固有の生態系①ケープ植物区保護地域群

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日より、非常に珍しい固有の生態系を持つ様々な場所の学習に入ります。

本日は南アフリカにある植物の保護区です。
ここの気候ならではの植物の生態系は非常に珍しいです。

本日も楽しみながら学びましょう。

ケープ植物区保護地域群

南アフリカ共和国
<自然遺産>
登録年:2004年/2015年範囲拡大
登録基準:(ⅸ)(ⅹ)
アフリカ大陸の2割の植物種が集まるホットスポット

ケープ半島はアフリカ大陸の南端に位置し、1497年にヴァスコ・ダ・ガマが希望峰を経由してインド航路を開拓したことで知られています。

『ケープ植物区保護地域群』は、南アフリカ南部ケープ地方のクランウィリアムからポートエリザベスまで、100〜200kmの幅で帯状に広がっています。
地中海性気候の、冬に雨の多い海岸から山岳にかけての地域を含んでいます。

*13の保護区からなり、多くの固有植物が自生する保護地域です。
そこでみられる灌木植生地域をフィンボスと呼びます。
細い針じょうの歯を持つことに由来するフィンボスは、ケープ植物区の面積の半分を占めます。

*13の保護区:2015年の範囲拡大で、8つの保護区から13の保護区に拡大されました。

植物保護地域群の面積はアフリカ大陸全体からみれば0.5%以下の面積に過ぎませんが、アフリカ大陸の植物のうち約20%にあたる約9,000種が確認されており、そのうち69%が固有種という植物のホットスポットとなっています。
植物の大半は硬い葉の常緑樹で、ケープタウンのテーブルマウンテンもこのエリアに含まれています。

この地域は地中海性気候で、夏季は空気が乾燥して山火事が起こりやすいのが特徴です。
頻発する山火事に豊かな生態系の存続が危ぶまれていますが、この地の植物には環境によって育まれた特有の性質があります。

フィンボスの植物はこのような環境に適応し、高温のもとで初めて発芽した種子の散布を行なったりするものがあります。
つまり、山火事を織り込んだ植物相になっており、非常に珍しい特性を持っています。

Cape Floral Region Protected Areas
Inscribed on the World Heritage List in 2004, the property is located at the southwestern extremity of South Africa.
It is recognized as one of the world’s “hottest hotspots” for its diversity of endemic and threatened plants, and contains outstanding examples of significant ongoing ecological, biological and evolutionary processes.
This extraordinary assemblage of plant life and its associated fauna is represented by a series of 13 protected area clusters covering an area of more than 1million hectares.
These protected areas also conserve the outstanding ecological, biological and evolutionary processes associated with the beautiful and distinctive Fynbos vegetation, unique to the Cape Floral Region.
<和訳>
2004年に世界遺産リストに登録され、その資産は南アフリカの南西端に位置している。
固有の、また絶滅の危機に瀕した植物の多様性から世界で「最高のホットスポット」のひとつとみなされ、生態学的、生物学的そして進化に関わる、現在進行形の重要な過程の類まれな実例を含んでいる。植物とそれに関わる動物相の並外れた集合体は、100万ヘクタール以上のエリアを覆う13の保護区域群によって表される。
これらの保護区は、ケープ植物区地域に独自の、美しく特色あふれるフィンボス植生に結びついた傑出した生態学的、生物学的そして進化的な過程を保存している。

練習問題

[1]『ケープ植物区保護地域群』に関して、この地域でみられる灌木植生地域として、正しいものはどれか。

①ステンシル
②ハンモック
③フィンボス
④ラップランド

解答とエンディング

解答 [1]②

いかがでしたでしょうか。

山火事での温度上昇を前提に育まれた生態系とは興味深いですね。
自然の力強さと生命力を感じる世界遺産です。

では明日もお待ちしています。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
絶滅危惧種③ソコトラ諸島、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日は、2件の世界遺産を学習しますが、2級の試験 …

世界遺産検定2級
絶滅危惧種②コモド国立公園、ジャイアントパンダ保護区

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習する絶滅危惧種も、有名なあの動物たちです …

世界遺産検定2級
絶滅危惧種①ヴィルンガ国立公園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日から、世界遺産検定2級学習の最後のテーマに入 …