湖・湿地帯①エヴァーグレーズ国立公園

世界遺産検定2級
1

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日から学ぶ世界遺産は、湖や湿地帯などの水辺にまつわるものです。
3級までの学習ではほとんど触れてこなかったテーマですね。

まずは、アメリカにある世界遺産ですが、アメリカで湖とか、湿地帯というイメージは私は持っていなかったので、少し意外性を感じています。
どんな場所なのでしょうか。

では、本日もよろしくお願いいたします。

エヴァーグレーズ国立公園

アメリカ合衆国/危機遺産
<自然遺産>
登録年:1979年/2010年危機遺産登録
登録基準:(ⅷ)(ⅳ)(ⅹ)
マングローブが群生する全米最大の湿原

アメリカ南東部、フロリダ半島南端の『エヴァーグレーズ国立公園』は位置しています。
この場所は、全米最大の湿原地域からなり自然遺産に登録されています。

世界遺産に登録されている『エヴァーグレーズ国立公園』は、湿原全体の5分の1にあたる約5,700㎢の範囲となっています。

湿原の幅は最大で150kmにも達していますが、平均の水深は30cm程度です。
広く浅い川のような湿原では、水源のオキーチョビー湖から南のフロリダ湾に向かって、ゆったりとした水の流れが続いています。

湿原の上流部には、ハンモックと呼ばれる水面からの高さが数cmほどの大小の島々があります。
そこではマホガニーなどの常緑高木や熱帯植物が生い茂った森などをみることができます。

また湿原下流の海岸地帯には*マングローブが広がっています。
この場所はカニや小魚、そしてこれらを捕食するワニや鳥類の格好の生息地となっています。

*マングローブ:熱帯や亜熱帯の海水の侵入する火口付近の植物によって形成される、常緑低木・高木の一種

公園全体では、固有種を含む1,000種以上の植物と、800種以上の動物、400種以上の鳥類などが確認されています。

しかし周辺の都市化が進んだ1930年代以降、生活用水の供給地となった湿原では、地下水位の低下や水質汚染が進んだ。
1993年には危機遺産に登録され、この期間に魚類80%、鳥類90%が減少したとされる。

その後、湿原回復の措置がとられ2007年に危機遺産りすとを脱したが、2010年に再び危機遺産登録されました。

練習問題

[1]『エヴァーグレーズ国立公園』に関する以下の文中の空欄( A )、( B )に当てはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。
『エヴァーグレーズ国立公園』の湿原の上流には、( A )と呼ばれる水面からの高さが数cmほどの大小の島々に、マホガニーなどの常緑高木屋熱帯植物が生い茂った森がある。
また、湿原下流の海岸地帯には( B )が広がる。

①A.ハンモック ー B.マングローブ
②A.ハンモック ー B.フィヨルド
③A.フィンボス ー B.マングローブ
④A.フィンボス ー B.マングローブ

解答とエンディング

解答 [1]①

いかがでしたでしょうか。
今日は、ボリュームの少ない記事となってしまいましたので、少し物足りなかったでしょうか?

また明日もお待ちしています。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
絶滅危惧種③ソコトラ諸島、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日は、2件の世界遺産を学習しますが、2級の試験 …

世界遺産検定2級
絶滅危惧種②コモド国立公園、ジャイアントパンダ保護区

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習する絶滅危惧種も、有名なあの動物たちです …

世界遺産検定2級
絶滅危惧種①ヴィルンガ国立公園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日から、世界遺産検定2級学習の最後のテーマに入 …