大航海時代とキリスト教の海外布教②グアナファト、ポトシ、マカオ

世界遺産検定2級

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。

本日は、大航海時代の遺構3件です。
◆グアナファトの歴史知地区と鉱山
◆ポトシの市街
◆マカオの歴史地区

グアナファトとポトシはともに銀鉱山により栄えた街のようでが、街の景観は違うところが面白いです。
ポトシについては、3級の学習記事がありますので、リンクを貼っておきます。
銀鉱山関連の産業遺産(石見銀山・ポトシ)
楽しみながら学びましょう。
本日もよろしくお願いいたします。

①グアナファトの歴史知地区と鉱山

メキシコ合衆国
<文化遺産>
登録年:1988年
登録基準:(ⅰ)(ⅱ)(ⅳ)(ⅵ)
銀鉱山の発見で大発展を遂げた都市

グアナファトはスペインの植民地時代に発展し、現在でもヨーロッパ風の建物がたくさんあるコロニアル都市で知られています。
メキシコ中央部に位置しており、歴史的な市街と、近辺の銀山から構成される世界遺産です。

グアナファトでは、16世紀半ばに銀鉱山がみつかりました。
18世紀には全世界の25%を占めるほどの銀が算出されていました。

街は発展を遂げ、バロック建築の傑作バレンシア教会堂や*フェリペ2世から寄進された聖母像を祀るサンタ・マリア・デ・グアナファト聖堂が建つ。

*フェリペ2世:1527〜1598 スペイン絶対王政の最盛期を築いたスペイン王

この街の建築物の豪華さは、銀の採掘で潤った鉱山主が競って豪邸を建て、教会の建設にも資金を提供したことにより生み出されました。
しかし、その陰では征服された先住民の多くが銀の採掘や建造物の建立のために労働力としてかりだされ、尊い命を失ったという悲劇があったそうです。

②ポトシの市街

ボリビア多民族国/危機遺産
<文化遺産>
登録年:1987年/2014年危機遺産登録
登録基準:(ⅱ)(ⅳ)(ⅵ)

ボリビア南部のポトシは、アンデス山中の盆地、標高4,000mを超える高所に広がる都市です。
ポトシは、首都としては世界最高地(標高3600m)にあるラパスの南東約440kmに位置しています。

1545年、スペイン人により世界最大級の銀鉱脈が発見され、「セロ・リコ(富の山)」と名付けられました。

銀山を中心に世界有数の鉱山町がつくられ、アマルガム法を用いた銀の精錬で17世紀半ばに最盛期を迎えました。
その後も18世紀前半頃まで銀山の富によって多くの建築が行われてきました。
王立造幣局や、スペインのバロック様式と先住民の文化が融合した*メスティソ様式の教会などが残っています。

メスティソ様式:スペインから伝わったバロック建築の様式に、先住民の文化的要素を加えて生み出された独特の建築様式。
先住民の文化が融合したメスティソ様式の教会などが残っています。

③マカオの歴史地区

中華人民共和国
<文化遺産>
登録年:2005年
登録基準:(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)(ⅵ)

中国南部沿岸に位置するマカオは、16世紀半ばからポルトガルのアジア貿易の拠点となった港町です。
マカオは*林則徐りんそくじょや孫文など、中国史における重要人物との関わりも深いそうです。

歴史的建築物のほとんどは大航海時代に建てられたものです。
ポルトガルのアジア進出の拠点として建設され、ヨーロッパの街並みを思わせる建物や広場、中国の伝統的な寺院が混在しています。

*林則徐は、中国清代の官僚、政治家。欽差大臣を2回務めている。


この街は19世紀末に清から割譲されてポルトガル領となりましたが、1999年に中国に返還されました。
キリスト教布教の中心であった聖ポール大聖堂の建設には、弾圧を逃れてやってきた日本のキリシタン難民もかかわっていたとされているそうです。

④練習問題

[1]『テオティワカンの古代都市』や『グアナファトの歴史地区と鉱山』の保有国として、正しいものはどれか。

①メキシコ合衆国
②キューバ共和国
③イエメン共和国
④南アフリカ共和国

[2]『ポトシの市街』にみられる建築様式である、スペインから伝わったバロック建築の様式に、先住民の文化的要素を加えて生み出された独特の建築様式。

①マヌエル様式
②メスティソ様式
③バロック様式
④ロマネスク様式

[3]次の3つの説明文から推測される世界遺産として、正しいものはどれか。
ー中国南部沿岸に位置する街で、16世紀半ばごろからポルトガルのアジア貿易の拠点となった港町
ー19世紀末に清から割譲されてポルトガル領となったが、1999年に中国に返還された
ー聖ポール大聖堂の建築には、弾圧を逃れてやってきた日本のキリシタン難民もかかわっていたとされる

①杭州にある西湖の文化的景観
②麗江の旧市街
③福建土楼群
④マカオの歴史地区

⑤解答とエンディング

解答 [1]① [2]② [3]④

いかがでしたでしょうか。
本日は、久しぶりに1日3件の世界遺産を学習しました。

明日も3件の世界遺産を学びます。
またお待ちしています。

tomo

2級試験の受験は2021年の7月を目標にしています。
来年の7月といわず早く検定を受けたい方には、公式テキスト購入をお勧めしています。
くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト<第3版>

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

世界遺産ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定2級
氷河地形①ヨセミテ国立公園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 ヨセミテ国立公園 アメリカ合衆国 <自然遺産> …

世界遺産検定2級
カルスト地形③ハ・ロン湾、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日もカルスト地形が作り出す景観の世界遺産です。 …

世界遺産検定2級
カルスト地形②プリトヴィツェ湖群国立公園

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日はクロアチア共和国にある世界遺産です。 紛争 …