交易都市(琉球王国・メラカとジョージタウン)

世界遺産検定3級
3

本日は沖縄とマレーシアの世界遺産を紹介します。

沖縄は私の大好きな場所なので、学習がとても楽しいです。

世界遺産検定4級の学習はこちら

①琉球王国のグスク及び関連遺産群

登録年:2000年
登録基準:(ⅱ)(ⅲ)(ⅵ)
中継貿易で栄えた王国

座喜味城跡

沖縄県那覇市など県内各地に点在するグスク(城塞)と関連遺産は、12〜17世紀に繁栄した琉球文化を今に伝えている。
1429年、中山王(ちゅうざんおう)の尚巴志(しょうはし)が琉球を統一して琉球王国を建てた。
琉球王国は首里を都として、明や日本をはじめ東南アジア諸国との間で中継貿易を行なって大いに栄えた。

沖縄には、海のかなたに神々が住むニライカナイと呼ばれる国があるという信仰が残る。
この信仰をもとに、日本や中国などの影響を受けつつ独特の文化が生まれた。
12世紀ごろから各地の按司(あじ)が築いたグスク跡は、内部に宗教的聖地とされる拝所(うがんじゅ)を設けており、周辺住民の精神的な拠り所となっていた。
首里城内にある園比屋武御嶽石門も拝所の代表例である。

国王の居城で政治の中心だった首里城は、第二次世界大戦の沖縄戦によって焼失したが、戦後に復元された。
焼失前の城壁の遺構や建物の基壇(きだん)などの地下遺構が残されている。
また、北山王の拠点となった今帰仁城跡(なきじんじょうあと)や護佐丸(ごさまる)ゆかりの座喜味城跡(ざきみじょうあと)と中城城跡、12〜13世紀に築かれたとされる阿麻和利(あまわり)が居城とした勝連城跡が登録されている。

勝連城跡

琉球処分

琉球王国は江戸時代初めに薩摩藩の侵略を受け、薩摩藩の支配下にありながら清との朝貢・冊封関係も維持した。
明治時代に入ると新政府は、琉球藩を設置(1872年)。
さらに1879年には武力を背景に琉球藩を廃し、沖縄県を設置した。

英語で読む世界遺産

Ryukyuan farming communities, Gusuku, dotted in various parts of Okinawa, are castles constructed by powerful clans called “Aji” who ruled petty kingdoms between the 12th and 17th centuries.
The history of the Ryukyu Kingdom is handed down to posterity from their religious stone structures.

②メラカとジョージ・タウン:マラッカ海峡の歴史都市(マレーシア)

登録年:2008年/2011年範囲変更
登録基準:(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)
84種類の言葉が聞かれる港町

マレーシア南西部にあるメカラは、14世紀末にマラッカ海峡を支配して成立したマラッカ王国の都であった。
メラカはオスマン帝国やマムルーク朝、明や琉球から多くの商人が集まって大いに栄え、「港では84種類の言葉が聞かれる」といわれた。
明の永楽帝の時代には鄭和(ていわ)の船団の寄港地としても発展したが、明の対外政策が消極的になるとマラッカ王国はイスラム教を受け入れた。

大航海時代にインド航路を独占したポルトガルに1511年に征服されると、1641年にはオランダ領となり、18世紀には礼拝堂に砲台が置かれて要塞となった。
その後、1824年にはイギリス領となったため、マラッカ王国時代、ポルトガル、オランダ、イギリスの各支配時代の建造物がみられる。
ペナン島のジョージ・タウンには、18世紀末からのイギリス統治時代の建造物が残る。

③本日の練習問題

世界遺産検定3級の過去問題からの設問です

[1]『琉球王国のグスク及び関連遺産群』に関し、12世紀ごろから琉球各地に割拠し、グスクを築いて居城とした豪族の呼び名として、正しいものはどれか

①節度使
②按司
③御師
④大王

[2]『琉球王国のグスク及び関連遺産群』に含まれるグスクの中で、琉球王国の国王の居城であり政治の中心だった城として、正しいものはどれか

①勝連城
②紫禁城
③首里城
④今帰仁城

[3]「沖縄」にある『琉球王国のグスク及び関連遺産群』に関し、第二次世界大戦の沖縄戦によって焼失したが、戦後に復元された城として、正しいものはどれか

①今帰仁城跡
②座喜味城跡
③勝連城跡
④首里城跡

[4]『琉球王国のグスク及び関連遺産群』に関し、中城城跡を居城とした按司( A   )と勝連城跡を居城とした按司( B   )の組み合わせとして、正しいものはどれか

①A.玄裝 ー B.鄭和
②A.玄裝 ー B.阿摩和利
③A.護佐丸 ー B.鄭和
④A.護佐丸 ー B.阿摩和利

以下回答です

[1] ② [2] ③ [3] ④ [4] ④

 

いかがでしたか?

世界遺産検定学習を始めてから、沖縄のグスク跡「座喜味城跡」と「勝連城跡」を訪れる機会がありました。
やはり、実際に自分の足で歩き見ると学習が深まります。
勝連城跡では、修学旅行生が観光中でした。沖縄の歴史をたくさん吸収して欲しいですね。
因みに阿麻和利はイケメンのイメージで紹介されていました。
最近は歴史上の人物が2次元のキャラクターになることがありますが、人気の人物は美男、美女に描かれますよね。沖縄では阿麻和利が人気なのかなと、勝手に想像していました。

マレーシアのメラカもまた、独特の色合いでSNSに映えそうな街並みですね。

ではまた明日もお待ちしています

tomo

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界遺産検定3級
文化の多様性①バリの文化的景観

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 3級の学習はこちら 4級の学習はこちら 今日の学 …

世界遺産検定3級
1
シリアル・ノミネーション/トランスバウンダリー④ワッデン海、他

この記事は世界遺産検定2級学習用に構成しています。 本日の学習は自然遺産と複合遺産です。 トランスバ …

世界遺産検定3級
「合掌造り集落」行ってみたらこんなトコ

ご訪問ありがとうございます。 本日は、日本の伝統的な集落である世界遺産『白川郷・五箇山の合掌造り集落 …