イスラム教⑥イマーム広場、カリフ都市

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

ご訪問ありがとうございます。
本日は、イスラム教の最後のパートです。
◆イスファハーンのイマーム広場
◆メディナ・アサーラのカリフ都市
それぞれ違う王スピロー王時代の遺構で、特徴も違う2件です。

今日も新しい発見ががあると思います。
楽しみながら学びましょう

本日もよろしくお願いいたします。

①イスファハーンのイマーム広場

イラン・イスラム共和国
<文化遺産>
登録年:1979年
登録基準:(ⅰ)(ⅴ)(ⅵ)
ヨーロッパにまで反映が伝えられたサファヴィー朝の都

イラン中部にあるイスファハーンは、豊かな緑に囲まれたオアシス都市です。
16世紀末、サファヴィー朝は最盛期を迎えました。
皇帝アッバース1世はこの街を首都と定め、コーランに記載された楽園を手本とする壮大な都市を建立しました。
政治・経済・宗教の中心となった新都は大いに栄え「世界の半分」とも称されました。

街の中心には2層構造の回廊に囲まれたイマーム広場が広がります。
広場は青を基調とした精密なアラベスク模様のタイルで覆われた荘厳なモスクや宮殿によって囲まれています。
南にモスクの傑作と称えられるマスジェデ・イマーム、東に王専用のモスクであるマスジェデ・シェイフ・ロトフォッラー、西にアリー・カプー宮殿、そして北にバザールを配されています。
当時は「王の広場」と呼ばれていました。

広場は、ペルシア発祥のポロの競技場や式典、公開処刑の場として使われていました。

Meidan Emam, Esfahan

The Meidan Emam is a public urban square in the center of Esfahan, a city located on the main north-south and east-west routes crossing central Iran.

Built by Shah Abbas 1 the Great at the beginning of the 17th century, and bordered on all sides by monumental buildings linked by a series of two-storied arcades, the site is known for the Royal Mosque, the Mosque of Sheykh Lotfollah, the magnificent Portico of Qaysariyyeh and the 15th-century Timurid palace.

Thy are an impressive testimony to the level of social and cultural life in Persia during the Safavid era.

<和訳>
イマーム広場は、南北と東西に走る主要道が交差するイラン中央部の町イスファハーンの中心にある都市広 場である。
17世紀初頭にアッバース1世によって造られた広場は、一連の二階建てアーケードによってつなげ られた巨大建造物によってすべての側面が区切られており、イマームのモスクやシャイフ・ロトフォッ ラー・モスク、カイセリーヤ門や15世紀のティムール朝の宮殿によって知られている。
これらはサファ ヴィー朝時代のペルシアにおける社会的・文化的生活の水準を見事に証言するものである

②メディナ・アサーラのカリフ都市

スペイン
<文化遺産>
登録年:2018年
登録基準:(ⅲ)(ⅳ)
イスラム教時代のイベリア半島の姿を伝える都市遺構

メディナ・アサーラのカリフ都市は、スペインのアンダルシア州コルドバ県コルドバの西北の丘に位置する中世イスラーム建築の宮殿跡です。
10世紀半ばに*後ウマイヤ朝によって築かれた都市遺構です。
首都コルドバの離宮都市として、寵妃の名をつけて建設したとされています。

*ウマイヤ朝:アッバース朝によって滅ぼされたウマイヤ朝の生き残りがイベリア半島で再興した王朝。コルドバのウマイヤ朝とも呼ばれる。

アブデラマン3世がカリフに即位してから11年後の西暦940年に建設された遺構が残っています。
かつては執務室や豪華な応接室、カリフとその家族のプライベートルームが備わるアルカサルをはじめ、寺院や住居、官舎、工芸品店や薬局、市場、造幣所などが地区ごとに整備されていました。
当時世界で最も繁栄していたといわれています。

*カリフ(あるいはハリーファ):預言者ムハンマド亡き後のイスラーム共同体、イスラーム国家の指導者、最高権威者の称号

数年間の短い繁栄の後、1009〜1010年に起こったカリフの時代終りを告げる激しい内戦の間に都市は放置され衰退しました。

都市の遺構は20世紀初頭に発見されるまで1,000年近くも忘れ去られていました。
今では失われてしまったイベリア半島におけるイスラム文化を深く伝える道路や橋などがみられます。
また、水利システムや、建物、装飾、日常品などが状態良く残されています。

③練習問題

[1]『イスファハーンのイマーム広場』は16世紀末にサファヴィー朝の皇帝がイスファハーンを首都と定め、街の中心に築いた広場である。その人物として正しいものはどれか。

①ダレイオス1世
②ヴラド3世
③アッバース1世
④アクバル帝

[2]『メディナ・アサーラのカリフ都市』に関する次の文章の空欄に入る語句として、正しいものはどれか。
メディナ・アサーラのカリフ都市は、10世紀半ばに(   )によって築かれた都市遺構です。

①ムラービト朝
②サファヴィー朝
③アグラブ朝
④後ウマイヤ朝

④解答とエンディング

解答 [1]③ [2]④

いかがでしたでしょうか。
『メディナ・アサーラのカリフ都市』に関しては、1,000年もの間発見されなかったというのも驚きですね。
世界にはまだま、研究されていない過去の遺構も沢山あるのかなと思ったりします。

本日もここまで読んでくださりありがとうございました。
また明日もお待ちしています。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
世界の宗教②タプタプアテア、メルヴ、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習する世界遺産は3件 ◆タプタプアテア ◆ …

世界遺産検定2級
世界の宗教①黄山

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日から「世界の宗教」というパートに入ります。 …

世界遺産検定2級
仏教⑥雲岡石窟、ラサのポタラ宮

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日は、中国の世界遺産2件を学習します。 同じ中 …