古代ギリシャとヘレニズム②アスクレピオス、他

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日学習する世界遺産はギリシャ共和国の3件です。
◆エピダウロスにあるアスクレピオス
◆デルフィの考古遺跡
◆ピリッポイの考古遺跡

さっそく学習に入りたいと思います。
本日もよろしくお願いいたします。

①エピダウロスにあるアスクレピオス

ギリシャ共和国
<文化遺産>
登録年:1988年
登録基準:(ⅰ)(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)(ⅵ)
ギリシャで最も美しい劇場が残る医真の聖地

エピダウロスはギリシャ・ペロポネソス半島東部に位置する古代ギリシアの港湾都市です。
医療の神アスクレピオスのゆかりの地であり聖地となっています。
エピダウロス遺跡は、ギリシア神話の名医アスクレピオスを祀る聖域の遺跡で、港町エピダウロスからは8km離れた内陸にあります。

この地には紀元前390年頃に建築家のテオドロスによって建てられたアスクレピオス神殿があります。
アスクレピオス神殿は、*ドーリア式の神殿で、病気に苦しむ多くの巡礼者を集めました。
神殿の周囲には医療施設や運動施設、劇場が建てられ、大規模な医療センターへと発展しました。

*ドーリア式:古代ギリシア建築における建築様式のひとつ。神殿建築の初期の様式で、装飾は少なく荘重とされている。代表例としてはアテネのパルテノン神殿がある。

聖域の南東に残る劇場は、紀元前4世紀に小ポリュクレイトスにより設計されました。
1万5000人の観客を収容することができる巨大さと左右対称の美しさを持つこの劇場は、ギリシャ世界で最も美しいと評されています。

②デルフィの考古遺跡

ギリシャ共和国
<文化遺産>
登録年:1987年
登録基準:(ⅰ)(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)(ⅵ)

デルフィはギリシャ中部パルナッソス山の南麓に位置し、かつてのポリス(都市国家)です。
宗教の中心として栄え様々な宗教儀式が行われ、芸術やスポーツ競技の中心地でもありました。

『デルフィの考古遺跡』はオリンポス十二神の一神で、予言と音楽をつかさどる太陽神アポロンの聖地です。
「世界のへそ(中心)」と考えられていたデルフィには、巫女による「*アポロン神託」が行われたアポロン神殿があります。

アポロン神殿には不揃いの6本の円柱が正面にあり、側面には15本の柱が並びます。
ドーリア式の神殿は、紀元前6世紀ごろに造られたものは焼失し、現存するのは紀元前4世紀に建てられたものです。
アポロン神殿の入口には、「汝自身を知れ」という有名な格言が掲げられていました。
また、「分を越えるなかれ(過重なことを求めてはいけない)」と「無理な願いはしてはいけない」といった意味の言葉も掲げられていたそうです
神殿の中央には、祭壇がありアポロンの像が置かれていました。

神殿の他にもデルフィには、紀元前8〜4世紀に栄えた、ギリシャ世界随一の聖地であった当時の建造物が数多く残されています。

③ピリッポイの考古遺跡

ギリシャ共和国
<文化遺産>
登録年:2016年
登録基準:(ⅲ)(ⅵ)

ピリッポイは、ギリシャ北東部に位置する都市です。
ローマとビザンティンを結ぶエグナティア街道上に位置しており、ヨーロッパとアジアを繋ぐ重要な要所として発展し、劇場や寺院、広場などが建設されました。

ピリッポイは、紀元前356年にマケドニア王*ピリッポス2世によって創建されました。
紀元前42年のフィリッピの戦い以降はローマ化し「小ローマ」として発展しました。

*ピリッポス2世:アレクサンドロス大王の父。マケドニアを改革し、強国へと成長させた。

都市にはヘレニズム式の外壁や劇場、ローマ式のフォーラムや神殿、聖堂が混在する。

またピリッポイはパウロがキリスト教を伝導した場所でもあります。
紀元後40〜50年のパウロの訪問後は、キリスト教信仰の中心地となりました。
ヨーロッパで初めてキリスト教教会が設立されています。
遺跡内には、初期キリスト教時代に建設されたバシリカが残っており、敷石のモザイク碑文から「パウロ聖堂」と呼ばれています。

ピリッポイの古代遺跡は、古代ローマの遺跡と初期キリスト教遺跡の両面から評価された貴重な遺跡です。

④練習問題

[1]『エピダウロスにあるアスクレピオス』に関する、次の文中の空欄に当てはまる人物名として、正しいものはどれか。
医療の神アスクレピオスの聖地であるエピダウロスには、紀元前390年頃(   )によって建てられたアスクレピオス神殿がある。

①アイスキュロス
②バハウッラー
③アンリ・プロスト
④テオドロス

[2]次の3つの説明から推測される世界遺産として、正しいものはどれか。
ーギリシャ中部パルナッソス山の南麓にあるかつての都市国家である。
ーオリンポス十二神の一神で、予言と音楽をつかさどる太陽神アポロンの聖地である。
ー巫女による「アポロン神託」が行われたアポロン神殿がある。

①アテネのアクロポリス
②デルフィの考古遺跡
③エルサレムの旧市街とその城壁群
④メテオラの修道院群

[3]『ピリッポイの考古遺跡』に関する、次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
ギリシャ北東部の都市ピリッポイは、ヨーロッパとアジアを結ぶ(  )が通る交通の要所であった。

①シルク・ロード
②アッピア街道
③エグナティア街道
④ハイランドの道

⑤解答とエンディング

解答 [1]④ [2]② [3]③

いかがでしたか。
ギリシャは私もすごく興味のある国です。情勢が不安であった時期もあり、なかなか訪れることができませんが、絶対にいつかは行ってみようと思います。
本日は、一見すると似通った3つの世界遺産でしたが、それぞれに背景があって記憶に残りやすい世界遺産だとは感じました。

明日もまた3つの世界遺産をご紹介していく予定です。
ここまで読んでいただいてありがとうございました。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
近現代建築①ブラジリア

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日より、学習テーマは近代建築です。 知っている …

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式⑦ウェストミンスター宮殿、ストックレ邸

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日は、イギリス、そしてベルギーの世界遺産です。 …

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式⑥ヴュルツブルク、ヴィース

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日もヨーロッパの建築様式について、バロック様式 …