古代都市③ヒッタイトの首都ハットゥシャ

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日学習する世界遺産は、昨日に引き続きトルコ共和国の遺構です。
ネット調べによると、この遺跡は旅行者によって発見されたそうです。
突然遺跡が目の前に現れた時って、どんな風になるんでしょう。想像もつかないですね。

では、本日もよろしくお願いします。

ヒッタイトの首都ハットゥシャ

トルコ共和国
<文化遺産>
登録年:1986年
登録基準:(ⅰ)(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)
史上初めて鉄の文明を手にしたヒッタイト王国の首都

ハットゥシャの遺跡は、トルコ中央部ボアズカレ地方の東西約1.3km、南北約2.1kmの範囲に広がっています。
これはアナトリア(小アジア)に君臨したヒッタイト王国の首都遺跡です。
ヒッタイトは、現在のトルコに高度な文明を築いた古代民族、および彼らが建国した帝国です。
王国は紀元前17〜前13世紀と非常に長期間にわたって繁栄しました。

この地を拠点とした騎馬民族のヒッタイト人は、優れた製鉄技術をもっており、その技術を独占しました。
彼らは鉄製の武器や機動力の高い軽戦車を駆使して周辺国を次々と滅ぼし、最盛期にはメソポタミアにまで領土を拡大しました。

繁栄を遂げたヒッタイトは、エジプトやバビロニアとともに古代オリエントの3大強国に数えられました。
しかし、紀元前12世紀に地中海から侵入してきた「海の民」と呼ばれる民族によってハットゥシャを破壊され、滅亡したと考えられています。
滅亡した原因については他にも諸説あり、はっきりとはわかっていないそうです。

イェルカプとスフィンクスの門

ハットゥシャ遺跡は、保存状態も良好でありヒッタイト期を代表する建築物となっています。
二重の城壁に囲まれたハットゥシャの廃墟には、岩にレリーフが刻まれたヤズルカヤ神殿があり、ここでヒッタイト人が彼らの神に祈りを捧げていたと考えられています。
他にもスフィンクスもんなど多くの門があり、また城外に通じる地下道や貯蔵庫、王宮などの遺跡が残っています。

ハットゥシャの東にあるビュユックカレと呼ばれる大城塞は、ヒッタイト帝国の末期までは皇帝達の住まいでした。
かつては長方形の塔がついた強靭な壁に包囲され、内部には祈りの間や会議室、図書室、貯水場など、様々な目的のための多くの施設が設けられていました。

ビュユックカレ(大城塞)

この跡からは、楔形文字くさびがたもじが記された2万枚以上もの粘土板が20世紀初頭に出土しています。
ヒッタイトとエジプトが「カデシュの戦い」後に結んだ和平文書らしきものも含まれています。

謎の多いヒッタイト王国の実情を知る上で貴重な手がかりとなっています。

練習問題

[1]『ヒッタイトの首都ハットゥシャ』を拠点としたヒッタイト人が持っていた優れた技術( A )と、この地で発掘された年度版に記されていた文字( B )の組み合わせとして、正しいものはどれか。

①A.製鉄技術 ー B.東巴文字
②A.製鉄技術 ー B.楔形文字
③A.灌漑技術 ー B.東巴文字
④A.灌漑技術 ー B.楔形文字

解答とエンディング

解答 [1]②

いかがでしたでしょうか。
今日の世界遺産は割とポイントを押さえやすい気がします。
問題数1問で少し物足りなかったでしょうか。
問題の選択肢にあった「東巴文字」に関連する世界遺産について、忘れてしまったという方のために学習リンクを貼っておきます。
合わせてご確認ください。
文化の多様性⑥麗江の旧市街、他

では、また明日もお待ちしています。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
近現代建築①ブラジリア

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日より、学習テーマは近代建築です。 知っている …

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式⑦ウェストミンスター宮殿、ストックレ邸

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日は、イギリス、そしてベルギーの世界遺産です。 …

世界遺産検定2級
ヨーロッパの建築様式⑥ヴュルツブルク、ヴィース

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日もヨーロッパの建築様式について、バロック様式 …