海洋生態系②ベリーズ・バリア・リーフ自然保護区、他

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日はとても美しいサンゴ礁が特徴的な世界遺産です。
一度は目にしたことのあるあの海の景色です。

グレートバリアリーフについては過去の学習記事のリンクも貼っておきます。
海洋と湖
では、よろしくお願いします。

①ベリーズ・バリア・リーフ自然保護区

ベリーズ
<自然遺産>
登録年:1996年
登録基準:(ⅶ)(ⅸ)(ⅹ)
ブルーホールで有名な北半球最大のサンゴ礁
ユカタン半島南部、メキシコとグアテマラに国境を接し、カリブ海に面したベリーズは、1981年に英国から独立したアメリカ大陸で一番新しい国です。

カリブ海に広がるベリーズ・バリア・リーフは、オーストラリアのグレート・バリア・リーフに次ぐ世界第2位の広さで、北半球では最大のサンゴ礁です。
ベリーズ・バリア・リーフでは、多様な形態のサンゴがみられるサンゴ礁が200km以上も群生しています。

この海域は透明度が高く、海水の温度は平均20度以上、サンゴの成長に必要な養分と酸素が十分に保たれており、約65種ものサンゴを見ることができます。
また、「海の怪物の寝床」と呼ばれるブルー・ホールが存在し、アメリカマナティやウミガメ、アメリカワニなども生息しています。

開発による環境悪化を受け危機遺産に登録されましたが、遺産範囲内で石油開発を禁止するなど対応が評価されリストを脱しました。

②グレート・バリア・リーフ

オーストラリア連邦
<自然遺産>
登録年:1981年
登録基準:(ⅶ)(ⅷ)(ⅸ)(ⅹ)

『グレート・バリア・リーフ』は、オーストラリア北部に位置する、400種ものサンゴが生息する全長2,000kmにも及ぶ世界最大のサンゴ礁。
グレート・バリア・リーフの面積約35万㎢は日本列島の面積とほぼ同じです。
誕生は約1800万年前にさかのぼり、約200万年前から石灰岩が堆積し、その上にサンゴが生息し始めました。

サンゴはポリプと呼ばれる構造をもつ生物で、分裂しながら大きな群体へと成長してサンゴ礁を形成する。

このサンゴ礁が作る複雑な海底地形は、海洋生物にとって格好の生息域となっており、1,400種の魚類、4,000種の軟体動物がみられます。

現在、気候変動や港湾開発などへの対策が求められています。

Great Barrier Reef
The Great Barrier Reef is a site of remarkable variety and beauty on the northeast coast of Australia.
It contains the world’s largest collection of coral reefs, with 400 types of coral, 1,500 species of fish and 4,000 types of mollusk and some 240 species of birds.
It also holds a great diversity of sponges, anemones, marine worms, crustaceans, and other species.
This diversity, especially the endemic species, means the Great Barrier Reef is of enormous scientific and intrinsic importance, and it also contains a significant number of threatened species such as the dugong [“sea cow”] and the large green turtle.
<和訳>
グレート・バリア・リーフはオーストラリアの北東部の沿岸に位置する、特筆に値する多様さと美しさをもつ場所である。
それは、400種類のサンゴ、1,500種類の魚類、4,000種類の軟体動物と240種類の鳥類がいる、世界で最大のサンゴ礁を含んでいる。
また、海綿類やイソギンチャク類、マリンワーム類、甲殻類やその他の生物においても見事な多様性がみられる。
とりわけ固有種にみられる、この多様性は、グレート・バ リア・リーフが並外れて科学的な、かつ本質的な重要性をもち、またジュゴン(「海牛)やアオウミガメと いった希少種を多数含んでいる。

③アルダブラ環礁

セーシェル共和国
<自然遺産>
登録年:1982年
登録基準:(ⅶ)(ⅸ)(ⅹ)

アフリカ大陸の沖合640kmにある『アルダブラ環礁』は、サンゴ礁が隆起してできた大小4つの島からなっています。
人の手がほとんど入っていない絶海の孤島に生息する独特の動植物がみられます。

世界最大のリクガメであるアルタブラゾウガメが10万頭生息するほか、絶滅危惧種であるタイマイなどさまざまな動物が確認されています。

珍しい植物も多く、ダーウィンが当時の政府に保護を進言したことでも知られています。

練習問題

[1]カリブ海に広がる北半球最大のサンゴ礁が世界遺産に登録されている。その世界遺産名として正しいものはどれか。

①アルダブラ環礁
②ベリーズ・バリア・リーフ自然保護区
③シャーク湾
④グレート・バリア・リーフ

[2]次の3つの説明文から推測される世界遺産として、正しいものはどれか。
ーアフリカ大陸の沖合640kmにあり、サンゴ礁が隆起してできた大小4つの島からなっています。
ー世界最大のリクガメであるアルタブラゾウガメが10万頭生息する
ー希少な植物も多くダーウィンが当時の政府に保護を進言した

①アルダブラ環礁
②ベリーズ・バリア・リーフ自然保護区
③シャーク湾
④グレート・バリア・リーフ

解答とエンディング

解答 [1]② [2]①

いかがでしたでしょうか。
同じような海の世界遺産でも、それぞれ生息している生き物が違ったり、特徴も様々ですね。
学習の難易度としては、それほど高くないように思いますので、しっかりと得点源にしていきましょう。

では、また明日もお待ちしています。

tomo

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
絶滅危惧種③ソコトラ諸島、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日は、2件の世界遺産を学習しますが、2級の試験 …

世界遺産検定2級
絶滅危惧種②コモド国立公園、ジャイアントパンダ保護区

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習する絶滅危惧種も、有名なあの動物たちです …

世界遺産検定2級
絶滅危惧種①ヴィルンガ国立公園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日から、世界遺産検定2級学習の最後のテーマに入 …