明治日本の産業革命遺産

世界遺産検定3級4級
5

本日の世界遺産は、北は岩手県から南は鹿児島県にまで構成遺産が分散している、その名も『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』です。名前が長いですね。 構成遺産が23あるとの事で、覚えるだけでも大変そうです。知っているものもあれば初めて聞くものも多いのではないでしょうか。いきなり全てを覚えるのは難しいと思いますが、まずは世界遺産検定4級の試験で問われる部分を中心に見ていこうと思います。

①基本情報

福岡県・長崎県・佐賀県・鹿児島県・山口県・岩手県・静岡県 登録年は2015年 登録基準②④の文化遺産 西洋の技術を取り入れながら近代化をとげた技術発展の価値

②基礎知識

『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』は、九州地方を中心に全国8件に点在する23資産で構成される「*シリアル・ノミネーション・サイト」である。

資産全体で、日本が江戸末期から明治にかけての約50年というきわめて短い期間で近代化し、飛躍的な経済発展を成しとげた歴史的価値を証明している。 資産には、日本の近代化を支えた「製鉄・製鋼」「造船」「石炭産業」などの重工業関連施設や遺産が含まれており、現在でも使用されている工場や港などが含まれている点も特徴である。

江戸末期、日本は諸外国の脅威に対する国防の必要性に迫られ、近代化を目指した。 明治維新が起こると、政府は積極的に西洋の専門知識や技術の導入を図り、*トーマス・グラバーなどの指導の下で蒸気船の建造や蒸気機関を用いた石炭の採掘などを行い、近代化の基礎が築かれた。 その後、日本独自の産業化がすすみ、国家の威信をかけた大プロジェクトとして*官営八幡製鐵所が操業を始めた。

*シリアル・ノミネーション・サイト:同じような特徴や背景を持つ遺産を、ひとつの世界遺産として登録したもの。
*トーマス・グラバー:スコットランド出身の商人で、日本の近代化に大きく貢献した。 日本で最初に蒸気機関を用いた採掘を行った「高島炭鉱」の経営も行った。
*官営八幡製鉄所:1901年に操業を開始した、明治政府がドイツの技術などを用いて築いた官営の製鉄所。現在も操業を続けている。

 

③構成遺産

端島(はしま)

その外観から「軍艦島(ぐんかんじま)」とも呼ばれる。海底炭鉱があった端島は最盛期には、当時の東京23区の約9倍の人口密度があったとされる。

三菱長崎造船所旧木型場(きがたば)

1898年竣工。レンガ造り2階建ての建物は、現存する木型場として国内最大。長崎造船所の建造物の中でも最古である。 (画像準備中)

三池炭鉱万田坑

高島炭鉱に次いで近代化した三池炭鉱の主力坑口(こうぐち)のひとつ。 三池港は三池炭鉱の石炭の積出港として1908年に作られ、現在も使用されている。

韮山反射炉

鉄製大砲鋳造(ちゅうぞう)のために江戸幕府が1857年に建造した。唯一現存する実用炉。

松下村塾

吉田松陰が講義を行った私塾。日本の近代化に貢献した人物を多く輩出した。

旧グラバー住宅

グラバーの活動拠点で日本最古の木造洋風住宅。 (画像準備中)  

④似ている世界遺産

ドイツ連邦共和国 エッセンのツォルフェライン炭鉱業遺産群

登録年2001年 登録基準②③

ドイツ西部のエッセン市には、19世紀半ばに発足したドイツ関税同盟(ツォルフェライン)炭鉱に関する遺産群が残されている。操業当初の手掘りから機械によるよる採掘へと変わっていくにともない、機械掘りの動力となるコークス工場や線路、関連施設、労働者の住宅がつくられた。

19世紀末にルール地方で石炭・製鉄業が栄えると、この炭鉱は世界最大規模の採掘料でドイツの経済発展を支えた。また、第二次世界大戦時にはヒトラーがこの地を重視し、ナチス・ドイツの政策を後押しした。

1932年より稼働を始めた第12ボイラー塔は、モダニズム建築のデザインが採用されており、現在は州立デザインセンターになっている。 この遺産群は、ヨーロッパの伝統的な重工業の発展を証明するだけでなく、150年以上におよぶ鉱業の盛衰を物語っている。  

⑤本日の練習問題

世界遺産検定4級からの問題2問です。

[1]全国8県にまたがる『明治日本の産業革命遺産』は日本の近代化を支えた重工業関連分野の施設が登録されています。この遺産に関連する分野として、当てはまらないものはどれでしょうか

①造船業 
②製鐵・製鋼業
③石油産業 
④石炭産業

[2]『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』は、23の資産で構成されます。次のどの地方に最も多くの資産があるでしょうか

①東北地方 
②関東地方
③四国地方 
④九州地方

以下回答です。

[1] ③ [2] ④  

本日は『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』について学びました。日本が大きな経済発展を遂げた時代の建造物は迫力のあるものが多いですね。この世界遺産の学習を通して、勢いのあった時代の日本を垣間見ることができるような気がします。

今回は試験対策のみですが、是非現場を訪れ、さらにその時代を感じてみたいです。と言いつつ、私自身は構成資産の殆どを、訪れたことがありません。世界遺産好きを公言するならば、これではいけませんね。  

では、また明日もお待ちしています。

tomo

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ にほんブログ村

世界遺産ランキング

 

5件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定3級4級
世界遺産検定4級、出題のポイントまとめ(世界の遺産編)

ご訪問ありがとうございます。 昨日に引き続き、世界遺産検定4級試験を受験される方むけに、過去問題から …

世界遺産検定3級4級
世界遺産検定4級、出題のポイントまとめ(日本の遺産編)

ご訪問ありがとうございます。 世界遺産検定4級試験を受験される方むけに、過去問題から各世界遺産の出題 …

世界遺産検定3級4級
1
タプタプアテア・カッパドキア(4級)

この記事は世界遺産検定4級試験学習用に製作しています。 本日は、まだこれまで学習記事にしていなかった …