ローマの歴史地区と教皇領

世界遺産検定3級4級
1

ご訪問いただきありがとうございます。
本日の世界遺産は『ローマの歴史地区と教皇領、サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂』です。イタリア共和国は世界遺産が世界で一番多い国です。そして「古代ローマ」や「コロッセオ」と聞くとなんとなくイメージできるのではないでしょうか。
日本にある建造物とは全く違うその姿を見ていきましょう

①基本情報

『ローマの歴史地区と教皇領、サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂』

イタリア共和国及びヴァティカン市国
登録年は1980年、1990年に範囲拡大
登録基準①②③④⑥の文化遺産
「ローマ帝国の繁栄と歴史を伝える、時代を証明する価値」

②基礎知識

ローマには、オオカミに育てられた双子の兄弟にまつわる建国神話がある。双子の大叔父アムリウスは、王であるヌミトルから王位を奪い、ヌミトルの孫である生まれたばかりの双子を川に流して殺そうとした。川の精霊に助けられ、オオカミの乳で育った双子のロムルスとレムスは、のちに復讐を果たし、兄のロムルスがローマを築いたとされている。
ローマの名はロムルスに由来する。

世界遺産には、教皇ウルバヌス8世が築いた城壁内にある、ローマ発祥の地とされる*七つの丘や、コロッセウム、フォロ・ロマーノなど古代ローマの遺構のほか、城壁外にある*サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂など、ヴァティカン市国の遺産も含まれる。

*古代ローマ:都市国家から始まり、最盛期には地中海全域を支配する帝国となった。
*サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂:構成遺産で唯一城壁の外にある聖堂。

約5万人を収容できるコロッセウム

剣闘士と猛獣の格闘など見世物が行われた

古代ローマの公共広場であるフォロ・ロマーノ

演説や集会、祭祀、皇帝や将軍の凱旋行進などが行われた。 古代ローマ以前の文明、エトルリア時代の埋葬地であった地に建てられたこの広場は、徐々に拡大し、ローマ帝国の中心地となった。

当時の中心に残る建築物には、大理石でできた多くの柱や石が欠けているが、これは中世期頃、ローマ市内の宮殿などへ転用されたためである。ルネサンス以降は重要性が再認識され、現在もその名声は衰えない。

パンテオン

入り組んだローマの旧市街に突然現れる円屋根の建物。完全な半球型のドームの真ん中には直径9mの天窓があり、差し込む光は今も変わることはない。2000年も前から同じ場所に建っているこの建造物は、パンは全ての、テオンは神をあらわし、元々は古代の神々に捧げられたものであった。

7世紀以降はキリスト教会となり、ラファエロなど、多くの歴史的人物が埋葬されている。   そのほか、沢山の構成資産がありますが、世界遺産検定4級の学習としては、ここまでとします。  

③本日の練習問題

世界遺産検定4級からの問題です。日本の世界遺産に関する3問も追加しています。

[1]イタリアにある世界遺産の組み合わせとして正しいものはどれでしょうか
①*ローマの歴史地区 ー フィレンツェの歴史地区
②*ローマの歴史地区 ー モン・サン・ミシェルとその湾
③アテネのアクロポリス ー フィレンツェの歴史地区
④アテネのアクロポリス ーモン・サン・ミシェル

*ローマの歴史地区:正式名称は『ローマの歴史地区と教皇領、サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂』

[2]イタリアの『ローマの歴史地区と教皇領、サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂』に含まれる建造物の組み合わせとして、正しいものはどれでしょうか

①ノートル・ダム大聖堂 ー フォロ・ロマーノ
②ノートル・ダム大聖堂 ー タージ・マハル
③コロッセウム ー フォロ・ロマーノ
④コロッセウム ー タージ・マハル

[3]『富岡製糸場と絹産業遺産群』の「富岡製糸場」の工場は、何とよばれるつくりで築かれたでしょうか。

①木骨レンガ造
②鉄筋コンクリート造
③校倉造
④権現造

[4]江戸時代初期にほぼ現在の姿となったのち、何度も修復を経た世界遺産があります。1956年に始まった「昭和の大修理」では礎石を取り替えるな大規模な修復を行いました。その遺産は何でしょうか。

①『古都奈良の文化財』の東大寺
②『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の首里城
③『厳島神社』
④『姫路城』

[5]『白川郷・五箇山の合掌造り集落』がある地域で伝統的に行われていた産業は何でしょうか

①陶磁器の製造
②養蚕
③りんごの栽培
④バラの栽培

以下回答です。

[1] ① [2] ③ [3] ① [4] ④ [5] ②  

過去の関連記事はコチラから 富岡製糸場 姫路城 白川郷・五箇山

 いかがでしたか?「ローマのコロッセオ」海外旅行が好きな方、世界の歴史が好きな方、そして世界遺産が好きな方であれば聞いたことがあると思います。しかしこんな有名な建造物は、イタリアにある54の世界遺産のうちのひとつの世界遺産のそのまた構成遺産の一つです。イタリアの世界遺産おそるべし。

皆様の中には既に訪れたことがある方も多いと思います。私はイタリア自体に踏み入れたことがありませんので、その日が来るのを心待ちにしています。

では、また明日お待ちしています。 tomo  

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ にほんブログ村 世界遺産ランキング

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定3級4級
世界遺産検定4級、出題のポイントまとめ(世界の遺産編)

ご訪問ありがとうございます。 昨日に引き続き、世界遺産検定4級試験を受験される方むけに、過去問題から …

世界遺産検定3級4級
世界遺産検定4級、出題のポイントまとめ(日本の遺産編)

ご訪問ありがとうございます。 世界遺産検定4級試験を受験される方むけに、過去問題から各世界遺産の出題 …

世界遺産検定3級4級
2
タプタプアテア・カッパドキア(4級)

この記事は世界遺産検定4級試験学習用に製作しています。 本日は、まだこれまで学習記事にしていなかった …