「危機遺産」と「負の遺産」(動画あり)

基礎知識(初級)

この記事は世界遺産検定4級、及び3級の基礎知識となります。

2級の学習については下記リンクよりご覧ください。
基礎知識(2級)
世界遺産検定2級学習
2級練習問題(学習まとめ・振り返り)

本日は「危機遺産」と「負の遺産」について学習したいと思います。
その違いをご存知でしょうか?
「危機遺産」については何と無く、保存状態が悪かったり、破壊されたりして状態が悪くなってしまったのだろうか、と想像しますが「負の遺産」は何でしょうか、、

動画の教材(世界遺産検定を取得するチャンネル)もありますので、お好きな方で学習してください。

①危機遺産とは?

世界遺産としての価値が、重大かつ明らかな危機に直面している場合、その遺産は「危機遺産リスト(危機にさらされている世界遺産リスト)」に記載されます。
そしてそうした遺産は「危機遺産」と呼ばれています。

世界遺産が直面する危機には①戦争や紛争による遺産破壊②密猟や不法伐採などによる自然破壊③地震や津波などの自然災害などがありますが、近年では④行き過ぎた観光地化や都市開発なども大きな危機となっています。

世界遺産委員会は危機遺産をリスト化することにより、危機的状況を公表して各国の協力を仰ぎ、その危機を取り残すことをめざしています。

危機遺産リストにに記載されるとどうなるのでしょう

その遺産をもつ国は適切な保全計画を立てて実行する必要がある。また危機を脱した後も、状況調査を行い報告することが求められる。

このような作業を実施するために必要な資金や人材が不足している場合には、世界遺産基金の活用や、世界遺産センターなどの協力により財政的・技術的な支援が受けられる。

危機を脱する道筋ができたと世界遺産委員会が判断すれば、危機遺産リストから外される。

例:2007年に危機遺産リストに記載されていた「ガラパゴス諸島」は2010年に危機遺産リストから脱した。

世界遺産リストから抹消されてしまった遺産があります

世界遺産としての「顕著な普遍的価値」が損なわれたと世界遺産委員会により判断された場合、世界遺産リストから抹消される。

2017年3月現在、2つの遺産が抹消されている。

「アラビアオリックスの保護地区」は、オマーン政府が石油・ガス開発のため保護地区の約90%の削減を決定したため、危機遺産リストに記載されることなく直ちに登録抹消が決定され、2007年にリストから抹消された。

ドイツの「ドレスデン・エルべ渓谷」はエルベ川に橋をかける計画が歴史的景観を損なうとして2006年に危機遺産リストに記載されたが、住民投票の結果橋の建設が実行され、2009年に抹消された。

②負の遺産とは

「負の遺産」とは、近代に起こった戦争や人種差別など人類が犯した過ちを記憶にとどめ教訓とするためのものである。世界遺産条約で正式に定義されているものではない。どの遺産が「負の遺産」にあたるか、意見が分かれるものもある。

また、通常他の基準と合わせて用いられることが望ましいとされる登録基準(ⅵ)のみで登録されることがあるのも特徴である。

負の遺産は大きく2つに分類される

1つ目は戦争や紛争にまつわるもの。日本の「広島平和記念碑(原爆ドーム)」やポーランドの「アウシュヴィッツ・ビルケナウ:ナチス・ドイツの強制絶滅収容所(1940-1945)」など第二次世界大戦に関係するもののほか、アフガニスタンの「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」のように宗教対立や民族紛争などに関係するものもある。

2つ目は人種差別にまつわるもの。奴隷貿易が行われていたセネガルの「ゴレ島」や人種差別政策に関係する南アフリカの「ロベン島」などがそれにあたる。

過去の反人道的行為を反省し、現在でも様々な形で残る紛争や人種差別をなくすため、これらの「負の遺産」が発するメッセージは重要である。

③練習問題

[1]危機にさらされている世界遺産の救済などに使われる財源として正しいものはどれか。

①世界遺産基金
②ユネスコ基金
③環境保護基金
④国際協力基金

[2]オマーン国では政府が遺産保護よりも、石油・ガス開発を優先したため、危機遺産リストに記載されることなく世界遺産リストから抹消された遺産がある。その遺産として正しいものはどれか。

①カトマンズの谷
②ドゥブロヴニクの旧市街
③アラビアオリックスの保護地区
④バムとその文化的景観

[3]負の遺産に関する以下の文中の空欄に当てはまる登録記号として、正しいものはどれか。 負の遺産は、(  )のみで登録される。通常、この基準は他の基準と合わせて用いられることが望ましいとされている。

①登録基準(ⅰ)
②登録基準(ⅲ)
③登録基準(ⅵ)
④登録基準(ⅹ)

[4]ポーランド共和国の「アウシュヴィッツ・ビルケナウ」に残る、ナチスドイツが建設した施設として正しいものはどれか

①ヒトラーの墓
②強制収容所
③奴隷の積出港
④ナチス・ドイツの本部ビル

[5]負の遺産の説明として正しいものはどれか

①世界遺産条約で正式に定義されていない
②自然災害の被害を受けた遺産を「負の遺産」と呼ぶ
③危機遺産リストの中から選ばれる
④全ての世界遺産条約締約国で負の遺産を登録することが義務づけられている

解答とエンディング

解答 [1]① [2]③ [3]③ [4]② [5]①

いかがでしたか。

負の遺産から過去を学び、危機遺産からは現在の出来事を知る。
この2つは世界遺産を学ぶ意味の大きな目的の一つだと感じます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

tomo

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

基礎知識(初級)
世界遺産の概念・世界遺産と日本(動画あり)

この記事は世界遺産検定4級、及び3級の基礎知識となります。 2級の学習については下記リンクよりご覧く …

基礎知識(初級)
ユネスコってどんな機関?(動画あり)

この記事は世界遺産検定4級、及び3級の基礎知識となります。 2級の学習については下記リンクよりご覧く …

基礎知識(初級)
世界遺産に登録されるには(動画あり)

この記事は世界遺産検定4級、及び3級の基礎知識となります。 2級の学習については下記リンクよりご覧く …