初めまして

ご訪問ありがとうございます

初めまして。tomoと申します。

ありがちな名前ですが、以後お見知りおきいただけると幸いです。

写真世界遺産が大好きです。ですが全てが中途半端。

もっとそれらの世界にハマるべく、このblogを始めました。

世界遺産について学ぶため、世界遺産検定の取得を目指します。

更にはいつか、世界遺産検定マイスターとなり、世界遺産を制覇する。

そんな事を夢見る日々を綴ります。

勝手ながら11月13日は「良い遺産の日」として

本日よりこのブログを開設します。

「学びながら世界遺産を旅しよう」と言う

希望を込めたブログにしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ウルル(エアーズロック)@オーストラリア ウルル-カタジュタ国立公園内に存在する単一の岩石 1987年に世界遺産に登録(複合遺産)

 

世界遺産検定とは

世界遺産検定を主催するのは「NPO法人 世界遺産アカデミー」です。「世界遺産アカデミー」のHPなどによると、世界遺産検定は『人類共通の財産・宝物である世界遺産についての知識・理解を深め、学んだ内容を社会へ還元することを目指した検定』です。

また、世界遺産について学ぶ意義としては、世界にあるさまざまな文化や自然、多くの価値観の違う人々の暮らしなど、世界の多様性のシンボルである世界遺産について学ぶことで世界の文化や歴史、自然の豊かさの一端を知ることができる。それらを知り、関心を広げることが平和な世界に繋がるという事だそうです。ユネスコの目指す「平和な世界の実現」というところです。

また、世界遺産検定のメリットとして『世界遺産検定で学ぶことにより、一人ひとりが生きていく上で拠り所となる豊かな知識を身に付けることができます。そうした世界遺産の知識は、旅行の時だけでなく、進学や就職、仕事など、人生のさまざまな場面で役に立ちます』とされています。具体的な内容は世界遺産アカデミーのHPをご覧ください。

https://www.sekaken.jp  

世界遺産の魅力

2018年7月、日本に世界遺産が増えたのは記憶に新しいところです。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として12の構成資産が登録されました。私も早速、その中の一つ「大浦天主堂」へ足を運びました。

大浦天主堂@長崎

皆さんは、お好きな世界遺産はありますか?一つを選ぶというのは難しいかもしれませんね。私自身、日本の登録されている22の世界遺産でさえ好きな順番に並べることはできません。因みにまだその半分ほどしか観た事がありませんので、世界遺産好きを公言するにはまだまだ足りないと思います。

世界に1,000以上ある世界遺産のうち、私が訪れたのは僅か36カ所です。一生のうちにどのくらいの世界遺産を目にする事ができるのでしょうか。

私が世界遺産に興味を持ったのは、おそらく10歳くらいの頃だとおもいます。当時、世界の七不思議としてよく特集などが組まれていた、マチュピチュやナスカの地上絵、そしてイースター島のモアイを観た時、なんとも言えないモノを心の奥に感じました。言葉にするならおそらくロマン。当時の夢はその場所を旅する事でした。大人になるに連れ、その思いも薄れてしまいましたが、あの頃の見たこともないものを見たときの心を揺さぶられる感覚というのが、大人になり、旅の中で出逢うさまざまな景色によって呼び起こされたような気がします。

世界遺産が正にその最たるものです。初めて目にする光景には、その場に立つだけで、たとえそれが画面の向こうの映像であったとしても、その文化や歴史を垣間見る事で、脈々と受け継がれてきたであろう、熱い想いが伝染して、底知れぬロマンを感じてしまうのです。奥のほうに眠る想像力が掻き立てられ、胸が熱くなるのです。

世界遺産検定取得を目指して

前置きがずいぶん長くなりましたが、このblogを書き綴ることで世界遺産検定取得を目指していきます。参考にする教材として「NPO法人 世界遺産アカデミー」が監修しているテキストや、過去の問題集、ユネスコのHPなどを使用します。

各項目について学習した後に、該当する問題を行うという流れで、このblog自体を世界遺産について学ぶ場として提供したいと思っています。とはいえ個人の趣味のレベルですので、合格を確約するものではありませんが、世界遺産や旅に興味のある方は、ぜひ遊びにきてください。  

tomo

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください