(紀伊山地、サンティアゴ・デ・コンポステーラ)

世界遺産検定3級
2

本日の世界遺産は、紀伊山地とスペインにある参詣道(巡礼路)です。
ともに登録から数年経って登録範囲が拡大されました。
世界遺産周辺の保全や保護がしっかりと行われているのではないでしょうか。

世界遺産検定4級の学習はこちら

①紀伊山地の霊場と参詣道(三重県、奈良県、和歌山県)

登録年:2004年/2016年範囲変更
登録基準:(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)(ⅵ)
日本の宗教文化が一堂に会する霊場

「吉野・大峯」「熊野三山」「高野山」の3つの霊場は、三重県と奈良県、和歌山県にまたがる紀伊山地の自然の中にある。
各霊場の建物と自然環境が一体になった景観が守られていることが評価され、日本で初めて「文化的景観」の概念が認められた。
また2016年には参詣道を中心に登録範囲が拡大された。

吉野・大峯修験道の聖地で、*役行者(えんのぎょうじゃ)が開いたとされる金峯山寺が根本道場(こんぽんどうじょう)。
桜で有名な吉野山や、源義経と後醍醐天皇ゆかりの吉水神社がある。

熊野三山は熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の三大社の総称で、神仏習合(しんぶつしゅうごう)により阿弥陀信仰や浄土信仰と結びつくことで霊場となった。

高野山は、日本に真言密教をもたらした空海が開いた金剛峯寺を中心とする霊場で、山上には117もの子院が立ち並び、一大宗教都市となっている。

3つの霊場を結ぶ参詣道も登録されている。

大峯奥駈道は吉野・大峯と熊野三山を結び、この道を踏破する「奥駈」は修験道で重要な修行とされる。
熊野三山に参詣する熊野参詣道は熊野古道とも呼ばれる、大辺路や中辺路、小辺路、伊勢路などの総称。
高野参詣道は高野山山麓にある慈尊院から空海の墓所がある奥の院へ至る道のほか、丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)を通る三谷坂や女人道を含む。

*役行者:大和国葛城山に住んだ呪術者で、修験道の開祖とされる。役小角ともいう。

主な登録物件

吉野・大峯
吉野山、金峯山寺、大峰山寺、吉野水分神社、吉水神社

熊野三山
熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社、那智大滝、青岸渡寺、那智原始林

高野山
金剛峯寺、丹生都比売神社、慈尊院

参詣道
大峯奥駈道、熊野参詣道、高野参詣道

熊野詣

末法思想を背景に、上皇や貴族は極楽往生を願ってしばしば熊野を目指した。
やがて熊野信仰は武士や一般庶民にまで広がりをみせ、「蟻の熊野詣」という言葉が生まれるほど多く参詣者を引きつけた。

英語で読む世界遺産

The property consists of three sacred sites in the Kii Mountain Range and the pilgrimage routes to link those sites, which reflects the religious fusion of Shintoism and Buddhism.
The buildings blend in so well with the natural environment that the value of the cultural landscape was recognized for the first time in Japan.

②サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:カミノ・フランセスとスペイン北部の道(スペイン)

登録年:1993年/2015年範囲拡大
登録基準:(ⅱ)(ⅳ)(ⅵ)
文化も行き交った巡礼の道

スペイン北西部にあるサンティアゴ・デ・コンポステーラ聖ヤコブを祀る、ヴァティカン、エルサレムと並ぶキリスト教三大巡礼のひとつである。

巡礼には民間人や王侯貴族も参加し、最盛期の12世紀には
年間50万人が巡礼を行なったという。
またこの道を商人や職人なども行き交い、ヨーロッパ中の文化や知識の交流がなされた。
巡礼者の中に建築士や石工もいたため、街道沿いにはロマネスク様式を中心とする聖堂や修道院が建てられた。

スペイン北部を東西に貫く「道の遺産」であり、当初登録された「カミノ・フランセス(フランス人の道)」に加え、2015年には海辺や内陸バスク地方を通る「スペイン北部の道」も拡大登録された。
登録範囲には巡礼路のほか、サンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂やブルゴスの大聖堂など、単独で世界遺産登録されている遺産も含まれている

③本日の練習問題

世界遺産検定3級の過去問題からの出題です。

[1]「文化的景観」として、正しいものはどれか

①地域性を排除した、画一な景観
②人の手が加えられていないありのままの自然を保つ景観
③人類が長い時間をかけて自然とともにつくり上げた景観
④複数の民族の文化が一ヵ所で見られる景観

[2]日本で初めて「文化的景観」の概念が認められた遺産として正しいものはどれか。

①富士山ー信仰の対象と芸術の源泉
②厳島神社
③白川郷・五箇山の合掌造り集落
④紀伊山地と霊場の参詣道

[3]『紀伊山地の霊場と参詣道』に含まれる3つの霊場として、正しくないものはどれか

①金鶏山
②熊野三山
③吉野・大峯
④高野山

[4]『紀伊山地の霊場と参詣道』に含まれる「吉野・大峯」の説明として正しいものはどれか

①天海が開いた霊場である
②修験道の聖地である
③金剛峯寺を中心とする霊場である
④吉野山に至る参詣道を熊野古道と呼ぶ

以下回答です

[1] ③ [2] ④ [3] ① [4] ②

いかがでしたか?

『紀伊山地の霊場と参詣道』の学習のポイントは、3つの霊場である「吉野・大峯」「熊野三山」「高野山」に分けて整理するところでしょうか。参詣道も含まれて、やや難しいですね。
一番の学びは、自分の足で歩いてみる事だと思います。
しかし私自身、さほど遠くないはずなのに「吉野・大峯」「高野山」には一度も行ったことがありません。
近いうちに行きたいと思いますが、行きたい場所が多すぎていつになる事やら…

では、また明日もお待ちしています

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

こんにちは!

このサンティアゴ・デ・コンポステーラと、その巡礼路は訪れたことがあります!
たくさんの巡礼者が歩いていてとても驚きました。

逆に紀伊山地の方は行ったことがないんですよね、いつか行ってみたいです。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定3級
文化の多様性①バリの文化的景観

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 3級の学習はこちら 4級の学習はこちら 今日の学 …

世界遺産検定3級
1
シリアル・ノミネーション/トランスバウンダリー④ワッデン海、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の学習は自然遺産と複合遺産です。 トランスバ …

世界遺産検定3級
「合掌造り集落」行ってみたらこんなトコ

ご訪問ありがとうございます。 本日は、日本の伝統的な集落である世界遺産『白川郷・五箇山の合掌造り集落 …