地球の歴史①ドロミテ山塊

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日から自然遺産について学びます。
自然遺産はお好きですか?
壮大で広大な大自然の景観や、神秘的な空気感の漂う場所まで様々ですね。

地球上にこんな場所があったんだという発見がありそうで、今からワクワクしています。

まずは、イタリアの自然遺産です。
イタリアは文化遺産のイメージが強いので、こんな場所があったんだな、と早速ウキウキしています。

では、楽しみながら学びましょう。
本日もありがとうございます。

ドロミテ山塊

イタリア共和国
<自然遺産>
登録年:2009年
登録基準:(ⅶ)(ⅷ)
歴史を物語る化石が眠る独特な自然美

アルプス山脈の北部にある『ドロミテ山塊』は、標高3,000m以上の山が18峰も存在する山岳群です。
一帯の面積は約1,400㎢におよびます。
世界遺産は、ペルモ・ヌボラウ、マルモラーダ、パーレ・ディ・サンマルティーノなど、9つの構成資産からなります。

オーストリアとの国境近くに広がる山塊は、高く切り立つ尖峰や岩塔と灰白色の岩肌が特徴的です。
地質学的にも特異なこの山塊は、太古の地殻変動によって隆起した珊瑚礁が氷河に削られ、さらなる浸食作用で形成されました。

1790年にフランスの鉱物学者ドロミウが現在のドロミテ山塊付近で発見した岩石が、彼の名前をとって「ドロミア(ドロマイト)」と命名されました。
そこから19世紀半ばに山々がドロマイトのアルプスを意味する「アルピ・ドロミティケ」と呼ばれるようになり、後に現在の「ドロミティ(英語でドロミテ)」となったそうです。

ドロミテ(苦灰石)は炭酸マグネシウムを多く含んだ脆い石灰岩でできているため、ドロミテ山塊は小塔のように突き出た尖峰をいくつももっています。
そうした地質に加えて地滑りなどによってできた垂直に切り立った断崖や狭くて深い谷、神秘的な色をたたえる湖などは、美しい山の景観を生み出しています。
またこの場所では、氷河地形やカルスト地形も見られます。

この地域は化石の産地でもあり、*中生代のサンゴによってつくられた炭酸塩を含む地層がよく保存されています。
一帯では、約2億5,200万〜2億100万年前の三畳紀の海洋生物の化石が見られます。

*中生代:古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代の大きな区分の一つである。約2億5217万年前から約6600万年前に相当し、魚竜・首長竜・モササウルス・恐竜が生息していた時期にほぼ対応する。

練習問題

[1]次の3つの説明文から推測される世界遺産として、正しいものはどれか。
ーイタリアのアルプス山脈の北部にある、標高3,000m以上の山が18峰も存在する山岳群
ーペルモ・ヌボラウ、マルモラーダ、パーレ・ディ・サンマルティーノなど、9つの構成資産からなる
ー化石の産地でもあり、中生代のサンゴによってつくられた炭酸塩を含む地層がよく保存されている

①ヨセミテ国立公園
②ドロミテ山塊
③テ・ワヒポウナム
④カナイマ国立公園

解答とエンディング

解答 [1]②

いかがでしょうか。
自然遺産は画像を見ているだけでも癒されますね。
ただ、写真だけで、どの山か判別するのが難しい場所もあるのでは…と思ったりしています。

明日もお楽しみに。

ではまた。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
氷河地形①ヨセミテ国立公園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 ヨセミテ国立公園 アメリカ合衆国 <自然遺産> …

世界遺産検定2級
カルスト地形③ハ・ロン湾、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日もカルスト地形が作り出す景観の世界遺産です。 …

世界遺産検定2級
カルスト地形②プリトヴィツェ湖群国立公園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日はクロアチア共和国にある世界遺産です。 紛争 …