カトリック、プロテスタント③ヴァティカン・ベツレヘム

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日の世界遺産は
◆ヴァティカン市国
◆イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路

聖地は多くあれども、どちらもキリスト教にとって重要な2件です。

2019年での試験の出題率も割と高めの世界遺産ですので、しっかり見ていきましょう!
本日もよろしくお願いいたします。

①ヴァティカン市国

ヴァティカン市国
<文化遺産>
登録年:1984年
登録基準:(ⅰ)(ⅱ)(ⅳ)(ⅵ)
カトリック教会の総本山

ローマ市内の一角にあるヴァティカン市国は、世界最小の独立国です。
ローマ教皇庁がおかれるキリスト教の聖地であり、カトリック教会の総本山でもあります。
ローマ教皇が国家元首を務め、国全体が世界遺産登録されている世界で唯一の場所です。

イエス・キリストの最初の弟子であるペテロの墓所に立つサン・ピエトロ大聖堂は、宗教建築としては世界最大級の大きさを誇っています。
15世紀にドナート・ブラマンテを主任建築家として始まった大規模な改築工事を、ミケランジェロが引継ぎ1626年に完成しました。
システィーナ礼拝堂にはミケランジェロによる『最後の審判』のフレスコ画が見られます。

歴史
326年、キリスト教を公認したローマ帝国皇帝コンスタンティヌス1世が、イエス・キリストの使徒聖ペテロ殉教の地(墓所)であるヴァチカンの丘にサン・ピエトロ寺院を建造したことから始まりました。
ヴァチカンでは聖ペテロが初代法王とされています。その後ヴァチカンはカトリック教会の本拠地として発展しました。
8世紀にはフランク王国からの寄進などにより、統一される以前のイタリア各地に法王領を持つようになりました。
以後、欧州情勢によって拡大・縮小を繰り返す法王領が現在のヴァチカン市国の基礎となります。19世紀にはイタリア王国との確執により約半世紀の間、イタリアとバチカンの国交は断絶していました。
1929年に「ラテラノ条約」が結ばれ、ようやくイタリアは独立した主権国家としてのバチカン市国を承認し、現在に至っています。

②イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路

パレスチナ自治政府/危機遺産
<文化遺産>
登録年:2012年/2012年危機遺産登録
登録基準:(ⅳ)(ⅵ)
イエスが生まれたとされる聖地

世界中のキリスト教徒が巡礼に訪れるパレスチナ自治区のベツレヘムには、イエスが生まれたとされる場所に建てられた聖誕教会が立っています。
聖誕教会には、ローマ・カトリックやギリシャ聖教、フランシスコ会やアルメニア教会の女子修道院や教会なども含まれます。
また世界遺産には鐘楼や庭園、巡礼路なども登録されています。

339年に、イエスが産まれたとされる洞窟の上に教会が建てられました。
6世紀に火災で焼失しましたが、その後にオリジナルの床も細工を生かし再建されたのが現在まで受け継がれている聖誕教会です。

聖誕教会

漏水による建物破損などからの緊急的な保護が必要であると判断され、正規の登録手順をふまず「緊急的登録推薦」で登録されたました。
しかし、イスラエルとの抗争が止まず、教会の維持・補修が困難なこともあり、登録と同時に危機遺産リストにも記載されました。

③練習問題

[1]「カトリック」ゆかりの地である『ヴァティカン市国』の説明として、正しくないものはどれか。

①国全体が世界遺産登録されている世界で唯一の場所である
②サン・ピエトロ大聖堂は、イエス・キリストの最初の弟子であるペテロの墓所に立つ
③システィーナ礼拝堂にはミケランジェロによる『最後の審判』のフレスコ画がみられる
④登録範囲には、サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂も含まれる

[2]『イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路』と『オリーヴとワインの土地-バティールの丘:南エルサレムの文化的景観』はいずれも危機遺産に登録されている。これらの遺産の共通点として正しいものはどれか。

①都市開発の影響により危機遺産に登録された
②シリア・アラブ共和国が保有している
③緊急的登録推薦で登録された
④IS(イスラム国)により遺産の一部が破壊された

④解答とエンディング

解答 [1]④ [2]③

いかがでしたでしょうか。
ヴァティカン市国は、私自身も訪れたことがある場所で、「最後の審判」も見ることができました。
ベツレヘムについては、ボリュームの少ない内容になっています。試験の過去問題では、他の世界遺産との組み合わせで出題されている問題が数問ありました。
問[1]の④「サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂」はローマの歴史地区に関する世界遺産の構成資産になります。
問[2]の『オリーヴとワインの土地-バティールの丘:南エルサレムの文化的景観』については、学習リンクを貼っておきますね。
文化的景観③ブドウ・ワイン・オリーブ

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

また明日もお待ちしています。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
世界の宗教②タプタプアテア、メルヴ、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習する世界遺産は3件 ◆タプタプアテア ◆ …

世界遺産検定2級
世界の宗教①黄山

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日から「世界の宗教」というパートに入ります。 …

世界遺産検定2級
仏教⑥雲岡石窟、ラサのポタラ宮

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日は、中国の世界遺産2件を学習します。 同じ中 …