アジア諸国へキリスト教の広がり(潜伏キリシタン・ゴア)

世界遺産検定3級
3

本日もご訪問いただきありがとうございます。
4月から世界遺産検定受験のための練習問題を行っていましたが、過去の記事の中で、まだ取り扱っていなかった世界遺産があったので、本日はそちらの学習記事を優先させています。

『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』と『ゴアの聖堂と修道院』について、世界遺産検定公式テキストからの引用記事です。
『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』については以前にも【長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産】で記事は書いていますが、試験対策としては本日の記事を参照いただいた方がいいです。
明日の過去問題にも関連している、世界遺産ですので、しばしお付き合いくださいませ。

①長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

登録年:2018年
登録基準:(ⅲ)
日本独自のキリスト教信仰を伝える

『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』は、キリスト教が日本で禁じられていた17世紀から19世紀の約250年間も、民衆によって信仰が伝えられてきたことを証明している。
「潜伏キリシタン」とは、その禁教期に密かに信仰を続けた人々のことを言う。
構成資産は国宝の大浦天主堂のほか集落、城跡からなり、4つの時代に分けられる。

「1.始まり」
16世紀半ばにフランシスコ・ザビエルが伝えたキリスト教を、豊臣秀吉や徳川幕府が禁止する中、キリシタンたちが密かに信仰を続けることを決意した時代。
原城跡は、キリシタンたちが天草四郎を総大将として幕府軍と戦った「島原・天草一揆」の主戦場で、この後に海禁体制(*鎖国)が確立され、潜伏キリシタン の歴史が始まった。

*鎖国:江戸幕府が、日本人の海外渡航禁止と外国船来航を規制した体制(1641年〜1854年)

「2.形成」
潜伏キリシタンたちが密かに信仰を続ける努力を行った時代。
山や島への自然崇拝にキリスト教の聖地を重ね合わせた「平戸の聖地と集落」、漁村独特の方法を用い貝殻などの身近なものを信心具として代用した「天草の崎津集落」、神社の氏子を装いながら信仰を続けた「外海の大野集落」などがある。

「3.維持、拡大」
潜伏キリシタンたちがより信仰を隠しやすい五島列島の島々に移住していた時代。
病院の療養地「頭ケ島の集落」や神道の聖地「野崎島の集落跡」などがそれを示している。

「4.変容、終わり」
1865年の「信徒発見」から各地に教会堂が築かれ、キリシタンたちの潜伏が終わる時代。
開国によって来日した宣教師に、潜伏キリシタンが信仰を告白した「信徒発見」は、奇跡としてローマ教皇にも伝えられた。
この時代を証明するのが、大浦天主堂である。

<英語で読んでみよう>

Nagasaki and Amakusa district have a heritage Christian faith that tell a cultural tradition built up by hidden Christians.
They continued in an era when Christian religion was prohibited, getting involved in the traditional Japanese religions and daily living.

 

②ゴアの聖堂と修道院

登録年:1986年
登録基準:(ⅱ)(iv)(ⅵ)
キリスト教アジア布教の拠点

インド南西部の港町ゴアは、16世紀前半にポルトガル領となり、その首都として栄えた。
ポルトガルのリスボンと定期航路で結ばれ、喜望峰を経由した海上交易が行われた。
最盛期には20万人以上の人口があったとされ「黄金のゴア」と呼ばれた。
また、ゴアはアジア諸国へのキリスト教布教の拠点となった。

イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルの来訪後、60にも及ぶルネサンス様式、バロック様式、*マヌエル様式の、修道院が建設された。
ザビエルはゴアから日本へ渡っている。長崎を訪れた宣教師たちもゴアを経由して訪日している。

世界遺産に登録されているのは、市街に残る10あまりの建造物群である。
ルネサンス様式とバロック様式が融合した協会ボム・ジェズ・バシリカにはザビエルの遺体が安置されている。

*マヌエル様式:ポルトガルで生まれた建築様式で、ロープや天球儀などの海にまつわる装飾が特徴。

 

本日はここまでになります。

さて明日は、2019年7月の過去問題のラスト6問を出題します。

内容は定番の「信仰と宗教」に関連する問題で、本日のブログの内容と併せて、下記予習用の記事もご確認ください。
古都奈良の文化財
信仰の山(富士山・トンガリロ国立公園)
墓所(日光の社寺・始皇帝陵と兵馬俑坑)
地震
地中海世界の形成(オリエント)(ペルセポリス・ビブロス)
平和を希求(平泉・ラリベラの岩の聖堂群)
文化交流(法隆寺・サマルカンド)

今日は、過去問題なしの記事になり申し訳ありません。

全問正解を目指して明日も頑張りましょう!

では

tomo
ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定3級
文化の多様性①バリの文化的景観

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 3級の学習はこちら 4級の学習はこちら 今日の学 …

世界遺産検定3級
シリアル・ノミネーション/トランスバウンダリー④ワッデン海、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の学習は自然遺産と複合遺産です。 トランスバ …

世界遺産検定3級
2
日本の遺産㉑小笠原諸島

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 3級の学習はこちら 固有の生態系(小笠原諸島・ガ …