文化的景観③ブドウ・ワイン・オリーブ

世界遺産検定2級
1

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日も文化的景観の認められた世界遺産を学習します。
ぶどう畑や、ワイン、オリーブなどが生産されています。
『ラヴォー地域のブドウ畑』
『アルト・ドウロのワイン生産地域』
『オリーヴとワインの土地-バティールの丘:南エルサレムの文化的景観』
の3つの文化遺産です。

本日もよろしくお願いします。

①ラヴォー地域のブドウ畑

スイス連邦/文化的景観
<文化遺産>
登録年:2007年
登録基準:(ⅲ)(ⅳ)(ⅴ)
ブドウ畑と人間の営みが織りなす景観
ラヴォーは、スイス・ヴォー州ローザンヌからモントルー郊外のシヨン城にかけて広がる、レマン湖北岸の丘陵地帯のことを指します。
このラヴォー地区のレマン湖に沿う様にブドウ畑が広がり、その距離はやく30kmにも及びます。

この地方におけるワイン製造の歴史は11世紀に遡り、カトリック修道会のシトー会ベネディクト会の修道士たちによって始まり、1000年を超える現在もその生産が続いています。

急斜面のブドウ畑の間に民家やワイン工場が点在し、アルプス山脈をあおぐワイン産地の景観を生み出しています。
自然と共存しながら美しい景観と文化を守りつつ、主力産業として地域経済に貢献している稀有な成功例としての高い価値を認められ、世界遺産に登録されました。

②アルト・ドウロのワイン生産地域

<自然遺産>
ポルトガル共和国/文化的景観
登録年:2001年
登録基準:(ⅲ)(ⅳ)(ⅴ)

アルト・ドウロ・ワイン生産地域はポルトガル北部のドウロ川上流に位置するブドウの段々畑で、この地域の気候は夏は暑く、冬は雨量が少ないのが特徴です。
この地域は2,000年以上もブドウ生産の歴史をもつワインの生産地でもあります。

アルト・ドウロ・ワイン生産地域でワインの生産が本格的になったのは、3~4世紀にかけてのローマ帝国時代と考えられています。
また、現在多くの愛好家が存在する程になった、「ポート・ワイン」が生産され始めたのは14世紀頃といわれています。
香り高く甘味が強いポート・ワインは18世紀以来、世界でも人気を誇るワインのひとつとなっています。

村には伝統的なワイン製造施設が点在し、また生活の風景と一体化した独特の景観を形成しています。

ドウロ川はスペインを水源とするイベリア半島を流れる重要な川のひとつでもあります。
アルト・ドウロ・ワイン生産地域で生産されたブドウの搾り汁がドウロ川を下って下流のポルトガル北部の港ポルトへと運ばれ、ポート・ワインとなります。
そこからヨーロッパ各地へと輸出されていくようになりました。

③オリーヴとワインの土地-バティールの丘:南エルサレムの文化的景観

パレスチナ自治政府/文化的景観
<文化遺産・危機遺産>
登録年:2014年(2014年危機遺産登録)
登録基準:(ⅳ)(ⅴ)

エルサレム南部に位置するバティールの丘には、石造りの段々畑が続く渓谷の景観が広がります。
バティールは12世紀以来、パレスチナ中部における主要な野菜生産地のひとつでした。
野菜を作るために灌漑された畑では、アーモンド、アンズ、イチジクなどの果樹や栽培され、灌漑されていない乾燥した土地にはオリーブとブドウの木が植えられ栽培されています。

灌漑はこの地に独特な景観を生み出し、また水を利用した農業の持続性も示しています。
イスラエルが計画を進めている分離壁の建設によってバティールの段々畑と灌漑システムが破壊される恐れがあるとして、緊急的登録推薦で登録されました。

この推薦に対し国際記念物遺跡会議(ICOMOS)が、世界遺産となるための要件である顕著な普遍的価値の他、緊急性も認められないとして「不登録」を勧告しましたが、パレスチナは第38回世界遺産委員会において取り下げを行わずに審議に臨みました。
最終的に投票による賛成多数によって逆転での登録が認められ 、同時に危機遺産にも登録されました。

 

④練習問題

[1]「文化的景観」の3つのカテゴリーのひとつで、「社会や経済、政治、宗教などの要求によって生まれ、自然環境に対応して形成された景観」として、正しいものはどれか。

①関連する景観
②意匠された景観
③有機的に進化する景観
④真正性を持つ景観

[2]『ラヴォー地域のブドウ畑』に関する次の文中の空欄に当てはまる語句として、正しいものはどれか。
スイスの羅ボー地域では、カトリック修道会のベネディクト会と(   )の指導のもと、11世紀からワイン生産が続いている。その地のブドウ畑の景観が、文化的景観として世界遺産に登録されている。

①シトー会
②イエズス会
③聖ヨハネ騎士団
④テンプル騎士団

[3]『アルト・ドウロ・ワイン生産地域』で生産されたブドウの搾り汁が下流のポルトガル北部の港ポルトへと運ばれる際に経路となる川で、イベリア半島を流れる重要な川として、正しいものはどれか。

①コロラド川
②ドウロ川
③ライン川
④ドナウ川

[4]イスラエルが分離壁の建設を計画したことから、パレスチナの緊急的登録推薦で登録された遺産で、正しいものはどれか。

①ラヴォー地域のブドウ畑
②アルト・ドウロのワイン生産地域
③オリーヴとワインの土地-バティールの丘:南エルサレムの文化的景観
④メイマンドの文化的景観

⑤解答とエンディング

解答 [1]③ [2]① [3]② [4]③

いかがでしたでしょうか。
過去問題が見当たらなかった遺産については、今日もオリジナルの問題を入れています。
文化的景観についての復習記事のリンクも貼っておきます。
基礎知識④世界遺産登録の流れ

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
歴史地区と旧市街④ポルト、リガ

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の世界遺産はポルトガルとラトビアです。 私も …

世界遺産検定2級
歴史地区と旧市街③ブダペスト・シギショアラ

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の世界遺産は、ハンガリーとルーマニアからです …

世界遺産検定2級
2
歴史地区と旧市街②プラハの歴史地区

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日学習するのは、チェコ共和国の歴史地区プラハで …