東南・中央アジア世界の形成(ポタラ宮、ブルカン・ドゥン、高句麗古墳)

本日は昨日に引き続き東南・中央アジアの世界遺産から「ポタラ宮」「ブルカン・ドゥン」「高句麗古墳」を紹介します。
世界遺産としてはあまりメジャーではありませんが、それぞれ独特の文化背景を持っています。
世界遺産検定ではあまり問われる事のない遺産ですが、モンゴルや北朝鮮にある数少ない世界遺産については、ぜひポイントを押さえておいてください。

①ラサのポタラ宮歴史地区(中華人民共和国)

登録年:1994年/2000年、2001年範囲拡大
登録基準:(ⅰ)(ⅳ)(ⅵ)
チベット仏教の聖地ラサにそびえる宮殿

標高約3650mに位置するラサは、チベット仏教の聖地でありチベットの政治・文化の中心である。
ラサをチベットの都としたのは、7世紀初めにチベットを統一した吐蕃(とばん)の王ソンツェン・ガンポである。
ソンツェン・ガンポは、インドと中国(唐)の仏教文化を積極的に取り入れ、サンスクリット語の経典をチベット語に翻訳させるなど、チベット文化の基礎を築いた。

ポタラ宮は、ソンツェン・ガンポが城を築いた丘に、チベットを統一したダライ・ラマ5世が17世紀に建設を始めた宮殿である。
その後、歴代のダライ・ラマによる増改築の末、1936年に外観13層、約1000部屋を有する現在の姿になった。
内部には、ダライ・ラマの冬の住居で政治や宗教儀式も行われた「白宮(はくきゅう)」と、歴代のダライ・ラマが眠る「紅宮(こうきゅう)」がある。

そのほか、チベット仏教の総本山でソンツェン・ガンポの妃が創建したジョカン寺が2000年に、歴代ダライ・ラマの夏の離宮であるノルブリンカ(「宝の国」を意味する)も2001年に範囲拡大により世界遺産に登録された。

1951年にチベットが中華人民共和国に併合されると、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世はインドへ亡命した。
半世紀以上、主が不在のポタラ宮は中国政府に接収され、現在は博物館となっている。

*チベット仏教:大乗仏教とチベット固有のボン教が融合して成立した仏教

②グレート・ブルカン・カルドゥン山と周辺の聖なる景観(モンゴル国)

登録年:2015年
登録基準:(ⅳ)(ⅵ)
チンギス・ハンゆかりの聖なる山

ブルカン・カルドゥンは、モンゴルの北東部、ヘンティー山脈の中央部に位置し、広大な中央アジアの大草原(ステップ)と針葉樹林(シベリア・タイガ)が接する場所にある。
古くから山岳や「*オボー」と呼ばれる石塚などに対する信仰があり、シャーマニズムと仏教が融合した祭事が行われてきた。
チンギス・ハンがこの地で生まれ、没したと信じられており、ブルカン・カルドゥンへの信仰をもとにモンゴル民族の統一をめざしたとされる。

*オボー:モンゴル各地でみられるチベット仏教の信仰対象となる石塚

人類史上最大の帝国、モンゴル帝国の分裂

13世紀、チンギス・ハンが建てたモンゴル帝国はユーラシア大陸に君臨する大帝国となった。
モンゴル人は家畜が財産であるため分割相続を伝統としていた。
チンギス・ハンの死後、大国は4つのハン国、そして元朝に分裂した。

③高句麗古墳群(朝鮮民主主義人民共和国)

登録年:2004年
登録基準:(ⅰ)(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)
高松塚古墳の女性像と類似

朝鮮半島北部から中国東北部を支配した高句麗は新羅、百済とともに朝鮮の三国時代を形成した。
北朝鮮の首都平壌近くの高句麗古墳群は、高句麗の中・後期に建造された63基からなる古墳群で、古墳に残る壁画は、王を先頭とする華やかな行列や馬にまたがり狩をする姿、台所での調理の様子など多岐にわたる。
中には*松塚古墳の女性像とよく似た壁画もあり、東アジアにおける高句麗の影響力がうかがえる。

*高松塚古墳:奈良県明日香村で発見された藤原京時代(694〜710年)の古墳

高松塚古墳

④本日の練習問題

世界遺産検定3級の過去問題からの出題です

[1]モンゴルの『グレート・ブルカン・カルドゥン山と周辺の聖なる景観』に残る、古くからチベット仏教の信仰の対象とされた石塚の名称として正しいものはどれか

①オボー
②ドルメン
③ストゥーパ
④トゥルッロ

[2]さまざまな民族がもつ伝統的儀礼や風俗習慣、音楽や舞踏などの「生きた文化」を」保護している条約として、正しいものはどれか

①文化多様性保護条約
②少数民族保護条約
③無形文化遺産保護条約
④「世界の記憶」保護条約

以下回答です

[1] ① [2] ③

無形文化遺産についてはコチラ

いかがでしたか?
世界遺産には詳しくなくとも、ダライ・ラマや、チンギス・ハンについては聞いたことがあ理ますね。
個人的にはチベットには興味がありますが、歴史の背景は複雑ですね。
流石に、今回のモンゴルや北朝鮮の世界遺産については画像の入手が困難でしたが、ポタラ宮の画像は美しいものが多かったです。
チンギスハンで検索するとジンギスカンや羊の画像が沢山出てきたのにはガッカリでしたが。

では、また明日もお待ちしています

tomo

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

One comment

  1. 世界遺産好き

    こんにちは!

    やはり海外の世界遺産は覚えるのが難しいですね、、
    宗教的建築物の特殊な呼称や建築者の名前、土地の別称などは
    なじみがなくてかなり苦戦した記憶があります。

    オボーは記憶から出てこなかったです。復習せねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください